ラフティングをする時の靴オススメは?履いてはダメな靴も知ろう!

Pocket

皆さんこんにちは現役アウトドアガイドのAKです。

現在この記事を書いているのは6月なのですが日差しや、気温も上がりそろそろ夏のレジャーシーズンも近づいてきましたね。

夏のレジャーと言えばもうすっかり有名になったラフティングですが、参加するのにどんな靴を持って行けば良いのか疑問に思う方もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、現役アウトドアガイドの私AKがラフティングにオススメする靴を紹介したいと思います。



ラフティングをする時の靴はどんなのがオススメ?

結論から言うとかかとがあり、サンダルタイプではなく爪が隠れる靴ならばなんでも大丈夫です。

極端な話スニカーやかかとのあるサンダルのような靴でもOKです。

ただ、スニカーだと水に濡れた時に重くなりますし靴紐が絡まる危険性もあります。

そしてかかとのあるサンダルだと岩やボートに爪が当たったりするので、剥がれたり割れたりしやすいです。

では、オススメする靴とは、どんな物なのでしょうか?

下のような靴をラフティングにはオススメします。


理由はかかともあり、爪も隠れているので怪我をしにくい安全な靴で、靴紐ではないので絡まったりしないので1番安全な靴のタイプです。

ただ、しっかりと自分のサイズに合った靴を選ばないと落水時や急流部分で落ちた時に脱げてしまいそのまま紛失というパターンも良く見かけます。

ですが安全面でいえば初心者の方はこれを履いておけば間違いないでしょう。

特に、ラフティングに初めて参加するような方には先程も説明した通りこういったタイプの靴を1足購入しておけば海でもちょっとした川遊びでも利用できますからね。

ラフティングにオススメの靴はサンダルタイプ

実はラフティングの靴は脱いだり、履いたりしやすいのも意外に重要な要素です。

理由はラフティングしている時に意外とボートから降りる機会があります。

飛び込みポイントに移動したり、泳いだ後ボートまで歩く時ですね。

その時に靴の中に良く砂が入ってしまいます。

砂をそのままにしておくと痛いんですよね。

ラフティング中は常に、足は水に浸かっているのでふやけた足に砂があたり切れやすい状態ですし、何より不快なのですぐに靴を脱いで砂を取れた方が良いんですよね。

そこで砂をすぐに取れる方が良いい、という方にはサンダルタイプをオススメします。


こちらのサンダルタイプはかかともありマジックテープで止めれるので落水時に脱げて流れて紛失というのは起こりにくいです。

また脱がなくても足を水中でジャブジャブすると簡単に砂を取れるのでオススメです。

ただ、爪に関してはほぼ無防備なので怪我うをしてしまう危険性はあります。


ラフティングにオススメしないNGな靴とは?

では、逆にラフティングに参加するのにダメな靴とはどういった物なのでしょうか?

答えは「かかとのない靴になります。」

良く多い質門としてクロックスはOKなのですか?という事を聞かれますがクロックスはダメです。

同様にビーチサンダルもダメ!

禁止

理由は、クロックスはかかとはありますが直ぐに流されるのを想像できますよね。

またかかとのない靴も同様で、直ぐに流れてしまうのでダメです。

「別に流れても裸足で行けばいいじゃん!」そう思う方もいるでしょうがそれは禁止になります。

例えばラフティングは自然の中でするアウトドアスポーツなので当然整備されていない道や岩がゴロゴロした場所を歩いたりする機会もあります。

その時に長時間濡れてふやけた裸足で歩くとどうなるかわかりますよね?

簡単に足の裏が切れたりして危ないです。

なので脱げないようにかかとのある靴(クロックスは除く)というのが大前提になります。

初心者はレンタルで十分

必ずラフティング用の靴を用意しなければ参加できない訳ではありません。

自分で靴を持っていなくても基本ラフティング会社がレンタルシューズを用意していてくれているので1足300円程度でレンタルできるので無理に用意する必要はありません。

シューズのタイプは各社それぞれなので心配な方や、そろそろ自分の靴が欲しいと思う方は自分で用意して行くのがいいかもしれませんね。

またラフティング等のレジャに行くときに気軽に履け、雨でも滑らず丈夫なサンダルを知っていますか?

お値段も安くとても使い勝手がいいサンダルですよ。

サンダルおすすめはギョサン!滑らない!普段から幅広く使える


ラフティングガイドはどんな靴を履いてるの?

現役ガイドの私や、他のガイドはChacoチャコやTevaやKEENと言ったメーカの靴を良く使用しています。

ちなみに私はChacoチャコを愛用してますし、周りのガイドも比較的チャコが多いように思います。


Chacoチャコサンダルの特徴は個人的に1番滑らないサンダルという認識で使用しています。

実際私のガイド仲間もChacoチャコを利用している人の意見では「滑らないから」と言った理由が多かったです。

少し前のChacoチャコではプロソールというのが売られていますが本当に滑りにくいです。

その分値段も高いですが納得の品質です。

(プロソールは売り切れが続いているので今の所購入できません。)

今回紹介したどのサンダルよりも滑らないので結果的に私達ガイドからすると安全に利用できるんですよね。

特に濡れた岩場や苔の生えた岩場ではその威力を発揮しますし丈夫でデザインもオシャレですからChacoチャコサンダルもオススメの1つです。

ただ爪は隠せないのでそこは十分に気を付けなければいけないポイントですが…

まとめ

今回紹介したサンダルの中に気になった物はありましたか?

ラフティングが初めての方はレンタルシューズで十分なので無理して買う必要はないですよ。

自分でラフティングの靴を持って行きたい方は今回紹介した靴で気に入ったのがあれば購入しても損はないでしょう。

それぞれ特徴があるので是非今回の記事を参考にして下さいね。


広告と関連記事

関連記事一覧


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする