【1週間~1ヶ月で働きたい人向け】短期リゾートバイトのメリット・デメリット

短期リゾートバイトのメリットデメリットリゾートバイト
楽観的なペンギン
楽観的なペンギン

短期でリゾートバイトしたい。

でも、職種とか稼げる金額とか働き方とか、疑問しかない。
誰か教えて。

こんな疑問に答えます。

短期リゾートバイトは主に大学生に大人気の働き方です。

そのため、大型連休になるとリゾートバイトをしたい学生で溢れかえるので早めの行動はマスト。

この記事では、短期リゾートバイトをする上で知っておいた方がいいメリット・デメリットを紹介。

本記事を読むと、短期リゾートバイトの現実が分かります。

いざ、リゾバをした際に『想像と全く違った…。』こうならない為には必須の情報なので、参考になるはず。

本記事の内容

  • 短期リゾートバイトのメリット・デメリット
  • 短期リゾートバイトで働くコツ

短期リゾートバイトとは【特徴】

大見出し1

  • 学生に人気
  • 求人が直ぐに埋まる
  • 大型連休に求人が増える
  • 住み込みで働く(衣食住はタダ)
  • 1ヶ月以内のバイトを指す(超短期3日~1週間もあり)

こんな感じですね。

基本的にリゾートバイトは3ヶ月~半年ぐらいの期間の求人が多め。

それに対して、短期リゾートバイトは1ヶ月以内の求人を指すので、上記のような特徴があります。

ここからは、短期リゾートバイト特有のメリット、デメリットを紹介します。

短期リゾートバイトのデメリット5つ

大見出し2

まずは、デメリットから。

  • 忙しい
  • 求人数が少ない
  • 交通費の支給ない
  • 出会いは期待するな
  • 未経験の職種は断られやすい

こんな感じですね。

詳しく解説していきます。

忙しい

  • 毎日残業は当たり前
  • 疲れて帰ったら爆睡
  • 休みの日は睡眠不足を解消

短期リゾートバイトの現実は、こんな感じです。

短期のリゾバは、繁忙期に募集される=最も忙しい時に働くということ。

そのため、リゾートバイトでよくある、観光を楽しみつつのんびり過ごす。

こういったのは、短期のリゾバでは正直期待するべきではありません。

まったり働きたいのなら、3ヶ月以上の求人を選ぶのが正解。

求人数が少ない

大手派遣会社3社の短期リゾートバイト求人数。

サーブス名1ケ月以内の求人数1週間以内の求人数
リゾバ.com(ヒューニック)500件前後50件前後
はたらく.com(アプリリゾート)300件前後ほぼ無し
リゾートバイト.com(グッドマン)100件前後ほぼ無し

上記を見てもらえばわかりますが、かなり求人数が少ないのがわかります。

3ヶ月~の案件だと、常時2000件はあるヒューマニックですらこの数。

更に短期のリゾートバイトは人気があり、条件のいい求人はすぐに埋まります。

つまり、需要に対して供給が少ないので、働くなら早めの行動が必須。

出会いは期待するな

  • 忙しくて恋愛どころではない
  • 仲良くなる前に期間が終わる

こんな感じなので、短期のリゾートバイトでは出会いは期待できません。

恋愛したいなら、3ヶ月以上は働かないと、厳しいです。

そのうえで、出会いやすい職種を選ぶのがコツ。

リゾートバイトで出会いを楽しみたい方は、リゾートバイト出会い目的で行くなら職場選びが全て!【男性向け】にて、詳しく解説しています。

交通費の支給がない

1ヶ月以内のリゾートバイトは交通費の支給は、ほぼ期待できません。

通常、派遣会社を利用していれば、交通費は支給してくれる場合がほとんど。

ですが、短期リゾートバイトでは、自腹で行くのが一般的です。

交通費は1ヶ月以上から支給されることが多い。

1ヶ月以上、リゾートバイトをする方は、リゾートバイト交通費が支給される派遣会社5つ【初期費用0で行ける!】にて、交通費が出る派遣会社を解説しています。

未経験の職種は断られやすい

短期リゾートバイトの求人は、即戦力を求めています。

リゾバ先にしてみれば、働く期間が短いのに、一から全部教えるのは割に合いません。

全くの未経験だと断わられるのは目に見えているので、対策として…。

  • 経験がある職種を選ぶ
  • 嘘でも経験ありと言う
  • 簡単な仕事を選ぶ(レストラン・売店・リフト係など)

この3つの方法を駆使すれば、全くの未経験者でも短期リゾートバイトをすることは可能。

リゾートバイトにあるほとんどの仕事は、コンビニやレストラン同様に難しくないので、未経験でも働けます。

※仲居などの難しい仕事は別

そのため、全く経験ない仕事でも面接で経験ありと言うのもあり。

面接なんて、自分をよく見せてなんぼで入ってしまえばこっちのもんです。

最悪合わなければ辞めればOKでして、帰りたくなった場合は下記の記事にて詳しく解説しています。

リゾートバイト帰りたい。そう思ったらやめてOK【理由を解説】

短期リゾートバイトのメリット3つ

大見出し3

次はメリットを解説。


  • 時給は高め
  • 職種は多様
  • リゾバお試しには丁度いい期間

メリットはこんな感じ。

詳しく解説します。

時給は高めで、稼ぎやすい

通常の期間よりも50円~100円ほど時給が高め。

そのため、稼ぐという観点では結構稼ぎやすいです。

ちなみに、1週間の短期リゾバの平均給料は5万円を越えます。

学生で1週間5万円を稼げるというのは、普通のバイトではなかなかありません。

下記に私の友人の一例を紹介。

雇用期間:7日間(内1日は休日)。勤務したのは6日間

職種:レストラン

時給:1,000円

1日の労働時間:8時間+残業2時間

1日に稼げた額:10,500円

9,250円の内訳 = 1,000円 × 8時間 + 時間外1,250円 × 2時間(1,000円 × 1.25)

10,500円 x 6日間 = 63,000円

※労働基準法で1週間に1度は休みを取る必要あり、実質稼働は6日

こんな感じ。

結構稼げますね。

ちなみに、短期~長期と期間に関係なく、効率よく稼ぎたい方は、時給を高めに設定している派遣会社を選ぶのがコツ。

稼ぎやすい、派遣会社のみをピックアップした記事は下記。

【最新版】リゾートバイト派遣会社ランキング【”稼ぎたい人向け”】

職種は多様

短期リゾートバイトの職種は、通常期間のリゾバと同様に多様。

リフト係などの簡単な仕事から、仲居など難しい仕事があります。

選べる職種は変わらないので、いろいろな仕事をお試しとして経験するにはピッタリです。

リゾートバイトの職種については、にて、詳しく解説しています。

リゾートバイトを気軽に経験できる期間

  • 寮や人間関係が合わない
  • 仕事が思っていたのと違う

リゾートバイトをして嫌になる場合はだいたい上記のどちらか。

短期リゾートバイトは、期間が短いのでお試しで気軽にできるメリットがあります。

仮に、仕事が合わない、人間関係がムリになっても1週間だと耐えれます。

こんな感じで、お試し感覚で出来るのが、人気の理由でありメリットです。

短期リゾートバイトで仕事を得るコツ

大見出し4
ここからは、短期リゾートバイトで仕事を得るコツを紹介。

派遣会社の登録はマスト

リゾートバイトで働く方法ですが…

  • 求人誌から申し込む➡リゾバ先との契約
  • 派遣会社を通して働く➡派遣会社との契約

こんな感じになっていまして、リゾートバイトするなら派遣会社を通して働くべき。

理由としては以下3つ。

  • 求人の数が多い
  • 求人の質が高い
  • 派遣会社のサポートあり

こんな感じで、ブラックなリゾバ先を避けつつ、自分にあった求人を効率的に探せます。

リゾートバイトするなら派遣会社を利用するべき理由5つ【実体験から語る】

短期リゾートバイトで利用するべき派遣会社は、【最新版】短期リゾートバイトにおすすめの派遣会社は3つだけ。にて詳しく解説しています。

大型連休前に早めの募集

短期リゾートバイトは人気です。

特に世間の大型連休では、求人数も増えますが、その分学生の応募が殺到します。

そのため、早めの応募が必須。

早ければ早いほど、豊富な案件から好条件の仕事を選べます。

経験した職種に応募

  • 即戦力を求めている
  • 経験がある職種は採用されやすい

短期のリゾートバイトでは未経験の職種は不採用になりがち。

そのため、なるべく自分が経験したことがある職種を選ぶと採用率がアップします。

1~3ヶ月以上の案件なら気長に教えてくれるので、未経験でも採用されやすいです。

短期リゾートバイトのまとめ

大見出し5

    デメリット

  • 求人が少ない
  • 交通費は支給されない
  • 未経験の職種だと採用されにくい
  • 忙しい(恋愛・観光は楽しめない)
    メリット

  • 時給は高め
  • 1週間で5万円は稼げる
  • リゾバのお試し期間に丁度いい
    注意点

  • 派遣会社を利用
  • 早めの行動が大事
  • 大型連休は求人が豊富
  • 条件のいい求人は競争が激しい

こんな感じですね。

バイト自体全くの未経験者でも、売店やレストランといった職種なら採用されやすいので

では、素敵なリゾバライフを送ってください。


コメント

タイトルとURLをコピーしました