ラフティングは何歳からできる?現役ガイドが年齢制限を解説するよ

Pocket

こんにちは!アウトドアガイドのAKです。

ラフティングに参加したお客様から『ラフティングって何歳から参加できるんですか?』こういった質問が意外と多いです。

この質問の意図としては、ラフティングが楽しかったから、自分の子供(幼児)を体験させてあげたい。

あるいは、おじいちゃんやおばあちゃんと一緒に参加したいので、高齢者でも参加できるのか?

こういった疑問から『ラフティングって何歳からできるの?』という質問をされるんだと思います。

そこで、今回の記事ではラフティングの参加年齢について徹底解説していきます。

ちなみに、この記事を書いている私AKのラフティング経歴などは以下の記事に書いています。

AKラフティングとの出会いと経歴

見ていただければ記事を信頼して読んでもらえると思います。



ラフティングは何歳からできる

ラフティングは何歳からできるのか?結論を言うと国内では3歳から参加可能です。

3歳からというのは、協会や組織の決まりとかそういったものではなく、会社間で決めているものです。

なので、同じ河川でもA社は3歳からできるが、B社は小学生からといった具体で違います。

これは、同じ河川でも区間によって川の激しさが変わるから可能な事で、説明すると…

  • 上流区間は急流がほぼない
  • 3歳からラフティングができる

  • 下流区間は急流が多い
  • 中学生以上でないと下るのが厳しい

こういった感じで、同じ川でもなだらかな区間と激しい川が混在しています。

これを利用して会社Aは上流のなだらかな区間でツアーをする。

A社は3歳からラフティングができる。

反対に会社Bは上流の激しい区間でツアーをする。

B社は中学生以上ではないとラフティングが出来ない。

このようなイメージになるので、ラフティングの年齢については会社や河川で独自に決められるという感じです。

※この辺りの河川や会社については後ほど詳しく解説しています。

ちなみに、年齢の上限については特に決まっていないというのが現状です。

ただし、国内にある河川や会社の全てで3歳から高齢者まで、できるという訳ではなく、先ほども説明した通り河川や会社によってもちろん年齢制限が違います。

例えば、上記動画のような激しい川を3歳から80歳の方まで、皆参加できるようにすると、それは危険性が高くなりますよね?

そのため、ラフティング会社は川のレベルやツアー内容に応じて、独自で年齢制限を設けていることがほとんどです。

日本一の急流と呼べれる四国吉野川でも、上流の方は流れが穏やかなので、3歳から年齢の上限なく参加できたりします。

上記は参考動画ですが、流れが速い箇所もありますが、これぐらいなら転覆する心配もありません。

3歳からラフティングをできる場所は、現状まだ少なく基本は小学生以上というのが一般的です。

なので、3歳からラフティングはできるが、場所は限られています。

反対に年齢の上限に関しては具体的に何歳までと決められている所はあまり見ません。

年齢が高い方でも、日常生活が一人で出来て説明を理解できるなら基本的には参加できるという認識で大丈夫です。

実際、日本一の激流と呼ばれている四国吉野川でも60歳以上のご夫婦が参加し楽しんで帰っていられます。

なので、上限に関してはそこまで心配しなくても大丈夫ですよ。

ちなみに、四国吉野川に関しては下記の記事を読んでもらうと、どんなコースを下るのかがよくわかります。

大歩危小歩危ラフティング2つのコースの違いを徹底紹介するよ!
こんにちは現役アウトドアガイドのAKです。 今回は四国吉野川ラフティングで有名な、大歩危小歩危ラフティングの2つのコースの違いについて...

ラフティングの年齢制限について

ちなみに、ラフティングの年齢制限について、次ではもう少し踏むこんだ話をしていきます。

現場感覚での意見(何故その年齢から?)という考察的な部分ですね。

最小年齢

今の所、私は知る限りでは国内のラフティングでの最小参加可能年齢は3歳です。

これは、初めにも説明しましたが、何故3歳から可能なのか説明すると…

  • 最低限の安全説明を理解できる

  • 落水しても安全なコース

  • 日常生活レベルの運動ができる

これらの要素を満たせる年齢が3歳からになります。

最低限の安全説明とは、落水したら足を上げる、パドルのグリップを離さないこの2つです。

3歳の子に説明すると『落ちたら足をあげるんだよ、パドルの持つ位置はここだから離さないでね』こんな感じです。

これぐらいの簡単な安全説明をするので、理解までせずとも注意した事さえも守ってもらえば、我々ガイドは安心してツアーをできます。

保護者も同伴しているので、親御さんが一緒になって説明してくれるので、3歳児の子も説明したことを守ってくれます。

あとは、本当に流れが穏やかな場所でラフティングをするので、ライフジャケットを装着していれば落水しても溺れません。

例えるなら、こんな感じの穏やかな場所をラフティングボートで下って行きます。

穏やかな川

まあ、普通に下って落水する事はまずないようなコースですから、小さなお子さんも楽しんで帰りますね。

あと、日常生活レベルの運動に関しては穏やか川を設定しているので、自分で歩く事さえできれば充分です。

穏やかなコースを設定しているので、正直お子さんに漕いでもらわなくても、ガイドだけで充分ゴールできます。

これらの理由から3歳からラフティングが可能という訳です。

こういったコースは急流を楽しむというよりも、ボートを使った遊びや飛び込みを楽しむイメージです。

以下の記事にラフティングの遊びや楽しみ方を詳しく説明しているので、参考にして下さい。

ラフティング初心者さんへ!楽しく安全な遊び方をプロガイドが解説

ラフティングで飛び込みを体験しよう!スリル満点で最高に気持ちいい


年齢の上限

年齢の上限に関しては特に決められていない場合がほとんどです。

で、何故年齢の上限がないのかというと…

  • 説明が理解できる場合を想定している

  • 日常生活レベルの運動ができるのを想定している

こういった理由から年齢の上限を特に設けていないのでしょう。

例えば、ラフティングに参加したいと思っても、やっぱり多少危険性はあると想像はしますよね?

なので、歩くことができなかったり、説明を理解できない場合は参加できないと自分もしくは、お連れの人が判断するので、参加自体を申し込まないことがほとんどです。

逆に言うと、説明が理解できて、日常生活が一人で出来る人なら高齢者の方でも全然ラフティングに参加できるという訳です。

ちょっと、ここで私の体験談をしますね。

私がオーストラリアでラフティングをしている時に乗せたお客様で70歳オーバーの方がいました。

その方は、家族旅行でケアンズに来てラフティングも家族で参加していたんですよね。

まあ、70歳以上の方は日本でも稀に乗せるのですがその方は膝が悪かったので、じゃがむという動作が出来なかったんです。

オーストラリアのラフティングは結構激しいので、しゃがまないと落水してしまう場面が多々あるので、その時はちょっと困りましたね。

対策としては、膝が曲げられないので足をずっと延ばして座ってもらい、ロープをずっと持っていてもらいました。

そうすると重心が低いので飛ばされることもなく、安心して下って行けたんですが、一切漕ぐことができなかったんです。

ラフティングってやっぱり漕ぐ方が楽しいし、実際漕いでもらわないと、下れない箇所もたくさんあります。

その時は他の人がその分頑張って漕いでくれたので、危険なコースもクリアーできましたが、やっぱりガイドしててもプレッシャーはハンパなかったです。

また、その人(70歳)に漕ぐ楽しさを与えてあげられなかったのも、自分としてはちょっと残念でした。

やっぱり日常生活レベルの運動が出来た方が楽しくラフティングができます。

もちろん安全に帰ってもらうのが第一優先なので、最低限の仕事はしましたが…

このように年齢制限には上限はない場合がほとんどですが、私個人としては日常生活レベルの運動が出来る方が楽しめると思います。

ただ、ラフティングはチームでするので、1人が出来なくても、他の人がカバーすれば出来ますし我々ガイドも精一杯楽しんでもらえるよう頑張ります。

なので、ちょっとこれができないなあ~と心配があれば、運営会社に聞いてもらえればいいので安心してください。

運営会社も、なるべく個人を尊重しラフティングが出来るように工夫してくれるはずです。

私個人の考えとしては、川にもよりますが、ラフティングは3歳~上限はなしで最低限の説明を守ってもらえれば誰でもできると思っています。

ただし、川のレベルやその日の状況によっては、年齢制限を厳しくする場合もあるので次で説明していきます。

年齢制限が厳しくなるケース

ここでは、年齢制限が厳しくなるケースを説明していきます。

川のグレードによって変わる

川のグレードとは激しさのレベルの事で、1~6まであり6は人類では下れない川という基準です。
日本一の激流と呼ばれる四国吉野川で3~3+と言われています。

例えば最初にもいいましたが、めちゃくちゃ激しいコースなのに小学生以下の参加はできないです。

上記の動画は四国吉野川の曲がり戸という激しい部分で、この区間を下るコースがもっとも人気があります。

ただし、参加可能年齢は中学生以上からになります。

まあ、見てもらえば中学生以上というのは納得できる激しさですね。

ちなみに、年齢の上限制限は特にないです。

※会社や当日の川の状況によっては、年齢の上限がある事も考えられます。

反対に日本一の激流吉野川でもコースによっては、かなり穏やかな場所もあります。

水鉄砲を持って行ったりラフティング以外の遊びもしていますね。

こちらのラフティングは小学生から参加できます。

このように、同じ川でも上流に行けばなだらかで、小さな子が参加できるコースでも、下流に行けばバンバン転覆するような川もたくさんあります。

そのため川のグレード(激しさ)や、コースによってラフティングの参加年齢は変わってきます。

次では、川の当日の状況で変わるという事を解説します。


当日の川の状況によっても変わる

同じ川でも当日の川の状況によっては年齢制限が厳しくなることがあります。

例えば、関西にある京都の保津川は普段なら小学3年生から参加できますが、水量が多い時は中学生以上からと年齢が引き上げられます。

  • 水が少ない時の保津川

  • 水が少ない時の保津川は岩がごつごつしており、水も濁っておらずキレイですね。

    波の高さよりも落差を楽しむイメージで流速もそこまで早くないです。

    また、岩が多いので落水したら危険ですが、波が高くないので、そもそも転覆する危険度は低くなります。

  • 水が多い時の保津川

  • 反対に水が多い時の保津川は、波が高くなります。

    川の濁りもあって激流感が高く感じますし、波のパワーも強いので転覆する危険性も上がります。

    流れも当然早く落水したら、あっという間に流されてしまいます。

    また、危険個所も増えるのでチーム一丸ちなって漕いでいかないとセフティーなコースに行けません。

このような違いがあり、水量が増える事で川の難易度や危険度が高くなる傾向にあります。

なので、当日の川のコンディション次第で年齢制限も厳しくなるという訳です。

また、当日の川の状況と参加者の年齢によっては、コース変更する事もあります。

まあ、この辺りは読めないのでイレギュラーなケースですから、参加する場合はそこまで心配する必要はありません。

ただ、比較的水量が安定している時期があるので、そういった時期を狙ってラフティングをするのは価格的にもおすすめです。

以下の記事にラフティングのおすすめの時期や値段の相場を詳しく解説しているので、興味がある方は読んでみて下さい。

ラフティングおすすめの時期はいつ?月毎の魅力を徹底解説!

ラフティング値段や相場はいくら?ガイド目線で詳しく解説するよ!

まとめ

最後の方は、イレギュラーな場面も含めて説明しましたが、基本的には3歳~参加できると思って下さい。

もちろん、3歳~のラフティングが日本どこでもできるという訳ではないですが、これからは徐々に広まっていくと思います。

今まではラフティング=激流を下るというイメージでしたが、最近では急流はほどほどで景色や遊びを楽しみたいニーズが多い印象です。

実際、最近になってKidsラフティング3歳~というラフティングコースを設定する会社が増えています。

私個人としては、ラフティング=激流が好きですが、幅広い層に誰でもラフティングは出来るというイメージが浸透していけばと思っています。

実際、年齢よりも最低限の安全と日常生活が出来れば誰でも出来ると私自身強く感じているので、この記事を読んで一人でも多くの方がラフティングに興味を持っていただければ嬉しいです。

ちなみに、この記事を読んで実際にラフティングをやってみたい!

そう思ったら下記ポータルサイトから、ラフティングツアーを予約できます。

そとあそび

ツアーの口コミや体験レビューなども見れるので、あなたにあった最適なツアーを探すことができますよ。

また、業界最安値の価格でツアーをできるので、おすすめのポータルサイトです。


広告と関連記事

関連記事一覧


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする