ラフティングの値段や相場はいくら?ガイド目線で詳しく解説するよ!

Pocket

こんにちは!アウトドアガイドのAKです。

ラフティングって面白そう!やってみたい!

でも、気になるのはラフティングの値段や料金はいくらぐらいなのか?

そこで、ガイド歴9年の私がラフテイングの値段の相場について詳しく解説していきます。

何故その値段なのか?理由も含めて説明していくので、この記事を見る事で料金に対しても納得してラフティングに参加して頂けると思います。

ちなみに、ここでいう値段の相場は私の長年のラフティング経験を元にして語っています。

私AKの詳しいラフティング経歴・保有資格などを知りたい方は、下記の記事を見ていただくといいです。

AKラフティングとの出会いと経歴

細かい料金や価格を調べる事は可能ですが、ラフティングツアー料金は水物で時期や年によってかなり変動します。

そのため、大まかな値段や相場という認識で読み進めて下さい。



ラフテイングの値段と相場はいくら

疑問

ラフテイングの値段相場はざっくりと2,980~15,000円程度です。

もちろんラフティングできる場所は全国で点在するので、上記はだいたいの相場と考えてください。

※上記はラフティングのみの値段で、BBQや宿泊などオプションを付きではもう少し上がります。

かなり料金の幅が広いですが、この理由についてラフテイングをする時期とコース(ツアー内容)で料金は上下します。

これについては次で詳しく解説していきます。

時期や曜日による値段

ラフティング

ラフティングは、ハイシーズンと呼ばれる7月~9月の中旬までは料金が上がります。

反対にそれ以外のシーズン3月~6月、10月以降は料金は安くなる傾向にあります。

ハイシーズンを7月~9月、3月~6月と10月以降をオフシーズンとしての値段の違いを見ると…

  • ハイシーズン:1,000~3,000円ほど値段が上がる

  • オフシーズン:1,000~3,000円ほど値段が下がる

これぐらいの変動があります。

また、申込が増える週末や祝日も1,000~2,000円程度高くなりますね。

そのため、値段を抑えてラフティングしたいなら、オフシーズンや平日に行くのが賢い選択です。

オフシーズンは寒いというイメージなので、ラフティング会社もかなり落ち着きます。

少ない人数になりがちなので、ハイシーズンよりもゆっくりと濃いツアーが出来るので個人的にはおすすめです。

少々寒いかもしれませんが、ラフティング会社もそこは把握しています。

なるべく寒くないよう遊び方を工夫してくれたり、ウェアー類を貸してくれるので、そこまで心配する必要はないです。


コース(ツアー内容)による値段

ラフティング

その他コース内容によっても、値段は変わってきます。

ほとんどのラフティング会社では、各河川で半日コースと1日コースに別れていることが多いです。

もちろん一日コースの方が体験時間も長いので料金は上がります。

値段の違いは下記のようなイメージ…

  • 1日コース:7,000~15,000円

  • 半日コース:2,980~7,000円

これぐらいの値段が相場ですね。

料金の幅は先ほど説明した、時期や曜日によるものだと思ってもらえればいいです。

※後述しますが、他にも河川によるレベルの違いなどあります

ガッツリとラフティングを楽しみたい方は1日コース、初心者でとりあえず体験してみたい方は半日コースというイメージで使い分けしてもらえばいいと思います。

現場感覚で言えば、一昔前では1日コースの方が人気でしたが、最近ではさくっと半日ラフティングをして、その後観光や美味しものを食べるというのが人気になりつつありますね。

ちなみに、『ラフティングって何歳から出来るの?』って参加したお客様から質問を受ける事があります。

最近では小学生以下でもラフティングができたりするので、年齢層が広くなっていますね。

ラフティングができる年齢について詳しく知りたい方は、以下の記事に書いているので参考にしてください。

ラフティング何歳からできる?年齢制限について徹底解説するよ!


各河川でも値段は変わる

その他、河川によってもラフティングの値段は変わってきます。

何故かというと、川にはグレードと呼ばれる激しさのレベルがあり、レベル(激しさ)が高いほど値段も上がります。

※グレードは1~6まであり、6は人間の能力では下れない川で、5がコマーシャルで下れる最高レベルの川です。

当然ですが、グレードが高い川というのは、それだけ危険も伴うのでレベルの高いガイドが必要なのです。

※レベルの高いガイドというのは、ボートコントロールのスキル、レスキュースキルが高いという意味

なんの業界でもそうですが、スキルを持った人にはそれなりの報酬が支払われますよね。

私達ガイドも、それだけ激しい川を下るトレーニングを日々続けているという訳です。

わかりやすくグレードの高い川との値段を比べると下記のようなイメージになります。

    日本一の激流・四国吉野川(グレード4)

  • 半日コース:5,000~8,000円

  • 1日コース:8,000~15,000円

  • 関西一の激流・京都保津川(グレード2)

  • 半日コース:2,980~6,000円

  • 1日コース:7,000円~10,000円

比較しやすかったので、吉野川と保津川で比べています。

※ほとんどの河川で上記の価格設定になるイメージです。

四国吉野川は国内最大級の激流なので、それだけガイドのスキルも必要です。

スリルを感じたい!って方は是非吉野川のラフティングを体験してみて下さい。

その際は下記の記事に吉野川ラフティングについて詳しく説明しているので、参考になる筈です。

吉野川ラフティングのオススメ会社はどこ?これで迷わない!

大歩危小歩危ラフティング、2つのコースの違いを徹底紹介するよ!

私も吉野川ラフティングをしてガイドの道を目指したほど!人生を変えるぐらいのパワーがある川です。

そのため、料金も当然高くなるという訳ですね。

値段だけではなく、川の激しさはそれだけ楽しさに直結します。

なので料金に見合った価値を体験できるはずです。

もちろん激しいのが苦手という方は川のレベルを下げてコースを選択するのをおすすめします。

ちなみに初めてラフティングをする方は、下記の記事を見ていただくと、遊び方や楽しみ方が具体的にイメージできますよ。

ラフティング初心者さんへ!楽しく安全な遊び方をプロガイドが解説
ラフティングって怖いスポーツだと思っていませんか? この記事ではラフティングは誰でもできる事を知ってもらうために、遊び方や楽しみ方を具体的に説明しています。 この記事を読むことで、初心者さんでもラフティングを楽しめるという事がわかって頂けるはずです。

まとめ

ラフティングにおける値段の相場はイメージして頂けたでしょうか?

何故このような記事を書いたかというと、ほとんどの人がラフテイングは、夏にする遊びという認識を持っています。

間違ってはいないのですが、夏以外のシーズンでも出来るよって事を値段というワードを使って知って欲しかったから!

ガイドの仕事をしていると、夏場はめちゃくちゃ忙しいんですが、10月になるとピタッと暇になります。

私的には、この時期に是非来てほしい!

値段も安く、景色もきれいで、お客様が少ないので要望に応えた濃いツアーができるので、正直良い事づくめなんです。

この記事を見て値段も安く、濃いツアーがしたくなった方は、一度だまされたと思って10月以降にラフティングをしてみて下さい。

流石に12月以降は、かなり寒いので、もしやるならそれなりに覚悟はして下さいね(笑)

もし、この記事を読んで『ラフティングをやってみたい!』

そう思ったら下記ポータルサイトの外遊びから、ラフティングツアーを予約できます。

そとあそび

ツアーの口コミや体験レビューなども見れるので、あなたにあった最適なツアーを探すことができますよ。


広告と関連記事

関連記事一覧


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする