クレジットカードicチップが読み取れない原因はコレ!復活方法はある?

Pocket

こんにちは!現役アウトドアガイドのAKです。

お店での支払い時に、昨日まで使えていたクレジットカードが急に使えなくなった!
そんな経験ってありませんか?

私は、現金よりもカードで支払う事が多いですが、何度か、クレジットカードが読み取れず、使用できなかった事があります。

始めは『引き落としができず、利用停止されているのかな?』と疑いましたが、確認するとそれが原因ではなく、ICチップに問題があるとわかりました。

今までクレジットカードにはICチップが埋め込まれていると知っていましたが、その扱い方や壊れる原因については、気にしたこともありませんでした。

ただ、必要な時にクレジットカードが利用できなくなるのは、困るので、自分なりにクレジットカードのICチップが読み取れなくなる原因と対策について調べたので、今回の記事で解説していこうと思います。



クレジットカードicチップが読み取れない原因

クレジットカードのicチップが読み取れなくなる原因をザッと以下に書いてみました。

  • 衝撃
  • 摩耗
  • 汚れ
  • 磁気同士の干渉

これら4つが、原因でクレジットカードのicが読み込めなくなる事が多いです。

ちなみに、icチップの位置は下の画像を見てもらうとわかりやすいです。

ICカード

金メッキの四角い場所にICカードが埋め込まれています。

次では、これら4つの原因について詳しく解説していきます。

衝撃

icチップは衝撃には弱いです。

例えば『ポケットに、クレジットカードを入れたまま座って破損』もしくは『ズボンにカードを入れたまま洗濯した』
このようなうっかりミスでicチップが壊れたりする事は非常に多いです。

icチップ自体は、防水加工しているので、少々水に濡れても平気ですが、洗濯による衝撃が原因で浸水し、チップが濡れると一発アウトです。

私はズボンのポケットに入れたまま洗濯し、その後クレジットカードが使えないという事を経験しています((+_+))

摩耗

よく使用するクレジットカードだと、何度も財布に出し入れしますよね。

それが原因で『icチップが摩耗したり、傷がついて読み取れなくなった』という可能性もあります。

頻繁に財布を出し入れする人は摩耗によるダメージを減らすため、保護ケースなどを利用するといいです。

汚れ

icチップを汚れた手でべたべた触ったり、食べかすを落としたりすると、汚れで読みとれなくなります。

icの部分は精密機械なので、手で触れたり、するのは控えましょう

また、ほこりなどもよくないので、汚れているなと感じた場合は、サッと布や眼鏡拭きなどで拭いてあげるといいです。

磁気同士の干渉

icチップ自体は磁気に強いので、磁気不良にはなりくにくいです。

ただし、クレジットカードの裏面にある磁気ストライプは非常に磁気に弱く、異なる磁気同士の干渉で磁気不良になる事が多々あります。

※クレジットカードやキャッシュカードにはicと磁気の両方で決済できるようになっています。

icカードと磁気カードの違いについて下の記事が詳しく解説しているので、参考にしてください。

ICカードと磁気カードの違いを画像付きで分かり易く解説するよ!

磁気ストライプの位置を画像で説明すると…

キャッシュカード磁気ストライプ

磁気ストライプは矢印の黒い部分で、裏面にある場合が多い。

よくあるスマホケースと一体型のカード入れなどに収納すると、スマホの磁気で磁気不良になる事が考えられます。

ちなみに『裏面にある磁気ストライプが使えなくても表のicチップが生きていれば、icで読み取り可能なのでは?』
そう疑問に思い、実際にカード製造会社に電話でお問い合わせしてみました。

解答は、『全てのカードではないが、先に磁気テープから読み込んでからicチップを読み込むのも多いので、磁気テープが破損した場合は使えなくなるカードもある』との事です。

そのため、磁気ストライプが悪くなると例え、icが生きていても、ic決済も使えない可能性があります。


icと磁気、どっちが悪いのか見極め方

いつも使えたクレジットカードが突然利用できない、そんな場面になった際に、icが悪いのか、磁気が悪いのか、どちらが悪いのか見極める方法を解説します。

  1. お店がic決済に対応している場合は、暗証番号の入力を求めてきます。

  2. ic決済ができない場合は磁気ストライプの方を読み取り、サインでの支払いに切り替えてきます。
    それで、決済できればicチップの破損が考えられます。

  3. 反対にicチップの決済に対応していないお店では、磁気ストライプでしか決済できません。
    そういったお店で磁気の方で決済できない場合は、ic決済に対応しているお店に行き、icによる支払いをできれば磁気の方に不良があります。

お店の読み取り機不良の場合も考えられますが、この方法ならicが悪いのか、磁気の不良なのか?
どちらに問題があるのか見極める事が可能です。

icチップが読み取れない場合の復活方法

LINEモバイルいつでも電話のメリット

ここまで、icチップが読み取れない原因について説明してきました。

次では、カードの復活方法について解説していこうと思います。

ただ、最初に言っておくと、icチップが読み取れない場合は、個人でどうこうして復活できる事は少ないです。

そのため、基本的には、読み取れなくなった場合はカードを再発行するのが一番の選択になります。

その事を頭に入れて読んでもらえればと思います。

衝撃の場合(復活方法)

衝撃によって破損したり、曲がってしまったicチップを個人で修理するのは不可能です。

軽く曲がってしまった程度なら、ドライヤーで熱によって暖め分厚い本などに挟んで冷蔵庫に保管して直すという方法もあります。

ただし、クレジットカードは熱に弱く50℃~60℃の高温にさらすと故障の原因にもなるので、あまりおすすめできません。

そのため、衝撃による破損は、カード会社に連絡し再発行してもらうのが、もっとも堅実な選択になります。

摩耗の場合(復活方法)

icチップは金メッキ加工をしているので、多少の摩耗、汚れや、傷、程度で読み取れなくなる事は少ないです。

ただし、金メッキで覆っている下地の金属部分が錆びたり、傷がつくと読み取れなくなる事はあります。

この場合も、個人で修復できるのは不可能なので、素直に再発行をしましょう。

汚れの場合(復活方法)

icチップの部分が汚れている場合は、柔らかい布もしくは、メガネ拭きでさっと拭いてあげましょう。

汚れで読み取りができない場合は、icチップを綺麗にしてあげる事で、ほぼ解決する事ができます。

水ではなく、エタノールを布につけて拭いてあげるといいです。

icチップの接点端子は金メッキは防水加工をしているので、少々の水なら濡れても大丈夫です。

ただ、金メッキは表面に傷がつきやすいので、水や湿気に濡れる事で下地の金属部分が錆びてしまう事もあるので、注意しましょう。


磁気同士の干渉の場合(復活方法)

icチップは磁気には強いのですが、磁気ストライプは磁気同士の干渉に非常に弱いです。

もし、磁気不良になった場合icチップに問題がなくとも、磁気の方からデータを読み取る場合が多いので、カードを利用できなくなる場合が多いです。

磁気ストライプが磁気不良になった場合は、個人で直す事はできないので、カードを再発行するしかありません。

icチップ読み取れない原因まとめ

個人的には、クレジットカードが読み取れない原因は、icチップが原因というよりも、磁気ストライプが磁気不良を起こして使えない事が多いです。

磁気ストライプは、衝撃には強いですが、磁気には弱いので、カード同士を接触させないようにした方がいいです。

反対にicチップは磁気に強いので、普通に使用するぐらいでは、ほとんど有効期限内で壊れる事はないと思います。

ただ、説明したように、衝撃には弱いので、落としたり踏んだりしてしまうと、破損する可能性は高いので、そこは注意してください。

国内のクレジットカードはicと磁気ストライプの両方が備わっていますが、磁気の方がダメになるとicが生きてても読み取れない事が多いので、結局は再発行しなければいけません。

今回の記事で説明した、4つの原因

  • 衝撃
  • 摩耗
  • 汚れ
  • 磁気同士の接触

主にこれらが読み取れなくなる原因なので、少し注意するだけでも、だいぶ長持ちしてくれそうです。

再発行は手間ですし、場合によっては、手数料を取られるので、クレジットカードは大切に扱っていきたいですね。


広告と関連記事

関連記事一覧


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする