結婚式のネクタイの色、友人なら何を選ぶ?マナーに合って人気の色は

Pocket

こんにちは!現役アウトドアガイドのAKです。

現在アラサーの私ですが、私の親しい友人が結婚式を挙げるという事で、久しぶりに結婚式に参加してきました。

結婚式って楽しみでもありますが、服装に対する細かいマナーなどあって、どんな格好で参加すればいいのか、悩む人も多いのではないでしょうか?

特に、今回私が悩んだのは、ネクタイの色についてです。

どんな色なら良くて、どの色はダメなのか?また、柄物はどうなのか?そういった疑問がありました。

そこで、私達夫婦の結婚式で衣装を担当してもらった方に、疑問を聞き併せて自分でも調べてみました。

また、結婚式に実際に行ったからこそわかった、一番多くの人がしていたネクタイの色も紹介したいと思います。

結婚式に参加するけど『どんなネクタイの色で行けばいいのかわからない』という方は是非参考にしてください。

※各商品画像は楽天市場の広告です。クリックすることで商品の販売ページに飛びます。


結婚式にしていくネクタイの色、基本マナー

初めに、結婚式にして行くネクタイの色の基本マナーを説明します。

まず、結婚式はお祝い事なので、明るい色のネクタイを選ぶのが基本になります。年代を問わず誰もが納得する色は、白無地もしくは、シルバーです。

一昔前ならば白無地のネクタイが圧倒的に多かったのですが、最近では白無地のネクタイ=年配の人、というイメージがあるようで、シルバーが人気です。

白無地かシルバーであれば、ご年配の方や古くからの慣習を気にする人でも受け入れられるはずです。

逆に、マナー違反になる色というと、弔事を連想させる暗めの色ということになります。
(結婚式に不向きなネクタイの色、マナー違反のネクタイについては記事の最後で触れます。)

白無地やシルバーももちろんいいのですが、最近の結婚式ではそれ以外の色のネクタイも、マナーとして受け入れられています。特に若い方を中心に、いろいろな色ネクタイが人気です。

それでは最近の結婚式で一番多いネクタイの色は何色なのか、実際に結婚式に行った私がご紹介します。

実際に結婚式に行ってわかった!一番人気のネクタイの色

私が参加した結婚式で一番している人が多かったのは、シルバーのネクタイです。

特に、光沢のあるシルバーグレーのネクタイをしている人が多いと感じました。

ただし、衣装担当の人曰く、結婚式のネクタイで一番無難なのは無地のシルバーネクタイだそうです。

このような無地のシルバーネクタイは格式高い結婚式からカジュアルな結婚式、どちらでも活躍できる万能ネクタイです。

どんな場面にも対応できるので結婚式のネクタイで迷ったら、無地のシルバーを選べば間違いないでしょう。

ちなみに、結婚式に参加する際の服装で『どんな服装で行けばいいのかわからない』と悩んでいる方は下の記事がおすすめです。

結婚式に参加する人の立場別に適切な服装を紹介しているので、身内に限らず結婚式に参加する人全員に役に立つと思います。

身内だけの結婚式の服装はどうするべき?これを読めばもう迷わない!

また、結婚式に参加する男性ゲストの中には、鞄を持って行きたい方もいるかと思います。

下の記事は、結婚式にはどんな鞄ならマナー違反にはならないのか?どの鞄がおすすめか紹介しているので参考にしてください。

結婚式での男性ゲスト鞄のマナーや必要性について徹底紹介するよ!


その他結婚式におすすめなネクタイの色

結婚式のネクタイは光沢のある無地のシルバーを選べば間違いですが、他の色でおすすめのネクタイも知りたい!そう思う人もいますよね。

そこで次では、衣装担当の人から聞いた、無地のシルバーネクタイ以外で結婚式におすすめな物を紹介します。

ちなみに、選ぶポイントを説明すると、パステルカラーのネクタイを選びましょう。
派手になり過ぎず、明るいイメージなので結婚式にも合います。

最近では結婚式も昔に比べてカジュアルになりつつあるので、是非参考にしてみてください。

華やかピンク

淡いピンクのネクタイはスーツを華やかな印象にしてくれます。

優しいイメージにもなるので、若い人にも人気のカラーです。

さわやかブルー


淡いブルーは爽やかな印象で、上司やご年配の方にも好印象です。

ピンクのネクタイは少し抵抗がある方などでも、選びやすいカラーですね(^^♪

明るくイエロー

イエローやシャンパンゴールドは明るいイメージなので、快活なイメージを与えます。

特に若いゲストにおすすめのカラーです。

紫色のネクタイ

意外に思うかもしれませんが、紫色のネクタイも結婚式では人気のカラーです。

紫色のネクタイは高貴なイメージで大人の魅力を引き出します。

ただし、ご年配の方が多く形式ばった結婚式には不向きなので注意が必要です。

また、上級者向けの色であるのは間違いないので、初心者は避けた方が無難かもしれません。

  • 光沢のある素材のネクタイを選ぶ
  • 目立つので自分以外の出席者の世代を確認
  • グレーなどの暗めのスーツと相性がいいので意識して合わせる

紫のネクタイを選ぶさいはこれらのポイントに気を付けてみてください。

赤色のネクタイ

華やかで明るいイメージの赤色のネクタイですが、ややカジュアルスタイルの結婚式におすすめです。

赤色も紫同様に、ご年配の方が多く形式ばった結婚式には不向きなので注意が必要です。

そのうえで赤色のネクタイを選ぶポイントは3つあります。

  • ビジネスぽさをなくす
  • 必ず光沢感のある素材のネクタイを選ぶ
  • ラベルピンなど華やかなアイテムを合わせる

これらのポイントを抑えてフォーマルなイメージにコーディネートする必要があります。

一歩間違えると、仕事中のスーツスタイルに見えるもあり、少し上級者向けの色になります。

ネクタイの柄について

最近はネクタイの柄について、うるさく言われる事は少なくなりました。

ただ、年配の方が多い結婚式や自分が親族で参加する場合などは、無地のシルバーネクタイを選んだ方が無難です。

ですが、私が参加した結婚式では小さ目の柄のネクタイをもしている人がチラホラいました。

柄物のネクタイについて、衣装担当の方に聞いたのですが、小さ目の柄で遠くから見ると無地に見え、できれば同系色の柄が結婚式では良いようです。

そのため柄物のネクタイが絶対にダメという訳ではなく、ポイントは小さ目の柄を選ぶということです。

そのため、どんな柄物のネクタイを選べばいいのか次では写真付きで説明します。

ストライプ柄

シルバーの無地ではなく柄物のネクタイをしたい場合は、ストライプ柄や小紋柄のネクタイがおすすめです。

特にストライプ柄は、ビジネスイメージが強い柄ですが、シルバーをベースにした同色系のストライプ柄のネクタイなら結婚式のイメージにもピッタリです。

ポイントは光沢のある素材で同色系のストライプ柄にするとフォーマル差がアップします。

ドット柄や小紋柄

もう一つのドット柄や小紋柄も結婚式では人気です。

大き目のドットはカジュアル色が強くなりますが、遠目で見ると無地に見える小さ目のドットや柄は、オシャレに見えますよ。

オシャレに決めたいなら、色だけではなく柄にも注目してみてください。

結婚式に相応しくないネクタイ

ここまでは、結婚式に相応しいネクタイについて説明していきました。

でも、逆に結婚式に相応しくないネクタイってどんな色や柄なのでしょうか?

次では結婚式にNGなネクタイについて説明していきます。


黒のネクタイ

黒のネクタイは喪服を連想させるので、結婚式では縁起が悪いカラーになります。

仮に柄が明るくてもベースが黒のネクタイは、暗い印象を与えるので避けた方が無難です。

事実、私が参加した結婚式でも黒のネクタイをしている人は一人もいませんでした

大きすぎる柄や派手過ぎる柄

ストライプ・チェック・ドット柄などネクタイの定番の柄は結婚式でも基本的にOKです。

ただし、大きすぎる柄は避けた方が無難で、遠目から無地に見えるようなさりげない大きさの柄が良いです。

その他、アニマル柄と呼ばれる縞々やヒョウ柄といった派手な柄は結婚式ではNGなので、気をつけましょう。

まとめ

結婚式でのネクタイの色や柄を、実際に調べてみると以外とOKな物が多いんだな~と感じました。

これだけ色や柄の幅があれば、結婚式にしていくネクタイ選びも楽しくできそうですね。

ただ、私が参加した結婚式では、はじめに説明した通り、無地のシルバーネクタイをしている人が圧倒的に多かったです。

カラーネクタイや柄物をしている人は、少数派でした。

そのため、初めて結婚式に行くという方は、無地のシルバーを無難に選ぶと良いと思います。

ちなみに、私は淡いブルーでドット柄のネクタイで行きました。

少数派だったので、目立つかな?と思いましたが誰からも触れられることもなかったです(笑)

結婚式ってマナー多いので、時に憂鬱に感じる時もありますが、本質は2人の幸せを祝うことなので、最低限のマナーを守って祝福してあげればいいと思います。

私はいつも、あまり難しく考えず自分も楽しむぞ!ぐらいの気持ちで臨んでいますよ(^^♪


広告と関連記事

関連記事一覧


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする