携帯を紛失したら警察で届出はするべきか?実例を元に説明するよ!

Pocket

こんにちは!現役アウトドアガイドのAKです。

突然ですが、私はよく携帯をどこにやったか忘れます。

この記事を読んでいる人も、携帯をどこかに置き忘れたりした経験が必ずあると思います。

置き忘れるだけなら良いのですが、知らないうちに携帯を落としている事も多々あり、自分でも少々困っています((+_+))

そんな感じなので、過去に3度携帯を紛失したことも…

私は、その度に警察で届出をしているのですが、中には「面倒くさいや時間がかる」という理由で届出をしないという人もいますよね?

ただ、私の経験上携帯を紛失した際は必ず警察で届出をした方が良いです!

その理由について、私の実例をもとに今回の記事で説明していきます。

携帯を失くして落ち込んでいる方や、届出なんて面倒と思っている方はこの記事を読んで是非参考にして下さいね。



携帯紛失したら警察で届出は必ずしよう

警察交番

始めにも言いましたが、携帯を紛失したら警察に行き届出をした方がいいです。

※今回の記事で説明しているのは遺失届というもので、最寄りの交番や警察署で届出をします。

近くの交番で24時間いつでも簡単に、遺失届を作成し届出する事ができます。

その理由を以下にまとめました。

    携帯を紛失したら警察で届出をする理由

  • 見つかる可能性があがる
  • 受理番号がないと保証が使えない

上記の通りで、一つずつ説明していきますね。

警察に行き届出をすることによって単純に発見される可能性があがります。

私は携帯を紛失したら必ず届出をするのですが、そのおかげで3回中2回携帯が戻ってきており、確率だけなら75%で携帯が戻ってきています。

私の経験からも、日本は治安が良いというのは本当のようですね。

仮に携帯を落としても警察に届けられる場合が多いのがわかります。

もし、警察に届出をしていなければ、誰の物かわからず処分されるので、届出は必須なのがわかりますね。

また、それ以外にも受理番号がないと携帯会社の保証やオプションが使えません。

例えば、最悪携帯が見つからない場合は、携帯キャリアの端末保証やオプションを利用して新しく携帯を用意するかと思います。

この時に加入している保証やオプションを使うには受理番号が必要です。

受理番号は警察で届出(遺失届)をした際に発行されます。

つまり、届出をしないと保証やオプションを使用できないという事になります。

これらの事を踏まえて考えると、届出をしないという選択は、おすすめでないのがわかりますね。

ちなみに、紛失届の出し方や掛かった時間は下記記事が参考になります。

警察で紛失届の出し方は簡単?掛かった時間や手続きの流れを紹介!


届出をして、紛失した携帯が手元に戻ってくるまでの流れ(私の場合)

グッド

携帯を紛失したら、届出はマストというのがわかって頂けたと思います。

ただ、紛失した方が気になるのは、見つかるまでの流れや、手元に戻ってくる期間かと思います。

そこで、今から私の実例を元に紛失してから届出をし、見つかるまでの流れを説明していきます。

    届出をして、紛失した携帯が手元に戻って来るまでの流れ(私の場合)

  1. 携帯を紛失
  2. 探しても見つからない→携帯会社に連絡し回線を緊急停止

  3. 警察に行き届出(遺失届)をする
  4. 最寄りの交番で24時間いつでも届出できる

  5. 警察から連絡が来る(みつかった場合)
  6. 電話もしくは、郵送の通知で、あなたの携帯と思われる物が見つかったと連絡が来る

  7. 指定の警察署に行き確認(見つかった場合)
  8. 自分の携帯なのか確認をする

私の場合携帯を紛失してから、届出をし手元に戻って来るまでの流れは上記の通りでした。

はじめに「携帯がない!」と気づいた場合は、電話やアプリなどを使用して携帯を見つけるのが先決です。

ただ、探しても見つからない場合は直ぐに携帯会社に電話し回線を止めてましょう。

回線を止める事で第三者が拾った時に悪用されるリスクが減ります。

下の記事は、実際に私が携帯を紛失した際の対処法や行動を書いているので、よかったら参考にしてください。

LINEモバイルの携帯を紛失した!すぐにすべきことと今後の流れ

基本的には携帯を紛失したら悪用を防ぐために、回線停止を最初に行い、その後に最寄りの交番などで届出をした方がいいです。

次から警察に届出をしてからの流れを説明します。

警察で届出をする

回線を止めたら、最寄りの交番に行き届出(遺失届)をします。

最初にも説明しましたが、最寄りの交番に行けば24時間対応してくれます。

届出に必要な持ち物は何もいらないので、手ぶらで交番に行ってもいいです。

用意された書類に自分の名前や住所・落とした携帯の特徴や時間帯・場所などを記載します。

所要時間はだいたい30分ほどでしょうか?

後は、見つかった場合の連絡先と方法(電話or郵送の紙面)を選ぶと届出は完了です。

特に難しくなく、基本的には警察の人がいろいろ質問してくれるので、その質問に答えればいいです。

ここまでが届出についてになります。

次は見つかった場合の警察から連絡が来てからの流れを説明します。

警察から連絡が来る(見つかった場合)

はじめに説明しておくと、届出をしても携帯が見つからない場合は連絡が来ることはないです。

つまり、連絡が来る=見つかった可能性が高いという訳です。

ただ必ず連絡が来たから自分の携帯とは限りません。

届出の時に失くした携帯の特徴を説明するのですが、それを元にあなたのかどうかの確認をしています。

そのため、連絡が来ても100%自分のではないという訳です。

とはいえ、届出の際に細かい所まで説明するので、間違う事は少ないでしょう。

警察から電話or郵送で通知がきたら、その携帯が本当に自分のかどうか確認のために指定の警察署に行きます。

ちなみに、私の場合は届出をしてから3日後に警察から、「あなたと思われる携帯が見つかりました」こんな感じの連絡がありました。

はじめに言った通り、見つからなければ連絡はこないので、届出をしたらいつまでに連絡が来るのかは、正直なところ誰もわかりません。

とはいえ、私の経験上1週間以内に連絡が来る場合が多いとだけ伝えておきます。


指定の警察所に行き確認

警察から来たら指定された警察署に行き、その携帯が本当に自分の物なのか?確認しに行きましょう。

警察から電話or郵送で連絡が来てから3か月間の間は保管してくれますが、過ぎた場合は処分されるので注意してください。

また警察署に自分の携帯かどうかを確認に行く際は、本人確認が必要になります。

必ず運転免許書or健康保険所などを持って警察署に行きましょう。

本人が行けない場合は郵送で送ってもらうもしくは、代理人が受け取る事も可能です。

※代理人の場合は本人確認書のほか委任状が必要になります。

私は警察から連絡が来て比較的すぐ取りに行ったので、紛失から届出をし1週間ほどで手元に戻って来ました。

まとめ

今回の記事を読んだ方は、携帯を紛失したら警察に届出をした方が良いというのが、わかってもらえたと思います。

実際私も警察に届出をしていなかったら、2回も失くした携帯が戻ってくることはなかったと思います。

手続きも簡単に終わりますし、グンと見つかる可能性が上がるので、面倒に思わず必ず届出はしましょう。

それと、拾ってくれた人への「お礼はどうしたらいいの?」と考えてしまいますが、私の経験上、今まで携帯を拾ってくれた方でお礼を求めてきた人はいませんでした。

また、名前も名乗らず警察に届けてくれた人ばかりでした。

なので私は、拾ってくれた方をイメージして心の中でひっそりとお礼の言葉を言います。

そんな感じで、自分を納得させています(^^♪

携帯の場合は、おそらくお礼を求めない人がほとんどだと思います。

仮に求められたらもちろんお礼をしますが、改めて日本人って親切で優しい人が多いなと、同じ日本人としてほっこりしました。


広告と関連記事

関連記事一覧


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする