LINEモバイル端末保証は必要?その内容から手続きまでを徹底紹介

Pocket

こんにちは!現役アウトドアガイドのAKです。

私はソフトバンクからLINEモバイルへ乗り換えたのですが、正直大手キャリアに比べて、LINEモバイルの保証は充実していないイメージがありました。

ところが、今回調べてみると、大手キャリアに引けを取らない、いやむしろLINEモバイルの方が手厚い保証なのでは?そう思えてきました。

そこで、今回の記事ではLINEモバイルの端末保証のサポート内容と加入は必要なのかについて見ていきましょう。

LINEモバイルにしたいけど、保証が気になるor入るべきかどうか?迷っている方は今回の記事を読んで判断してみてください。



LINEモバイル保証ってどんなもの

LINEモバイル保証

まずは、保証に入るべきか?入らないべきか?の前にLINEモバイルの端末保証ってどんなものか説明します。

LINEモバイルの端末保証とは、LINEモバイルで端末を購入した人が任意で加入できる保証になります。

内容について詳しくはこの後説明しますが、月額450円で条件に応じた保証が受けられます。

なお、加入の申し込みには注意が必要です(後述します)。

また、今まで使っていたスマホをLINEモバイルで使う方は、この端末保証ではなく「持ち込み保証」というものになります。

これについては下記の記事をご覧ください。

LIENモバイル持ち込み端末保証の内容を解説!保証には入るべき?

では、次は端末保証の詳しい内容について説明していきます。

内容

保証の内容について下記にまとめたので、見て行きましょう。

    LINEモバイル端末保証の内容

  • 月額料金:450円(初月無料)
  • 修理・交換価格:1回目は5,000円、2回目は8,000円
  • 保証開始日:契約した日から
  • 保証期間:最大3年
  • 利用回数:年2回まで(1年ごとにカウントリセット)
  • 申し込みのタイミング:端末購入と同時
  • 保証範囲:故障・水濡れ・破損

保証内容については上記の通りです。

ポイントとしては、修理の交換費用は毎月の450円とは別に発生し、紛失・盗難・火災については保証対象外という事です。

また画面割れや故障した場合は、修理・交換の度に料金が発生します。

下記に、端末保証オプションを受ける際に連絡する受付窓口を紹介しておきます。

LINEモバイル 端末保証センター
0120-866-919
10:00~19:00(年中無休)
※携帯電話/スマートフォンからもご利用可能

申し込みのタイミング

LINEモバイル端末保証の申し込みのタイミングは、初めに説明した通りLINEモバイル端末を購入した時です。

それ以外、例えば途中から保証に加入するという事はできません。

そのため、事前に内容をよく把握し、保証が必要かどうかを検討しましょう。

それでは次にLINEモバイル端末保証と大手キャリア(ソフトバンク)の保証を比較してみます。

大手キャリアとの比較

LINEモバイル端末保証と大手キャリア(ソフトバンク)を比較してみました。

    LINEモバイル

  • 保証のみ年間5,400円
  • 紛失・盗難・火災は保証の対象外
  • 修理した場合:初回なら修理費5,000円+年間保証代5,400円=10.400円
  • ソフトバンク(あんしん保証パック with AppleCare Services)

    ※毎月の保証代は機種によって違う、修理費も内容によって変わります。

  • 保証だけなら年間13,920円
  • 盗難・紛失は保証の対象内(毎月の保証代と別に1,1800円必要)
  • 修理した場合:画面の修理3,400円+年間保証代13,920円=17,320円

※ソフトバンクの保証は(あんしん保証パック with AppleCare Services)で比較しています。

上記の通り、LINEモバイルとソフトバンクの保証内容で一番大きな違いは、紛失・盗難・火災についての保証です。

ソフトバンクなどの大手キャリアは、万が一端末を紛失・盗難・火災の場合も保証でカバーできます。

逆にLINEモバイルは端末を紛失などの場合は保証がなく、自分で端末とSIMカードを用意する必要があります。

ただ、ソフトバンクも紛失など場合は別料金で1万円以上かかり、料金の面で考えると手厚いとはあまり思いません。

ちなみに、私自身LINEモバイルを紛失してから再利用までにかかった費用はSIMとiPhone合わせて1万前後なので、かなり安く用意できたと思います。(^^)/

下記に紛失した時の対応と、再利用のための(手続き、SIMカードの再発行の仕方)やiPhoneを安く購入する方法などを、それぞれ別の記事にて説明しているので、よかったら参考にしてください。

LINEモバイルの携帯を紛失した!すぐにすべきことと今後の流れ

LINEモバイルSIM再発行の手順は?日数や料金も全て解説するよ

LINEモバイルならソフトバンク製のiPhoen5がオススメ!理由を解説!

このようにLINEモバイルは紛失時などの保証はないですが、再利用に掛かる費用を安く抑える事は可能です。

LINEモバイルの保証なら年間5,400円で故障・破損・破損などにも対応しており、保証で修理(1回目の場合)なら年間10,400円で済みます。

対して大手キャリアのソフトバンクを例にすると、iPhone XSなどの新しい機種で保証に加入した場合月額1,160円で保証の費用だけで年間13,920円が掛かります。

例えばiPhoneユーザなら誰しも経験がある、画面割れの修理3,400円をすると年間保証代13,920円+画面修理3,400円=17,320円の費用が掛かるので、個人的にはLINEモバイルの保証の方が料金の割に手厚い気がします。

使うかわからない保証に毎月高いお金を払うより、毎月の料金を少しでも安くして本当に必要な時払うのがLINEモバイルの保証です。

比較してみると、毎月の保証にかかる料金も安く、保証内容も充実しているのがわかりますね。

ただ、もちろん注意点もあるので次で説明していきます。

注意点

lINEモバイル端末保証の注意点についてまとめました。

  • LINEモバイルで端末を購入した人しか加入できない
  • 保証に入るにはLINEモバイル契約時のみ!
  • 途中加入ができない
  • 紛失・盗難・火災は保証の対象外

特に気を付けて欲しいのは、保証に入るタイミングはLIENモバイルの契約時のみで、途中からの加入もできません。

また、紛失・盗難・火災には保証外ですから、そこも注意して下さいね。


LINEモバイル端末保証には入った方がいいの?いらないの?

メリット、デメリット

ここまでで、LINEモバイルの保証内容を説明した上で、大手キャリアとLINEモバイルの保証を比較し注意点にも触れて行きました。

LINEモバイルの端末保証が、魅力的に見えた方も多いのでは?

次の章では私が調べて感じたこの保証の良い点、悪い点についてまとめましたので、加入の参考にしてください。

この保証の良いところ

では、まずは良い点から見ていきましょう。

  • 月額450円と安く初月は無料
  • 大手キャリアは1,000円以上する場合もあり

  • 保証の上限金額が高い(5,0000円)
  • 上限が高いので修理・交換してもほとんど追加料金が必要ない

  • 修理・交換の際に交換端末をすぐに送ってくれる
  • 当日18:00までに受付すれば、即日交換端末を送ってくれる

  • 申し込んだだけで保証の対象(難しい手続きは一切不要)
  • 申し込み以外の特別な手続きは必要なし

  • 故障・水濡れ・破損に対応
  • 紛失・盗難・火災以外は全て保証でカバーできる

交換の対応に関しては、当日18時までに端末保証センターに連絡し、受付完了すると当日に代替え機を発送してくれます。

そのため、最短翌日には自宅に代替え機(原則同じ機種・同じカラー)が届きます。

同じ代替え機が在庫切れや生産終了した場合は、別の機種が届く場合があります。

こうやって見るとLINEモバイルの端末保証は、良い点がかなり多いですね。

次は悪い点について見ていきましょう。

この保証の悪いところ

私が調べた中で微妙だな(悪い点)と思った事を下記にまとめます。

  • 紛失・盗難・火災などには対応していない
  • 端末保証の受付窓口が10:00~19:00と短い
  • 端末の修理に出してから、手元に戻るまで時間が掛かる
  • 端末を修理に出した際、代替え機の機種が古い

盗難・紛失・火災には月額料金が安いので、仕方ないかなとも思えますね。

端末保証を受ける為の受付窓口も10:00~19:00とサポート時間が短いので、ここは大手キャリアと比べると悪い点ですね。

また、修理・交換に出してからの代替え機や交換端末が古い場合や、修理した携帯が手元にいつまで経っても戻ってこないと言った意見も耳にします。

入った方がいい人、いらない人

LINEモバイル端末保証の良い点、悪い点を踏まえて、入った方がいい人とorいらない人を見て行きましょう。

私が思うに、入った方がいい人、いらない人は次の通りです。

  • 携帯を壊した経験がある人→保証に入った方が良い
  • 携帯を壊した経験がない人→保証はいらない

説明すると端末保証に入った方がいい人は、過去に一度でも携帯が壊れた経験がある人です。

理由は携帯を壊した経験がある人は、また携帯が壊れる可能性が高いからです。

逆に携帯が壊れた経験がない人は入らなくてもいいと思います。

私の周りがそうなのですが、携帯が壊れる人は、その後も壊れる傾向があります。

逆に一度も壊れた事がない人は一切壊れないといった傾向にあります。

保証に入るか、いらないか、一つの判断材料にしてくださいね。

私自身の判断

LINEモバイル端末保証に入るべきかどうか?

先ほど説明した通り携帯を壊した経験がある人は、保証に加入するべきだと思います。

また、それ以外の目安としては、端末料金が3万円以上する機種の場合は加入する。
これも保証へ入るか、入らないか?についての判断材料にしてもらえればいいと思います。

その理由は、保証料金は月額450円の年間5,400円の料金です。

もし、端末保証を使う場合は初回5,000円の修理・交換費用+年間5,400円の保証料金で10,400円掛かります。

10,400円あれば下位モデルの機種をLINEモバイルで購入できます。

逆に10,400円で3万円以上する機種に修理・交換できるならお得ですよね?

なので、私なら3万円以上する機種なら保証に入るという訳です。

LINEモバイルで購入できる携帯で3万以上する機種は次の通りです。

  • OPPO R17 Pro
  • HUAWEI P20
  • ZenFone 5
  • AQUOS sense 2
  • arrrows M04

ちなみに、私自身は端末保証には入っていません。
正確には入りたくても、入れないというのが正しいですが…

当時の私は「保証内容が良さそうなら後から加入すればいっか♪」と気楽に思ってい契約時に保証に入りませんでした。

そうです!この契約時に入っていないのが原因です((+_+))

既にご存知の通り、LINEモバイルの端末保証は契約時にしか入れませんし、当然途中からの加入もできません。

つまり、契約時に加入しなかったので、保証に入りたくても入れないのです。

この記事を読んでいる人は私のように、ならないよう注意して下さいね。

LINEモバイル端末保証の入り方と解約方法

ここからはLINEモバイル端末保証への入り方と、解約方法について説明していきます。

端末保証の入り方と解約方法はとても簡単です。

基本的にはLINEモバイルでは、保証への加入・解約は自分で行います。

詳しいやり方を次で一緒に見て行きましょう。

加入方法

加入方法はとても簡単で、LINEモバイルの公式ページからできます。

購入する端末を選んで、支払い方法やプランを選択したら下の画面がでます。

LINEモバイル端末保証

矢印の端末保証を選択

端末保証を選択してそのまま、次へ進んで行けば保証への加入は完了です。

解約方法

解約方法はマイページから簡単にできます。

  1. マイページへログイン
  2. プラン・オプションを選択
  3. オプション情報に表示されているので選択して解除

加入も解約も自分で簡単にできるのも嬉しいポイントですね(^^♪

ここまで、加入と解約について説明しましたが、次でそれぞれの注意点についても説明します。

注意点

保証について加入と解約の注意点は次の通りです。

  • 加入はLINEモバイルの契約時しかできない。
  • 保証は途中から加入はできない
  • 保証は解約すると再度加入はできない
  • 加入・解約ともに自分で手続きをする

特に注意して欲しいのは、保証は途中加入できないのと、解約すると再度加入できないという点です。

そのため、加入・解約どちらにしてもよく検討してから行いましょう。


まとめ

今回の記事では、LINEモバイルの端末保証の内容や加入するべきなのか?という点について説明しました。

保証内容については、個人的には格安SIMの中ではかなり手厚く料金的な面でみても大手キャリアと比較しても負けていないと感じます。

あとは加入するかしないかについては、完全に個人の判断です。

私のように、携帯の画面を割ったりする人は本来は端末保証に加入した方が良いのでしょうが…結局月々の450円をどう考えるかですよね。

保証の加入は契約時にしかできませんが、解約はいつでもできるので、とりあえず加入してみてもいいと思います。

その上で必要ないと感じれば解約する!
それぐらいのスタンスでいれば、いいと思います。

今回の記事を参考にして頂きご自身の判断で決めてもらえればと思います。


広告と関連記事

関連記事一覧


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする