社会保険の金額いくら支払うの?勘違いしやすいポイントを紹介するよ

Pocket

こんにちは現役アウトドアガイドのAKです。

今回は社会保険の金額で私が、わかりにくいと感じた事を書いて行こうと思います。

会社員の人からすると、社会保険って当然のように毎月の給料から天引きされているので、金額について深く考える事は少ないと思います。

社会保険の方が国民健康保険に比べて、保障が厚く扶養に入る事ができるといったメリットがあり魅力的ですよね。

でも、私のような国民健康保険から社会保険に切り替える人からすると、金額について疑問に思う事があります。

よく「社会保険は会社が半分払ってくれるので自分の負担金額が少なくて済むからお得!」みたいな文章を見るのですが、結局いくら支払う事になるの?と思うんですよね。

また、調べてみて感じるのは細かいルールや、都道府県によっても税率が変わるのでイマイチわかりにくいです。

そこで、今回は社会保険の金額について細かい計算方法などを抜きにし、分かり易く説明していきます。

それと、勘違いしやすいポイントも合わせて説明していきます。



社会保険の金額っていくら支払うの?

社旗保険料お金いくら支払う

私のように、国民健康保険から社会保険に変更する人は、金額は高くなるのか、安くなるのか気になる所ではあります。

※一応最初に説明しておくと、社会保険とは健康保険と厚生年金の事です。2つの保険料を合わせた合計約15%が給与から社会保険料として天引きされています。

そこで、社会保険の金額はどれぐらいなのか?説明すると、だいたい総支給金額の15%が自己負担額です。

そのため自分の給料総支給の金額に15%を×だけで、だいたいの社会保険料の金額がわかります。

※残業代や交通費と言った物も含めて計算します。

私の給料を例にして社会保険の金額を説明していきますね。

基本給160,000円+交通費2,000円=162,000円

私の場合、残業はしないので残業代は含まず、162,000円が私の毎月の総支給額になります。

162,000円(総支給額)×15%(自己負担額)=24,300円

私の場合は、だいたい24,300円ほどの金額を社会保険で毎月支払う事になります。

本来なら、もう少し細かい計算になるのですが、私と同じ感覚で大雑把な金額を知りたい人は、総支給額の内15%が社会保険で支払う金額と覚えておけばいいでしょう。

勘違いしやすいポイント

原因解明

さきほど社会保険の金額は総支給額の15%ほどと説明したので、金額がどれくらいか知りたい方は既に疑問は解決できたと思います。

ただ、私の中では凄くわかりにくいというか、疑問に感じた事があります。

それは、社会保険は会社も半分負担してくれるという意味です。

この会社負担の意味って総支給額から会社負担分の社会保険料も支払うって意味?と始め誤解していました。

私の場合ですが、社会保険24,300円で、会社が半分負担しているという事は、その倍の金額48,600円が給料から天引きされると思っていたんですよね。

つまり給料も会社が支払っているので、その給料から全額社会保険料30%を支払うと勘違いしていたんです。

そうなると手取り額162,000円-48,600円-113,400円になっちゃいますね(笑)

でもこれは違うんで安心してください。

次で詳しく説明しますね。


会社負担の意味

よく聞く、社会保険の会社負担の意味について説明します。

社会保険の会社負担のイメージを下の表にしたので、読んでみて下さい。

社会保険(総支給額の約30%)総支給額の16,2000円の30%(社会保険)=4,4600円
自己負担15%総支給額の約15%=24,300円
会社負担15%総支給額の約15%=24,300円

上の表を見てもらえばわかると思いますが、社会保険料は総支給額の約30%を支払う必要があるという事がわかります。

つまり162,000円の総支給額なら約30%の48,600円という金額を毎月社会保険料として支払っているという事です。

でも実際は総支給額(162,000円)の約30%(44,600円)を会社負担15%(24,300円)自己負担15%(24,300円)を双方で負担しているというイメージです。

つまり、162,000(総支給額)×15%(自己負担額)=24,300円になるので、あくまで自己負担額は総支給額の約15%(24,300円)なので安心してください!

社会保険ってこう考えると凄く高額なお金を支払っているんですね!((+_+))

基本給を下げて支払う事は違法!

違法

もう既に理解できたと思いますが、会社側は社会保険料を給料とは別に支払っているという事になります。

私の例で言うと24,300円もの金額を会社側は給料と別で支払っています。

ちなみに、給料から社会保険料を全額約30%引かれることはないので安心してください。

もし給料(総支給額)から社会保険料の全額約30%を引くのは違法なので、そんなブラックな会社では働かないようにしましょう。

私の場合で説明すると162,000円-24,300円=137,700円が社会保険を支払った後の実質の手取り額になります。


まとめ

今回の社会保険料での勘違いしやすいポイントは以上になります。

この記事を書いた内容は自分が社会保険料について調べている時に、凄く疑問に思った事を書いています。

社会保険料の半分負担について、詳しい意味や解説って自分で調べた時に中々出てこなかったんですよね。

例えば友人に「社会保険は、会社が半分負担してくれるからお得だよ!」と言われても、その会社負担額は給料から引かれるのか?それとも別で会社が負担しているの?と聞いても友人も詳しくは理解していない様子でした。

でも、こんな疑問普通の人は会社負担と聞くとパッと理解できるのかもしれませんね。

私が長らく会社務めせず生きて来たので、そういった変な所に疑問を持ってしまうのかもしれません。

実際よくよく調べてみると、社会保険は扶養に入る事ができ、会社が給与とは別に半分負担し、更に年金や保障も手厚いので何故お得なのか少しずつ理解できました。

こういった知識って授業で教えてもらえないんで、自分で調べるしかなく、また調べても詳しく書かれ過ぎてると、逆にとっつきにくく理解しにくいので調べるのも大変ですよね。

そのため、私と同じような疑問を持っている人が理解しやすいようにと、今回の記事を書いたつもりです。

今回の記事が疑問を解決する一助になれば幸いです。


広告と関連記事

関連記事一覧


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする