有馬グランドホテルの日帰り温泉と日帰りプランを徹底紹介するよ!

Pocket

こんにちは!現役アウトドアガイドのAKです。

有馬温泉で一度は行ってみたい高級老舗ホテルの有馬グランドホテル!

暇が出来たら泊りで行こうと思い、有馬グランドホテルについて色々調べていたら、なんと!有馬グランドホテルには日帰りプランというのがありました。

そこで気になって直接お問い合わせをし、日帰りプランについて詳しく聞いてみました。

有馬グランドホテルには宿泊プランしかないと思っていたので、嬉しい誤算です。

有馬グランドホテルの日帰りプランは温泉はもちろん、お部屋とお食事、更に貸し切り風呂までついたプランもあります。

そのため日帰りでも、高級老舗ホテルである有馬グランドホテルを充分に楽しめる事が可能です。

レビューを見ても、女性にも人気の老舗ホテルで温泉やお部屋も綺麗でお食事も美味しいと評判です。

また、サッと温泉だけ楽しむ事も、ゆったりと日帰りで楽しむ事も可能なので、自分のスタイルに合わせて楽しめるのが、有馬グランドホテルの良いところです。

では、有馬グランドホテルの日帰り温泉やプランについて紹介していきます。



有馬グランドホテルの基本情報

有馬グランドホテルの写真が凄く綺麗なのでインスタから使わせて頂きました。

写真を見ただけで行きたくなりますね(^^♪

日帰り温泉の営業時間:10:30~22:30 最終受付21:00

※入浴料:2019年2月現在の情報

    日帰り温泉の基本料金

  • 大人/平日 3,650円、休日 4,150円
  • 小人(3歳〜小学生)/平日 1,600円、休日 2,150円
  • ※後程説明しますが、上記料金には入浴料の他、大人2,000円、小人500円の館内で使える金券が含まれています。

  • お風呂情報:内風呂(男女各2種類)、露天風呂(男女各2種類)、サウナ(男女各1種類)
  • 駐車場:あり 400台/無料
  • 休館日:不定休
  • ※施設の点検整備、補修工事、防火訓練等のため休館日あり

有馬グランドホテルは1963年創業の老舗高級ホテルです。

宿泊料金も一泊3万円以上と、さすが高級老舗ホテルと思う料金ですが、行った人の満足度も高くおすすめの所です。

高級老舗ホテルだけあり、無料駐車場の数も400台と充実しており、電車やバスでお越しの方にも無料送迎バスが出ています。

また宿泊はもちろん日帰りプランや、日帰り温泉も充実しており館内にはお食事処以外にも、売店やマッサージ施設もあるので1日中楽しめる所です。

日帰り温泉とプランについて

有馬グランドホテルには、大浴場があり日帰り入浴の場合は基本的に2階の大浴場ゆらり・季の湯(男湯)と紗の湯(女湯)に入ります。

特に週末は多くの人が日帰り温泉を利用するので、2階の大浴場は人が多いので賑やか、悪い良い方をするとガヤガヤしています。

そのため、ゆっくりと温泉を楽しみたい人は日帰りプランの方がおすすめです。

※上の温泉は9階の展望大浴苑・雲海

プラン予約者のみ2階と9階のどちらの温泉も利用できます。

特に9階の展望大浴苑・雲海は、宿泊プランor日帰りプランの人しか入浴できないので、ゆったりと温泉に入れます。

プランを予約していない日帰り入浴のみの方は地下2階の大浴場しか利用できないという事です。

サッと入る場合は、プランを予約せずとも館内共通券にて日帰り温泉を楽しむ事ができます。

紹介したように、有馬温泉には2つの楽しみ方サクッと日帰り入浴と、ゆったり日帰りプランがあるので順番に説明していきます。

ちなみに、有馬グランドホテルは施設内に金の湯・銀の湯の両方が楽しめる所です。

金の湯・銀の湯は効果効能がそれぞれ違い、両方に入れる所は意外と少なくそれだけでもお得感があります。

下の記事は、金の湯・銀の湯の効果効能や両方に入れる旅館を紹介しているので参考にして下さい。

有馬温泉で金の湯・銀の湯 両方に入れる所とその効果を大特集!

有馬温泉の泉質が凄い!どんな効果、効能があるのか調べてみたよ!


日帰り温泉を楽しみたい方は館内共通券

サッと日帰り温泉だけ楽しみたい方は、館内共通券を購入して入浴します。

ちょうどインスタにこの券をアップされていた方がいました。写真が鮮明だったので使わせていただきます。

館内共通券ではB2階のゆらり大浴場、季の湯(男湯)と紗の湯(女湯)の温泉に入る事ができます。

ちなみに予約の必要はないです。

    料金(館内共通券)

  • 大人:月曜日~土曜日/3,650円、日曜日・祝日/4,150円
  • お子様:月曜日~土曜日/1,600円、日曜日・祝日/2,150円
  • お子様は3歳~小学生以下
  • ご利用時間10:30-22:30(最終受付/21:00)

日帰り入浴で、大人平日3,650円はかなり高いと感じますが、実は入浴券と館内で利用できる金券がセットになった料金です。

バスタオルやフェイスタオルはついていません。

2,000円は食事や売店で利用できるので、実際の入浴料は大人平日1,650円という事ですね。

    以下館内共通券で利用できるお店

  • おなじみ料理「和楽」
  • ラウンジ「ルシェッロ」
  • 特別昼食会場(土日・祝日・ランチ限定)
  • 茶室「邪中庵」
  • 売店
  • アクアテラス
  • アロマ・エステサロン「CAAZE Organic SPA」
  • ボディーケア・整体「zen 禅」
  • クイックアロマ「SUNDARI」
  • フットケア「Le ciel」
  • ガーデンプール*夏季限定
  • 旬彩猪名野(中の坊瑞苑)
  • 猪名野茶房(中の坊瑞苑)

これだけの多くの施設で2000円分の金券を使えます。

ちなみに、混み合う事が多いのでレストランの利用を考えている場合は、お席を予約するのをおすすめします。

次は日帰りプランについて紹介していきます。

有馬グランドホテル日帰りプラン

有馬グランドホテルを日帰りでも、ゆっくり楽しみたい人は、日帰りプランを予約するのがおすすめです。

インスタから、お部屋の素敵な感じがわかる写真を見つけたので、使わせてもらいました!

日帰りプランには上記のような素敵な、お部屋をお食事付きで楽しむ事ができたり、中には貸し切り風呂まで付いたプランもあります。

ざっくり日帰りプランを分けるとお昼のプラン(部屋なし)と夜のプラン(部屋あり)に分かれます。

ちなみに、有馬グランドホテルの公式サイトには、日帰り入浴の方は地下2階の温泉のみと記載していますが、日帰りプランを予約し利用する方は2階と9階どちらの温泉も入浴可能です。

同様に、貸し切り風呂も日帰りは利用できないと記載していますが、貸し切り風呂を利用できる日帰りプランもあります。

2階と9階の温泉利用、貸し切り風呂の利用は実際に有馬グランドホテルでお問い合わせし確認しました。

夜のプランは貸し切り風呂付き

湯っくり晩のお日帰り お部屋で懐石料理を

上のプランは文字通り夜限定の日帰りプランで、お部屋とお食事、貸し切り風呂まで付いている贅沢な日帰りプランです。

上のような貸し切り風呂がお部屋に付いてるので、大満足間違いなしです!

前日までに予約する必要があります。

※なお、今から紹介するプランの料金は2019年2月現在の情報です。

湯っくり晩のお日帰り お部屋で懐石料理の料金と時間、特徴は以下の通り

    料金

  • 大人/13,889円~
  • 小人/8,113円
  • 特徴

  • お食事とお部屋付き
  • 貸し切り風呂あり
  • お部屋で懐石料理を食べられる
  • ご利用時間は15:00~22:00

滞在時間7時間の豪華日帰りプランです。

最大の魅力は、滞在時間の長さと貸し切り風呂がある事です。

このプランなら、日帰りでもゆくりできるので、デートには最適かもしれませんね。


お昼のプランは温泉とお食事を楽しむ

お部屋がついていないお昼のプランは、日帰り旬彩時期 小懐石コースがおすすめです。

旬の食材を季節によって使用しているので、味は折り紙付きです!

こちらのプランも前日までに予約する必要があります。

※なお、今から紹介するプランの料金は2019年2月現在の情報です。

こちらのコースの料金と特徴は以下の通り

    料金

  • 大人5,788円~
  • 小人3,500円
  • 特徴

  • お部屋は付いてない
  • お食事は地下1階の四季亭の半個室
  • 貸し切り風呂はなし
  • ご利用時間10:30~15:30

お昼にゆっくりとお食事と温泉を日帰りで、楽しみたい方向けのプランです。

夜の日帰りプランに比べ料金が安いのは、お部屋と貸し切り風呂がないためです。

老舗ホテルの温泉と本格的なお食事を楽しみたい方には、いいプランですね。

まとめ

有馬グランドホテルの日帰り温泉とプランはどれも魅了的ですよね。

今回紹介した、日帰りプランですが時期や季節によっては、お食事の内容やお部屋も変わるようなので、何度行っても楽しめると思います。

有馬温泉は複数の旅館やホテルがあるので、いろんな所に行ってみて、お気に入りの旅館を探すのも楽しいです。

今回は有馬グランドホテルの日帰り温泉とプランを紹介しましたが、また別の旅を館やホテルも書いて紹介していきたいと思います。

有馬グランドホテルに興味を持った方は是非、今回の記事を参考に行ってみて下さい。


広告と関連記事

関連記事一覧


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする