原付バイク標識交付証明書を紛失したら?再発行の手続き方法を紹介

Pocket

こんにちは!現役アウトドアガイドのAKです。

今回は、原付バイクの標識交付証明書を紛失した際の、再発行手続きの仕方について紹介します。

私が現在乗っている原付バイクは、友人から譲ってもらったバイクです。

バイクを売買したり、友人に譲る際は一度そのバイクを廃車手続きする必要があります。

廃車手続きについては下の記事が参考になります。

原付バイクの廃車手続きは無料で出来る!場所や必要な物を全て紹介!

廃車手続きの際に友人が標識交付証明書を紛失していたので、私も同行し標識交付証明の再発行の手続きについて市役所の方に聞いてみました。

そこで今回は、実際に市役所の方に聞いて調べたので、標識交付証明書の再発行に関する手順などを書いて行きます。

同じように標識交付証明書を紛失して困っている人がいれば、是非参考にして下さい。



標識交付証明書とは?

標識交付証明書

これが標識交付証明書です。
大事な情報が書いているのでモザイクしてます。

標識交付証明書とは譲渡や売買するとき、自賠責保険の加入それ以外にも事故を起こした際に必要になるものです。

原付バイクには車検証がないですが、標識交付証明書が車検証の変わりになる物だと思ってもらっていいです。

そのため、原付バイクを乗る人は標識交付証明書と自賠責保険は携行の義務があります。

まあ、実際には盗難の恐れがあるので原本ではなくコピーを携行している人が多いです。

標識交付証明書を紛失、再発行の手続き方法

先ほどの説明の通り、標識交付証明書がとても大事な書類なのはわかって頂けたと思います。

ここまで聞くと紛失したら非常に不味く思いますが、仮に失くしても再発行できるので安心してください。

私の友人も、標識交付証明書を紛失して廃車手続きの際にひと手間増えていました。

バイクの車体番号を石刷りしたのでやり方や用意する物を紹介するよ!

市区町村によって変わりますが、私と友人の役所では廃車手続きの際、標識交付証明を紛失してたら車体番号を石刷りする必要がありました。

石刷りで車体番号を写した用紙を持っていくと、廃車手続きが出来たので同じ状況の人は参考にして下さい。

それ以外にも、ナンバープレートも再発行できます。

ナンバープレートの取得や再発行が必要な方は、下の記事を参考にして下さい。

原付バイクのナンバープレートの取得と再発行の手順を紹介するよ!

次の章から紛失した際に、再発行する手順を順に説明していきます。

手続きする場所

市役所

手続きする場所は、ナンバープレートを交付してもらった市区町村の軽自動車を扱っている税務課になります。

ちなみに、標識交付証明は本人以外の代理人でも手続き出来ます。

その際は本人の委任状が必要になります。

家族なら委任状は必要なく印鑑のみで手続き可能です。


必要な物

手続きに必要な物を以下に記載しています。

    本人が手続き必要な物

  • 印鑑(シャチハタ不可)
  • 身分証明書(免許証やパスパートなど)
  • 代理人が手続きする場合(家族以外)

  • 委任状
  • 代理人の身分証明書(免許証やパスパートなど)

代理人に頼む場合、私の市区町村では委任状に本人の捺印が必要です。

市区町村によって必要書類や委任状の用紙が違う事があるので、必ず確認してから手続きに行きましょう。

費用や時間

標識交付証明書を再発行する費用は無料です。

また、市役所に行って手続きする時間も混んでいなれば、即日10分もあれば終わるので隙間時間でも行けますね。

まとめ

原付バイク

以上が標識交付証明書の再発行の手順になります。

必要書類もほとんどなく、お金も無料で手続き時間もかからないので、簡単にできますよ!

そのため、標識交付証明書を紛失しても即日発行できるので、焦らないで大丈夫です。

50~125cc以下はこういった手続きが市役所で手軽にできるのが魅力です。

これ以上のクラスになると、手続きも陸運局になり、手間も増えるのでここまで簡単にはいかないと思います。

維持費も手続きも手軽に安く出来るのが、原付バイクの魅力ですね。

今回の記事が困っている人の一助になれば嬉しいです。


広告と関連記事

関連記事一覧


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする