バイクの駐車場が自宅にない!効率的な探し方と各駐車場の費用を徹底紹介

Pocket

こんにちは!現役アウトドアガイドのAKです。

バイクが欲しくて、憧れのバイクをやっと手に入れた!「さあこれから、バイクを乗り回すぜ!」と意気混んだものの、自宅やマンションにバイクを置けなかった((+_+))

そんな経験したくないですよね。

ですが、意外とバイク駐車禁止のアパートやマンションって多いです。

そうなると、近くにバイクを置ける駐車場を探さなければいけません。

ただ、駐車場はなるべく安くて、セキュリティー面でも安全な場所がいいですよね。

そこで、どうしたら効率的にバイクの駐車場を見つける事ができるのか?

また、各駐車場の費用はどれくらいで、防犯面は安心できるのか?などの探し方+各駐車場の費用をメインに今回の記事を書いて行きます。

私自身も実際に自分で不動産屋に行ってみたり、バイク屋さんに聞いたりとバイクの駐車場を効率的に安く見つける方法を調査してみたので、駐車場が見つからないという方は参考にして頂ければと思います。

あっちなみに、私自身は住んでいるマンションがバイクの駐車可能だったので、完全にこの記事の為だけに、不動産屋やバイク販売店で調査してきましたよ!

この記事を読んで頂く事で駐車場の探し方から、各駐車場の費用がわかりますよ。



条件の良いバイク駐車場を効率的に探すならこの順番を意識!

駐車場を探す方法として、パッと思いつく方のは、ネットで探す方法がまず思いつきますよね。

ただ、条件のいい駐車場を効率良く探すならネットで探すよりも、直接お店を尋ねたり歩きながら駐車場を探すアナログ方式の方が見つけやすいです。

なので、効率良く条件の良いバイク駐車場を探すなら、以下の順番がおすすめ!

  1. 不動産屋
  2. バイク販売店
  3. 月極駐車場
  4. Instagramやtwitter
  5. 住宅検索サイト
  6. ネット

探し方は上で紹介した順番を意識してみて下さい。

後でも説明していますが、理由は総じてネットで掲載している駐車場は簡単に見つかる分料金は高い(相場通り)の場合が多いです。

今の時代、何を調べるのもネットを使いますよね?

安い駐車場があっても、直ぐに埋まるのでネットで掲載されている駐車場で安くて条件のいいのは中々見つけるのが難しいです。

逆に自分で直接不動産屋や、バイク販売店で直接訪ねて探す人はあまりいないので、安くて条件のいい駐車場が残っている場合があります。

そのため、始めに直接探すアナログ的な探し方をし、それでも見つからなければ住宅検索サイト、ネットで検索というイメージが良いです。

そのため、次の章から効率良く条件のいいバイク駐車場を探す順番として①不動産屋②バイク販売店③月極駐車場④Instagramやtwitter⑤住宅検索サイト⑥ネットの順で紹介していきます。

バイクの駐車場を直接探すオススメの方法

お宝駐車場を見つける方法として、個人的におすすめの方法を紹介します。

自宅近くの不動産屋に行き、「バイクの駐車場を探しているのですが…」と言いましょう。

そうすると、ネットに掲載していない駐車場を紹介してくれる場合があります。

もっと言えば大手の不動産屋よりも昔ながらの不動産屋に直接行く方が、よりお宝駐車場に出会える確率があります。

不動産屋

こんな感じの不動産屋があれば、駐車場がないか聞いてみましょう。

大手よりも、昔ながらの不動産屋は料金の交渉やこちらの要望を聞いてもらえやすく、更にネットに掲載していない駐車場を紹介してくれる確率が高いです。

ちなみに、私の友人は不動産屋に行って下の駐車場を月4000円で借りる事に成功していましたよ!

バイク駐車場

ここは、自転車と原付ならOKのようで、それ以上のバイクは駐車できませんが、かなり安くて満足していました。

ただ地域によっては、不動産屋がバイクの駐車場自体をあまり管理していない場合もあります。

私の住んでいる地域は友人の地域とは違い、不動産屋では満足できる駐車場が見つけられませんでした。

その場合は不動産屋以外の方法で、駐車場を探した方が効率が良いです。

不動産屋以外で、バイクの駐車場を探す方法を次の章で紹介します。

バイク販売店に聞いてみる

バイク

不動産屋に行っても、納得できるバイクの駐車場を見つけられない場合は、自宅周辺のバイク販売店に行って聞いてみるのも手です。

稀にバイク販売店の駐車場が余っていたら、駐車場として貸してくれる場合もあります。

また、駐車場を貸りる事ができなくとも「あそこの駐車場は空いてたよとか、ここの管理会社に連絡してみ!」等バイクのプロだからこそ知りえる有意義な情報が貰える事もあります。

近くにバイク販売店があれば直接行って聞いてみると良いでしょう。

自宅周辺で月極の駐車場を探してみる

バイク駐車場

不動産屋に行き、バイク販売店も尋ねたが安い駐車場が見つけられない場合は、自宅周辺の月極の駐車場を探してみましょう。

探し方は、散歩しながら空いている駐車場を探したり、普段の買い物とかに自宅の周りに駐車場がないかチェックしておきましょう。

こういった駐車場は不動産屋とは別に、管理会社や個人で土地を持っている人が貸している場合が多いです。

そのため、不動産屋もバイク販売店も不発に終わった場合は、月極の駐車場を自分で探した方がバイクの駐車場を見つけやすく料金も安い場合が多いです。

私の住んでいる地域では不動産屋で駐車場を探すよりも、自宅周辺で月極の駐車場を探す方が料金も安く、見つけやすいので効率が良かったです。

ここまでが、直接探す方法になります。

次の章からネットを使った探し方を、紹介していきます。

バイク駐車場をネットで探す

今やスマホ一つでたいていの事は、わかってしまう時代です。

駐車場に関してもネットで検索するのが簡単でお手軽ですが、誰でも簡単に探せる分、安くて良い駐車場があった場合は直ぐに埋まってしまいます。

また、バイク駐車場自体の数が少ないので、仮に高い駐車場でも埋まる傾向が強く、ネットに掲載している駐車場は比較的料金が高い場所が多いです。

ただ、ネットで探す方法はいつでもどこでも探せるので、自分に合った駐車場が見つかれば一番手間も時間もかからない方法です。

InstagramやTwitterでバイク駐車場を探す

インスタやツイッターで検索してみるのも一つの手です。

例えば下の駐車場もインスタで検索すると出てきましたよ。

ツイッターでも「バイクの駐車場を探してます!」こんな感じでツイートする事で、バイクの駐車場の情報を提供してくれるかもしれません。

昔にはない発想ですが、Instagramでもバイク駐車場を掲載している所も多いので、調べてみるのも良いでしょう。

住宅サイトで検索

電気ガス水道

それ以外の方法としては、管理会社に駐車場の有無を聞くのも良いでしょう。

その際、住宅検索サイトでバイク駐車Okの物件を探してから連絡しましょう。

あまり知られていませんが、マンションやアパートの住居者でなくても、併設駐車場を貸してくれる場合があります。

また、マンション併設の駐車場はネットに掲載されている駐車場よりも安い場合が多く、人通りも多いのでセキュリティー面でも安心です。

マンション駐車場にバイク駐車可能?お宝駐車場を見つける方法も紹介

マンション併設の駐車場を借りる場合は上の記事が、参考になります。

バイク駐車場の効率のいい探し方まとめ

ここまでで一度、駐車場の効率のいい探し方をまとめてみます。

    不動産屋でバイク駐車場を探す

    メリット

  • ネットには出ていない、格安の駐車場を見つけれる可能性がある
  • デメリット

  • 地域によっては、不動産屋が駐車場をあまり管理していない所もあり、逆に値段が高い場合も!
  • バイク販売店でバイク駐車場を探す

    メリット

  • 駐車場のスペースが余っていると、貸してくれる事がある
  • 販売店の人ならではの知人や伝手で、有益な情報を貰える事がある
  • デメリット

  • 販売が主なので、駐車場を貸してくれる自体は可能性は低い
  • 自宅周辺の月極駐車場で探す

    メリット

  • 地域によるが、不動産屋よりも見つかりやすく駐車料金も安い場合がある
  • 単純に見つけやすい
  • デメリット

  • その地域の相場があるので、格安の駐車場は見つけにくい!
  • ネットでバイク駐車場を探す場合

    メリット

  • 簡単に駐車場の有無が確認できる
  • 広範囲の駐車場を探せるので効率が良い
  • デメリット

  • お手頃な分、良い駐車場の空きが少ない
  • 料金的に高い場所が多い
  • InstagramやTwitterでバイク駐車場を探す

    メリット

  • 手軽に探す事ができ、広範囲に探せる
  • デメリット

  • 特になし
  • 住宅検索サイトを使う(マンション併設駐車場)

    メリット

  • マンションの住人でなくても駐車場を借りれる場合がある
  • マンション併設駐車場は安く防犯面も安心な場合が多い
  • デメリット

  • 管理会社によっては、マンションの住人しか駐車場を貸してくれない

ザックリとまとめると、こんなイメージです。

この中で駐車場を見つけやすいのは、月極の駐車場ですね。

ただ、特別安い駐車場は見つけにくく、逆に不動産屋やバイク販売店などは、駐車場自体は見つけにくいが格安の駐車場が見つかる可能性があります。

ここまで、探す順番についてまとめましたが、探す順場はその人の考え方で変わります。

あくまで、私の場合は料金が安い駐車場を第一目標で探すので同じように料金を意識する人は参考にしてみて下さい。

また、地域によっても不動産屋の方が安い駐車場もあれば、ネットで探す方が安い駐車場があったりすると思うので「こんな探し方もあるんだなー」と参考にしてもらえればと思います。

次の章から各バイク駐車場の費用と防犯面を徹底的に紹介していきます。


各駐車場の費用

バイク駐車場の探し方が分かった所で、次は各駐車場の費用がどれくらいなのか見ていきましょう。

また費用以外にも、防犯面等の情報も合わせて紹介していきます。

公営の駐車場

公営駐車場

駅前などにある公営駐車場をバイクの駐車場として、利用する事もできます。

ただ、スペース的に詰めて駐車する事が多いので、乗り入れする時にバイクや自転車にぶつかり傷がついたり、いたずらが心配です。

人通りは多いので盗難のリスクは低く屋根もあり、駐車料金も安いので近くにあるのならおすすめです。

費用2,000~3,000円ほど
屋根有り
防犯面普通
注意点125cc以下では駐車できない事もある
125cc以上になると公営駐車場には、駐車できない場合もあります。

理由は125cc以上になると原付ではなく自動二輪になるので、そこを線引きに駐車出来ない場所もあります。

公営駐車場

ただ、上の画像のように125cc以上(自動二輪)でも駐車を認めてくれる公営駐車場もあるので、近くに公営駐車場がある場合は一度確認してみるといいでしょう。

125cc以上は駐車禁止!このような法的な決まりはないので駐車可能か不可かは、駐車場の規模や管理している人の考え方次第です。

パーキング等の屋外駐車場


タイムズや、街中にある時間貸しの駐車場のちょっとしたスペースに併設されている事が多いです。

金属製のU字ポールにチェーンをかけてロックできるので、セキリテーィ面でも安心です。

ただし、駐車料金が安い分屋根がないのがネックといえます。

駐車料金3,000~5,000円
防犯面普通
屋根なし

バイク専用コンテナー

バイク専用コンテナーは個別収納になっているので、鍵付きのシャッターがあるので、防犯面はとても良いです。

その分料金は、それなりにしますが車用の月極駐車場よりも安い場合が多いです。

屋根もあり防犯面も良いので、バイクを大切にしたい人にはおすすめの駐車場になります。

駐車料金7,000~15,000円ほど
防犯面とても良い
屋根あり

バイク専用コンテナ以外も汎用コンテナー(バイク以外の用途にも使える)も、同じ要領でバイクの駐車場として利用できます。

入口に段差があるので、バイク専用コンテナーに比べて少し乗り入れしにくく使い勝手は劣ります。

ただ、汎用コンテナーはバイク専用コンテナーと比べて、料金と防犯面はほとんど変わらないので、自宅近くにバイク専用コンテナーが無い場合はおすすめです。

バイク併設駐車場

バイク併設駐車場

かなり数は少ないですが、バイク屋に併設された駐車場が稀にあります。

実は、セキュリティー面ではかなり安全な場所で、お店の併設されちるので人通りも多く、監視カメラも設置されている事が多いです。

その分料金は、1万円は超える場合が多いですが、安心してバイクを駐車できる場所なのは間違いないです。

駐車料金15,000~18,000円
屋根場所による
防犯面とても良い

車用の月極駐車場

車月極駐車場

車用の月極駐車場を契約して、バイクを停める事もできます。

ただし元々車用なので、料金もそれなりに高いです。

屋根の有無や、セキュリティー面では場所によりますが、監視カメラが設置されている所も多いので比較的安心です。

元々車用の駐車場なので、バイクだとスペースがかなり余るので、個人的にはどうしても駐車場が見つからない時の最後の手段だと思います。

駐車料金8,000~30,000円ほど
屋根場所による
防犯面場所による

まとめ

今回の記事は、バイク駐車場の効率的な探し方から各駐車場の費用や防犯面を紹介してきました。

個人的には、バイクを通勤用として割り切って考えているので、セキュリティー面よりも駐車料金で考えています。

そのため、オススメする駐車場もその人が何を重視しているかで変わります。

防犯面もしっかりして、駐車料金もとなると総合的なバランスの良さで言えば、バイク専用コンテナが一番良さそうですね。

探し方もネットだけで探すと、自宅周辺に駐車場が既に埋まっていてない場合も多いので、散歩がてら近くの駐車場や不動産屋はよく見ておくのがオススメです。

案外ネットに掲載していない駐車場って結構ありますからね。

その上で、とにかく駐車料金は安くしたいという人はまずは不動産屋やバイク販売店、月極めの駐車場と直接行く方が、安い駐車場を見つけやすいです。

簡単にできる方法は多くの人がしているので、駐車場探しは、ネット検索+アナログの自分で探すを組合せるハイブリットが最強です

少々手間ですが、安くて防犯面でも安全な駐車場を探している人は、是非実行してみて下さい。


広告と関連記事

関連記事一覧


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする