住民票の移動と異動 正しいのはどっち?漢字のイメージで簡単に理解!

Pocket

こんにちは!現役アウトドアガイドのAKです。

引っ越しをしたら、必ず住民票の手続きする必要があります。

ただ、ふと疑問に思ったのが、住民票の手続きって移動と異動のどっちが正しいんだろう?

それから住民票についてネットで、調べてみると、住民票の移動と書いているサイトやブログが多かったです。

でも、中には異動と書いている記事もあり「どっちが正解なんだ?こうなったら自分で調べてやる!」そう思い今回の記事を書こうと思いました。

確かに移動と異動、ややこしいし、どっちでもいいと言えばどっちでもいいです(笑)

ただ、私自身が疑問に思ったので、「どっちが正しい漢字なのか?それぞれの詳しい意味をしりたい!」私と同じように思った人も少なからずいるのでは?

私自身もこの記事を書くまで、移動と異動どっちが正しいのか理由まで答えられませんでしたが、意味を知り、言葉の持つイメージを知ればもう間違う事はなくなるので、暇つぶしにどうぞ読んで下さい。



住民票の移動と異動どっちが正解?

どっち

住民票については、移動が正解なんだなとこの時は思ったのですが、いざ手続きの用紙を見ると、住民票異動届と書いていました。

知恵袋やネット上では、住民票には移動という漢字が多かったのですが、市役所のホームページや、用紙に異動が使われていました。

そのため、住民票の異動が正解です。

でも、移動という漢字を使用している人も多いですよね。

住民票の移動ってたしかに不自然ではない気がしますし、それぞれの漢字の意味をもう少し深くみてみましょう。

それぞれの言葉の意味

コツ

それぞれの言葉の意味を調べてみましたが、その前に異動と移動この2つの漢字のイメージは、どういったイメージを持っていますか?

漢字も英語もそうですが、言葉の持つイメージというか、感覚ってきっと皆さん持っていると思います。

私の感覚では、異動はなんというかキッチリとした書類上で使うイメージ、それに対して移動は体を動かすような、動的なイメージを持っています。

おそらく、ほとんどの人が私と同じ感覚だと思いますが、言葉にはそれぞれイメージが必ずあると思うんですよね。

それぞれのイメージを持った上で、次の章を読んでもらえるとより、頭に入ってきそうです。

移動のイメージ

移動

移動の意味

  • ある場所から他の場所へ移ること
  • 次の会場へ移動する。

    移動図書館へ移動する。

上記のような感じで、物理的に動くイメージの漢字ですね。

異動のイメージ

異動

異動の意味

  • 部署などの人事的な概念が動く
  • 人事課から総務課へ異動する。

    人事異動で課長から部長に昇進した。

上記のような場合は異動を使います。

異動については物理的に動くのではなく、手続き的なイメージですね。


住民票は異動を使う

閃き

ここまで、読んで頂いた人はもう移動と異動の違いについては、ばっちりですね。

住民票も物理的に動くのではなく、書類上の手続きで動くので異動という漢字になるのがわかります。

こうやってイメージすると、移動と異動の意味の違いがはっきりわかったのではないでしょうか?

まとめ

今回は、住民票の移動と異動の違いについて書きました。

私自身は漢字の使い方でよく間違いをする方です。

初めと始めの使い方を、よく間違えます(笑)

上の漢字については、また別の機会に説明したいと思いますが、私のような感覚人間は、イメージで覚えるのが一番手っ取り早いです。

中には、理屈で覚える人もいるので、イメージだと逆にわかりにくい人もいるかもしれませんが…

ただ、住民票の異動については、色んなサイト見ても、半分ぐらいの人が移動を使っているイメージです。

ネットで検索している人も正しい漢字である異動よりも、移動と打ちこむ人の方が多いですからね(笑)

正しいのは異動と知りつつも、検索する人の割合で移動の方が多いのであえて、私も住民票についての記事には移動の漢字を使っている記事もあります。

それぐらい、異動は普段からあまり使わない漢字なのでしょうね。

逆に、移動の方は普段からよく使う漢字なので、多くの人が勘違いしたのかもしれませんね。

どっちの漢字でも個人的には、良いと思いますので、今回の記事は、ほんの雑学程度に読んで頂けたらと思います。


広告と関連記事

関連記事一覧


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする