和歌山の川湯温泉日帰り 料金や入浴時の格好は?その他疑問に答えるよ!

Pocket

こんにちは!現役アウトドアガイドのAKです。

今回は、和歌山の川湯温泉について紹介したいと思います。

と言うのも、つい最近嫁と一緒に和歌山へ観光しに行ってきました。

勿論目的は、川湯温泉です!

川湯温泉の近くには、宿泊施設が何ケ所かあるのですが、私達は泊まりたい宿があったので、田辺市の方に宿泊しました。

田辺の旅館に宿泊後次の日に、川湯温泉に行ったので日帰りで行った形になります。

川湯温泉は、想像通りの素敵な場所でした。

ただ、川湯温泉に行く前に事前情報として「混浴なのか?水着は着用?更衣室や雰囲気、駐車場はどこにあるの?」

と、気になる情報がピンポイントでわかるサイトがあまりなく、公式サイトを見てもこれら私が気になった情報が全ては出てきませんでした。

そのため、知恵袋やインスタ等を使って自分で色々調べました。

特に、「温泉に水着着用で入る人と、男なら水着とか情けないでしょ!温泉なら裸に決まっている!」この2つの意見があり、どっちが正解なの?

そう思っていました。ただ、「混浴だし女性もいるのを考えると裸ってのもどうなんだ?ましてや嫁も温泉に入るしな~」

ここの疑問は、調べても中々すっきり解決しませんでした。

そのため今回の記事では、川湯温泉に行く際、私が疑問に思った水着の件や、更衣室と駐車場等の温泉に行く方なら、気になる情報を書いて行きたいと思います。

その他、入浴料金や時間、また実際に川湯温泉に行ってみて「コレは持っていった方が便利」と感じる物もあったので、その辺りも紹介していきます。



和歌山の川湯温泉

まず、和歌山の川湯温泉に行った事がない方は、どんな雰囲気なのか知りたいですよね。

そこで、どんな感じの雰囲気かわかるように画像を貼っています。

この画像の温泉が、川湯温泉の仙人風呂になります。

冬季(2018年12月22~2019年2月末日まで)は大露天風呂の仙人風呂に入る事ができます。

川湯温泉は、川底から湧いている73℃の源泉に大塔川の清流を引き入れて、40℃前後の温泉に調整します。

また川湯温泉は、川底をスコップで掘ると、温泉が湧き出るので、自分好みの温泉に入る事ができるのも大きな特徴です。

ただ、冬季(仙人風呂)の期間は、個人で掘る場所がなくなるので、仙人風呂しか入れません。

私達が行ったのは、1月だったので、仙人風呂のみの入浴でした。

仙人風呂

お湯の温度は、ぬるい場所と熱い場所があり、仙人風呂と書かれた場所は浸かれないぐらい熱いです。

大きさは50mプールほどで、深さは50㎝ぐらいで、お湯の温度も熱い場所とそうでない場所があります。

そのため、子供もたくさん入っており、大人から子供まで楽しめる感じでしたよ。

ちなみに、仙人風呂の2019年の期間やイベント、または温泉の効果効能などに、興味がある方は下の記事をどうぞ!

川湯温泉仙人風呂に行ってきたよ!2019年の期間や感想を書くよ!

日帰りで川湯温泉

どんな雰囲気か、わかって頂けたと思います。

川湯温泉の近くには、宿泊施設があるので、泊まりで来る事もでき、旅館の温泉と露天の川湯温泉(仙人風呂)をどちらも楽しめます。

勿論私のように、日帰りで川湯温泉に行くこともできます。

私が行った時は、殆どの方が日帰りで温泉を楽しみに来ている方でした。

ちなみに、川湯温泉(仙人風呂)は体を洗ったりできず、入浴のみです。

また、おそらくですが、地元の方が多く、入り慣れている(更衣室や、仙人風呂の場所等)知っている感じでした。

私は、初めてだったので、「どんな格好で入浴するの?更衣室や脱衣所の場所はどこ?」

嫁と2人で周りをキョロキョロして、勝手がわかりませんでした。

なので、次の章では基本的な情報と更衣室や駐車場を説明します。

また、入浴時の格好や持っていくと便利な物等、私が実際行く前に知りたかった情報を紹介していきます。

入浴料金と入浴時間

まず、川湯温泉は全ての人が無料で入浴できます。

川湯温泉基本情報

入浴料無料
期間12月1日~2月末日迄
入浴可能時間6時半~22時(22時に施錠します)

日帰り宿泊どちらの場合も、料金を気にせず入れるのは魅力ですね。

また、開放している時間も長いので、朝早くから夜遅くまで利用できるのも魅力です。

駐車場

川湯温泉のすぐ近くには、無料の駐車場があり、無料で利用できます。

川湯温泉駐車場

pが駐車場

仙人風呂から徒歩5分以内の位置にあります。

川湯温泉駐車場

30台ほど止める事ができます

また1つめの駐車のすぐ横にも、河原の駐車場があります。

川湯温泉駐車場

2つの駐車場はすぐ隣にあります。

こちらも30台以上は駐車できそうでした。

ただ、私が行った3連休中日の2時ぐらいには、ほぼ満車で、3時以降は駐車できない車が、何台もあり、出て行く車と交代で駐車していました。

3連休の中日なので、普段よりも多くの人が来ていたと思いますが、昼過ぎ2時以降からは混む可能性が高いと思います。

駐車場について、観光協会の方に聞くと「休みの日でも、どちらも満車になる事は少ない、河原の方は砂利なので、比較的空いている」と言っていました。

私が行った時は、3連休の中日という事もあり、特に混んでいたのかもしれません。

駐車場に関しては、そこまで、心配てなくても大丈夫そうです。

入浴時どんな格好?

川湯温泉の仙人風呂を入浴する際の格好について、私も気になったので観光協会に電話で聞いてみました。

答えは「公共の場なので、体を隠せる水着やタオルで入って下さい」との事でした。

そのため、水着を着て入浴するのベストです。

実際に、私が行った時は全員水着を着て入っていましたしね。

ただ、格好はバラバラで女性はビキニ、もしくはその上にラッシュガードを着ていたり、男性は海パンや、中にはふんどしで入っている漢もいました(笑)

知恵袋を拝見すると、温泉愛が強い方は「水着着用なんてありえない!男らしくない!」と言った意見もありました。

逆に「水着で入るのが普通だ!」という方もいるので、結構意見がバラバラで私も始めは迷いました。

ただ、観光協会が水着やタオルと言っているので、それらを着て入浴するのが、間違いないでしょう

更衣室

更衣室は、河原ではない方の駐車場内にあり、こちらも無料です。

更衣室

中はトイレとセットになっています。

ただ、更衣室はあまり広くないので、4~5人が一緒に着替えれる広さです。

一応更衣室外の直ぐ近くには、水道があるので、足を洗ったりできます。

更衣室

私が行った時は、殆どの人がマイカーの中で着替えていました。

更衣室がさほど広くはないのと、荷物を預ける場所(ロッカー)がないので、車で皆さん着替えと荷物管理をしていました。


その他あったら便利な物

その他、私が実際に行ってみて感じた、あったら便利な物を紹介していきます。

あったら便利な物は、サンダルorクロッククス

ギョサン

それと、大きめのタオルがあると着替えるとき便利ですね。

タオル

サンダルクロックスは、なぜかと説明すると、着替える場所は車の中か更衣室になるかと思いますが、いずれも、仙人風呂まで徒歩3分ぐらいの距離です。

この区間私は、靴を履いてもよかったのですが、履かず裸足で着替えてから温泉に行きました。

仙人風呂までの区間、砂利が多い道を歩くので、寒い&足に岩が刺さり痛いので後悔しました。

靴を履いて温泉まで行けばよかったのですが、仙人風呂の近くに脱衣所やロッカーがないので、私物を置きたくないので裸足で行きました。

仙人風呂には脱衣所やロッカーがない。
畳のような所に荷物を皆置いていました

盗まれる事は、あまりないでしょが、お気に入りの靴だったので慎重になりました。

私のような理由で、私物をロッカーや脱衣所がない場所に持っていきたくない人は、是非サンダルや、クロックスがあると、足も痛くなく、冷たい思いもしません。

最悪、安物のサンダルやクロックスなら、盗られても諦めが付きますからね。

また、シャンプーやボディーソープは必要なのか疑問に思うかもしれませんが、初めに説明したように、体を洗う事はできない(入浴のみ)なので、必要ないです。

その他、タオルは、温泉で濡れますし、水着は基本着用なので、持ってくるべきですね。

ラッシュガードは、女性で「ビキニや水着だけぢゃ嫌かも」と思うなら持ってくるべきでしょう。

ちなみに、私は車を持っていないので旅行や遊びに行く際はカーシェアリングを利用する事が多いです。

10分単位から借りる事ができお店に行く手間もないので、ちょい乗りから旅行まで幅広く利用しています。

また、困った事があれば24時間サポート付きなので安心できます。

carecoカーシェアリングはアプリもあるので、とりあえずインストールしておくとレンタカーを探す手間が省けますよ。

※下記の広告をクリックすると直接carecoの申し込みページに飛べます。

カレコ 新バナー

まとめ

今回は、和歌山の川湯温泉に日帰りについて、入浴料金や駐車場、その他更衣室等について紹介してきました。

全国でも、すぐ川の近くに温泉があり、更には自分で温泉を掘ってマイ風呂に(冬季は仙人風呂があるので、掘るスペースがない)できる。

そんな温泉は大変珍しいです。

実際に行ってみて、仙人風呂のすぐ隣は、大塔川が流れており、今までに味わった事がない温泉でした。

また、無料で駐車場や、更衣室が利用できるのは、ありがたい限りです。

他にも、仙人風呂の期間限定で、毎週土曜日は湯けむり灯篭というイベントも開催されており、次回は是非このイベントにも参加したいと思っています。

また暗い時の、仙人風呂から見える星空は大変綺麗と聞いています。

私が行ったのがお昼だったのですが、イベントや時間帯等、川湯温泉をまだまだ楽しめそうです。

冬季限定の川湯温泉(仙人風呂)を皆さんも、是非楽しんでみてはいかがでしょうか。


広告と関連記事

関連記事一覧


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする