ひらかたパークの割引入園料の全て!GoGoチケットその他を徹底紹介

Pocket

こんにちは!現役アウトドアガイドのAKです。

関西人なら誰でも知っているひらかたパーク、2018年のクリスマスにイルミネーションを嫁と見に行って以来、私もすっかりお気に入りの遊園地になりました。

日本の遊園地では、最古の遊園地でもあり、年間の来園者数120万人を超えるテーマパークです。

それでいて料金もリーズナブルですし、家族連れの方はもちろん、恋人とデートするのにもオススメの場所です。

今回は、通常でも安いひらパーの入園料を更に安く、お得に行ける方法を徹底紹介したいと思います。

ひらパーの割引方法は多々ありますが、どの方法が、どれくらい安くお得になるのか調べてみたので、是非見て下さいね。



ひらかたパーク 割引で入園料を安くする方法

ひらパー

さて、ひらかたパークの入園料を安くする方法ですが、条件によって一番お得な方法は異なります。

そこで、次はこの記事の肝である一番お得に行ける方法を紹介して行こうと思います。

ただ、紹介する順番として割引率が高い(お得度は高いが限定的>お得度は低いが誰でもできる)物から順に紹介していきます。

ひらパーGoGoチケットが料金面で一番お得!

ひらパGoGoチケット

料金面で考えると、一番お得なのは、ひらパーGoGoチケットの一択になります。

電車代と、ひらパーの入園料がセットで安くなりお得になります。

ただ、ひらぱーGoGoチケットは対象の条件が決まっているので、全員がお得に行ける訳ではないのがデメリットです。

ひらぱーGoGoチケットでお得に行ける対象の方は、下に記載している沿線を利用する方です。

前提としてひらぱーへのアクセスに電車とバスを利用する方

GoGoチケット情報

京阪線の方

■料金:大人1,400円 小児800円
■有効区間:京阪電車~京阪線全線
■発売場所:京阪線各駅※大津線各駅・男山ケーブルを除く。※係員配置時間内に発売。

大津線の方

■料金:大人1,900円 小児950円
■有効区間:大津線全線・三条駅⇔ひらかた公園駅(往復)
    :京都市営地下鉄・御陵駅〜三条京阪駅
■発売場所:京阪山科(北口で発売しています)・びわ湖浜大津・京阪膳所・京阪石山・京阪大津京・坂本比叡山口

大阪地下鉄の方

■料金:大人1.750円 小児900円
■有効区間:大阪メトロ全線・全路線(IKEA鶴浜行バス及びユニバーサル・スタジオ・ジャパン行バスを除く)・京阪電車(守口市駅~枚方公園駅)・淀屋橋駅~守口市駅と中之島線各駅
■発売場所:Osaka Metro全駅駅長室・Osaka Metro駅構内定期券発売所

北大阪急行の方

■料金:大人1,850円 小児950円
■有効区間:北急と大阪地下鉄全線と京阪電車(守口市駅~枚方公園駅)・(淀屋橋駅~守口市駅、中之島線)
■発売場所:千里中央駅・桃山台駅・緑地公園駅

大阪モノレールの方

■料金:大人1,800円 小児950円
■有効区間:大阪モノレール全線・京阪電車(門真市駅~枚方公園駅)
■発売場所:大阪モノレール各駅の改札窓口

京都市交通局の方

■料金:大人1,800円 小児900円
■有効区間:市 営 地 下 鉄:全線(乗り降り自由)・京 阪 電 車 (三条駅⇔枚方公園駅)
■発売場所:・市バス・地下鉄案内所(太秦天神川駅,京都駅前,コトチカ京都,北大路駅,烏丸御池駅)・定期券発売所(四条駅,三条京阪駅,山科駅,竹田駅,六地蔵駅,二条駅)

叡山電車の方

■料金:大人1,700円 小児900円
■有効区間:叡山電車全線・京阪電車(出町柳~枚方公園 )
■発売場所:出町柳駅、修学院駅事務所

発売日は2019年の3月3日までの発売です。

発売日は現時点の情報です。3月以降のGoGoチケットの発売日の情報公式サイトで随時ご確認下さい。

注意点として、ひらパーGoGoチケットは購入日の当日のみ有効です。

GoGoチケットは、電車代の往復とパークの入園料が込みの値段なので、電車でひらパーに行く方はかなりお得です。

中でも、京阪線のみでひらかたパークに行ける方は実質、電車代が無料で行くことができます。

ここまで見て、ひらパーGoGoチケットが大変お得なのが、わかったと思います。

ただ、私自身ひらパーGoGoチケットに対して疑問に思った事があります。

例えば、対象路線を使用するけど、乗り継ぎや乗り換えで利用する場合はどうなるのでしょうか?

その場合も次の章で見て行きましょう。

GoGoチケット 乗り換え乗り継ぎの場合でも利用できる?

例えば、GoGoチケットの対象路線を使うが、途中他の路線を使用する場合です。

その場合は、GoGoチケットは利用(購入)&お得になるのか、考えてみたいと思います。

例として考える駅は、どこでもいいですが今回は、JR~京阪に乗り換えるパターンでも利用できるのか聞いてみました。

結果から言うと利用(購入)できます。

例えば、JR大阪駅~京阪電車に乗り換える場合でもひらパーGoGoチケットを購入でき、利用可能です。

購入できるのはわかったので、次はお得になるのかどうかを考えて行きます。

(例)JR~京阪と乗り換えする場合でもGoGoチケットはお得?

では、先ほどの続きでJR大阪駅~京阪電車の乗り替えの場合で考えて行きます。

ひらかたパークの最寄駅は、ひらかた公園駅なので、大阪駅~ひらかた公園駅までの料金で考えます。

京橋まで行く電車賃(160円)京阪電車の京橋駅でチケひらパーGoGoチケットを購入する。

京阪電車の京橋~ひらかた公園駅までの電車賃は無料(往復)

    ひらパーGoGoチケットを購入した場合

  • 160円+ひらパーGoGoチケット1400円の合計1560円で交通費込みで入園できます。
    逆に、ひらパーGoGoチケットを購入しない場合

  • JR大阪駅~京阪の枚方公園駅まで490円必要です。(往復の場合980円)
  • 電車賃490円+パーク入園料1400円なので、合計すると1890円の料金になります。

ひらパーGoGoチケットを購入した場合と購入しない場合の比較

GoGoチケットを購入1560-1890=330となり往復の電車賃も入れると660円もGoGoチケットを購入した方が、お得なのがわかります。

今回の検証結果を見ると、ひらパーGoGoチケット対象の駅を利用するなら購入した方が、絶対お得なのがわかりますね。

ひらパーGoGoチケットの特典

ひらパーGoGoチケットの対象路線の方は、GoGoチケットを利用すると、お得になるのはわかりましたね。

電車代が安くなるだけでもありがたいですが、ひらパーGoGoチケットはフリーパスの料金も安くなります。

    料金

  • 通常フリーパス
  • 大人.小学生のみ 3000円

  • ひらパーGoGoチケット特典
  • 大人.小学生のみ 2700円

  • 2歳~未就学生児のフリーパスは対象外

GoGoチケットを持っていると、フリーパスを300円割引で購入できます。

一つ気を付けて欲しいのは、上記金額はフリーパスのみの料金です。入園料は別途必要です。

ひらパーGoGoチケットについて、だいぶ書いてしまいました(笑)

料金の面で考えるとひらパーGoGoチケットが一番お得なのがわかって頂けたと思います。

ただ、電車やバスを利用する方でかつ対象の路線と条件が限定されるのが難点ですよね。

そこで、車でひらパーに行く方や、その他のお得な割引チケット等も後ほど紹介していきます。

先に、ひらかたパークの基本の入園料と駐車場の情報を紹介してきます。


ひらかたパークの料金

ひらかたパーク

では、早速ひらかたパークの基本料金を見て行きましょう。

入園+フリーパス入園フリーパスのみ
(入園料金が別途必要)
おとな(中学生以上)4,400円1,400円3000円
小学生3,800円800円1800円
2歳時(未就学児)2,600円

入園だけなら、大人1400円で可能ですが、アトラクションは、別途料金が必要になります。

ひらかたパークには約40種類のアトラクションがあり、料金はそれぞれ違います。

アトラクションの料金は700円~300円とそこまで高くはないですが、一日思いっきり楽しみたいならフリーパスは必須だと思います。

また、車でお越しの方は駐車場の料金も気になる所ですよね。

下に駐車場の料金表を記載しています。

営業時間収容台数
北駐車場9:30~1700
80台
東・南駐車場9:30~17001,220台

普通車なら1日1500円なので、まあ高くもなく、安くもなくといった印象です。

また、駐車場は東と南の2ケ所あり、1300台の車が止める事が可能です。

クリスマスでも空きはあったので、GWお盆等の特別な日以外は、週末でもそうそう満車にはならないと思います。

※追記:ひらかたパーク周辺の安くて近い!条件の良い駐車場を実際に調査してきました。

ひらかたパーク駐車場で安くて近い!おすすめできる所を徹底紹介!

ひらかたパークに行く方は是非参考にして下さい。

以上が、ひらかたパークの基本の入園料と、駐車場の情報です。

では、車の方も適用できる割引方法や、GoGoチケット以外(その他)の割引情報を紹介していきましょう!

とっ言いたい所なのですが、車の方のみを対象にした割引方法は、残念ながらないようです。

また、調べていると過去には割引できた方法も、現在では終了したサービスも多々あるので、先に次の章で紹介しときます。

ひらかたパークの割引方法(終了したサービス)

2018年までは、デイリーPlusやJAF会員の方は20%割引等のサービスがありましたが、残念ながら2019年1月現在はこれらのサービスは終了しています。

また、古いサイトにはJTBやコンビニの割引チケットの情報が記載されていますが、これらチケットも現在は、サービスを終了しています。

ただ、JTBとコンビニは現在も、ひらパーの前売りチケットは購入(割引はしていない)できるので、当日並ばずに入園できるメリットはあります。

そのため、これから紹介するのは、現在(2019年1月)でも適用できる割引方法を紹介します。

ふぅ~ちょっと引っ張ってしまい申し訳ありません((+_+))

こういう割引サービスは結構頻繁に変わるので注意が必要ですね。

では、お待たせしました!

次の章では、車で行く方や、ひらパーGoGoチケット対象外の方でも、割引できる方法を徹底的に調べました。

株主優待券なら入園料無料!

ひらパーの株主優待券を持っている人は、入園料が無料です。

どこで、入手できるのかというと、1番簡単なのは、ヤフオクで購入するのが手っ取り早いです。

私が調べた時は、1番安い出品者で300円でした。(入園券3枚+ウインターカーニバル)

ひらパー株主優待券

オークションなので、値段は上がる可能性がありますが、安く落札できればかなりお得ですよね。

カードでお得!PiTaPa、ICOCA、SMARTICOCAを利用

ICOCA

PiTaPa、ICOCA、SMARTICOCAの3つのカードはそれぞれ、カードで入園料を決済すると入園料のみ2割引になります。

カード決済で2割引、提示だけでは割引できません。

よく、古いサイト等では提示だけで割引と書かれたりしているので、注意してください。

これら3つのカードを利用する事で以下の料金で入園できます。

  • 大人1400→1120円
  • 小学生と2歳~未就学児800円→640円

大人280円、小学生と2歳~未就学児160円の割引額になります。

また、一部店舗では、園内飲食やお買い物時にカード決済して頂くと、ポイントが付くので更にお得になります。

注意点として、入園時の割引は本人含む5人までしか2割引にならないので気を付けて下さい。

提示でお得!e-kenetと朝日友の会

京阪カードのe-kenetとあまり知られていませんが、朝日友の会を提示して頂いても入園料が2割引になります。

e-kenetは、京阪沿線を利用する人は持っている人が多いので、やっぱり京阪沿線の人はお得になりやすいですね。

朝日友の会は、年会費1680円で入会できます。

注意点としては、PiTaPaやICOCAと同じように、本人含む5人までしか2割引が適用されない点です。

年間パスパート

年間4回以上ひらかたパークに遊びに来られる方は、年間パスポートがお得になります。

入園+フリーパスの料金

対象料金
大人(中学生以上)17,000円
小学生14,000円
2歳~未就学児9,000円

下に比較してみますね。

  • 年パスなしで4回利用(大人)17600円
  • 年パスを4回利用(大人)17000円

大人の場合4回目から600円お得になり、小学生なら1200円お得です。

更に年間パスポートの特典として、プールとウインター割引クーポンが6枚貰えます。

1枚につき大人200円、子供100円の割引クーポンになります。

また、入園割引クーポン(2割引)が4枚貰えます。

金券ショップでお得!

それ以外には、金券ショップでひらパーの格安チケットを販売しています。

価格は変動するので、この価格で購入できる!と断言はできませんが、私が調べた時は500円の割引価格でした。

なので、だいたい500前後の割引と考えてもらえたらいいと思います。

私が調べた時は、通常入園料1400円→金券ショップ900円でした。

金券ショップはオンラインでも購入できます。

ひらぱー格安チケットはこちら

まとめ

今回はひらかたパークを一番お得にする方法を基本に、その他の方法も合わせて紹介しました。

正直私もこの記事を書くまで、ICOCAやPiTaPaで割引できるなんて知りませんでした。

またひらパーGoGoチケットも今回初めて知ったぐらいです。

ひらぱーGoGoチケットは確かにお得ですが、条件が限られているので、利用できない方も多いですよね。

途中で説明しましたが、去年2018年の6月までは車の方はデイリーPlusというYhooのサービスがひらパーでも利用できお得だったのですが、そのサービスは現在終了しています。

なので、2019年1月現在は車の方で割引するなら、PiTaPaやICOCA等のカードを利用する。

他には株主優待券をヤフオクで落札もしくは、金券ショップでチケットを購入する等の方法があります。

もちろん上記の割引方法は電車の方でも利用できます。

ひらパーには様々なお得なサービスがありますが、対象期間があるので、行く前はその都度割引サービスについて調べる事を勧めます。

また、去年まで、サービスをしていたが今年になり終了するサービス(デイリーPlus)もあるので、公式サイトで調べたり、直接電話をして確認してくださいね。

私自身も、去年のイルミネーションが想像以上に良かったので、もう一度ひらパーに嫁と行ってきます。

その際は、この記事で書いたお得なチケットやカードを駆使して、お得に楽しんできます。


広告と関連記事

関連記事一覧


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする