同棲 賃貸の初期費用を安くするには?私の例からコツを紹介するよ!

Pocket

こんにちは!現役アウトドアガイドのAKです。

今回は、同棲に必要な費用でまず、最初にかかる賃貸の費用について書いて行きます。

これから同棲を考えているカップルの場合同棲するためには、住む家が必要です。

多くのカップルは、賃貸を借りる場合がほとんどだと思うのですが、この賃貸にかかる初期費用は意外とお金がかかります。

↓記事は、同棲にかかる初期費用(全部の費用)の安くするコツを書いたまとめ記事です。
同棲の初期費用を安くするコツまとめ!これを読めば節約できる!

私の場合も同棲をする為に賃貸を借りたのですが、なんとなく不動産に行って見積もりしてもらった時に金額の大きさに驚いてしまった経験があります。

それから、賃貸の費用をどうしたら抑える事ができるのか色々調べました。その結果かなり費用を抑える事ができました。今回は、そのポイントを紹介したいと思います。



同棲したい!賃貸に必要な費用(目安)

同棲
まず、同棲するカップルが賃貸を借りる場合どのくらいの費用が必要なのでしょうか?

私が賃貸を相談した時に、実際にあった物件の例で紹介します。

あくまで賃貸のみの費用です。

初期費用内約費用目安
家賃100,000円
敷金(家賃の1カ月分)100,000円
礼金(家賃の1カ月分)100,000円
仲介手数料(家賃の1カ月分)+税100,000円
前家賃(家賃の1~2カ月分)150,000円
鍵交換費用20,000円
火災保険料20,000円
共益費4,000円
合計594,000円

住む場所や、間取り等、条件は人によってバラバラなのであくまで目安にしてください。

この表を見ると約60万円近く必要なのがわかります。

私がお世話になった不動産の人曰く、一般的に、賃貸の初期費用は家賃の5~6カ月分必要と言っていたのが印象的です。

また家賃が上がればその分、初期費用も上がるとの事なので、極端な話「初期費用を安くするなら、家賃が安い物件を選ぶのが手っ取り早い」とも話していました。

家賃が安いのに越した事はないですが、駅から遠いとか不便なのも嫌ですよね?

そのため、どうすれば初期費用を安くでき、自分の条件に合ったな賃貸を見つけられるのか?そこの所も随時紹介していきますね。

そこで次は、私が同棲で賃貸を借りた時にかかった費用を見ていきましょう。

賃貸にかかった費用(私の場合)

同棲する際に賃貸を借りたので、参考にして下さい。

内約費用
家賃180,000円(2カ月分)
敷金、礼金0円
仲介手数料0円
鍵交換15,000円
入居サポート(初回のみ)15,000円
合計210,000円

この金額が賃貸を借りる時に、実際かかった費用です。

結構安いでしょ?私は彼女と大阪で賃貸を借りたのですが、私の地元(姫路)に比べるとやっぱり家賃は高いです。

私が借りた賃貸は築1988年で間取りは、3LDkのアパートです。

最寄駅まで徒歩10分といった所で、駅から近くて、治安が良い地域をベースに選びました。

築年数は古いですがリフォームしているので、中は普通に綺麗でしたよ。

こんな感じでの賃貸ですが、現状結構満足しています。

それで、私達の初期費用を見てもらえるとわかるのですが、敷金礼金そして仲介手数料がかかっていません。

ここが初期費用を安くできたポイントです。

そこで、安くできる可能生がある費用を見てみましょう。

費用を抑えれる可能性のある物

賃貸節約
賃貸の初期費用を安くできる可能性のある物ですが、まず最初に浮かぶのは、敷金礼金ですよね。

ただ、それ以外にも最近は仲介手数料が無料の不動産屋もあったりします。

更にフリーレントという物件もあり、家賃が最初の1~3か月ほど無料の物件等あります。

ただ、こういった物件はそもそも数が少なかったりするので、自分の条件に合った物件がない場合もあります。

そこで、基本的に初期費用で必要な敷金礼金、仲介手数料を抑える方法を今回紹介していきます。


敷金

費用節約
敷金が必要な物件と、そうでない物件があります。

敷金は何に使われるかと言うと、賃貸を退出時に部屋が汚れていたり、壁を壊した場合に敷金からクリーニングや修理代として当てます。

敷金を入居時支払っていない場合は、何か壊したり汚した場合に、別途修理代が退出時請求されます。

また、退出時に問題がなければ、仮に入居時に敷金を支払っていても返金されます。

そのため初期費用としては、敷金があると高くなりますが、問題なければ後で返金されるので、まだ納得できますよね。

一般的に敷金は家賃の1~2カ月分が相場と不動産の人が言っていました。

で、この敷金ですが、値下げ交渉が一応できるようです。

ただ、基本的には敷金は最初に説明した保険的な意味合いを兼ねているので、大家さんもあまり値下げしてくれない事が多いようです。

ですが、敷金が0円の物件も探せばあるので、値下げ交渉よりも敷金が0円の物件を探す方が良いと思います。

また、敷金が0円だからと言って悪い物件とかではないので安心してください。

礼金

礼金
礼金も敷金と同様に初期費用がかかる項目です。

礼金はその名の通り大家さんに、(物件を貸してくれてありがとう)の言わばお礼のような物です。

そのため、大家さんとの交渉次第では、敷金に比べると、値切りの交渉をしやすいです。

そもそも、敷金とは違い、礼金は支払っても返金されないので、初期費用が高くなる要因の一つです。賃貸を契約すると人からすると、礼金がない方が良いに決まってます。

初期費用を抑えたい方は、礼金のかからない物件を選びましょう!また礼金が必要でも交渉してみると安くしてくれる可能性はあるので、話す価値はあると思います。

礼金も敷金と同様に、家賃の1~2か月分が相場と言われています。

仲介手数料

仲介手数料
個人が、賃貸を契約する時は基本的に不動産に、物件を紹介してもらいます。

その時に、不動産に支払うお金が仲介手数料になります。(不動産もタダで働いている訳ではないので)

この仲介手数料は基本的に値切り等はできないので、ここは費用がかると割り切りましょう。

仲介手数料の相場は家賃の1か月分と言われています。ただ、仲介手数料が不動産によっては、半額の不動産もあるので、費用を抑える為に調べてみるのも良いでしょう。

えっ私の場合ですか?そうですよね!私の賃貸の初期費用ですが、敷金礼金と仲介手数料が0円ですよね。

これに訳があるので次の章で説明します。

敷金礼金と仲介手数料をタダにする方法

安くする
初期費用を上げる3大要素ですが、一体どうやってタダにするのか説明します。

特に裏技とかではないのですが、敷金礼金は説明した通り0円の物件を探しました。

数は少なくなりますが、探せばどちらもタダの物件は見つかると思います。

そして、仲介手数料は私の先輩の友人が不動産をしているので、そこでお世話になりました。

そのため、普通は必要な仲介手数料をタダにしてくれたので全て0円で行けました。

なので、特別な事は一切していません。ただ、先輩が不動産で働いている友人がいたおでラッキーでした。

もし、友人や知人が不動産で働いていた場合は、相談してみると普通に物件を借りるよりもお得だったりします。

それ以外にも細かく、条件を相談できるので、自分達の費用やここだけは譲れない拘りを踏まえて、ベストな物件を探してくれるのでオススメですよ!


初期費用を抑えるコツまとめ

コツ

  • 敷金を抑える方法
  • 敷金は値下げ交渉はしにくいので、敷金が0の物件を探す。もしくは、仮にかかっても退出時に返ってくるので保険代わりで考えるとデメリットではない。

  • 礼金を抑える方法
  •     礼金は値下げ交渉しやすいので、大家さんに相談してみるのもアリ。もしくは、初めから0円の物件を探す。

  • 仲介手数料
  • 値下げ交渉はできないので、友人に不動産がいれば相談してみるのが、ベスト!もしくは、仲介手数料が半額の業者で物件を探す。

こうしてみると、3大要素を抑える事が賃貸の初期費用を安くするコツだと言うのがわかりますね。

この3つを抑えたからといって酷い物件しかない、という事はないので安心してくださいね。

ただ、駅から凄く近くて、セキュリティーも完璧といった物件は敷金礼金が必要な場合も多いです。

そういった物件は人気なので、大家さんも強気の値段にする事が多いです。強気の値段で敷金礼金を設定しすぎて人が、入らなければ価格を落としてきます。

最初は強気で、敷金礼金だけで数十万円とっていた物件が、月日が経つと礼金が0円になっていたりします。

こんな感じで、敷金礼金は大家さん次第の所があるので、0円だからダメではないという事です。

まとめ

カップル
今回の説明した内容は、私の賃貸を契約した時の体験+不動産で務めている先輩の友人の言葉です。

私の場合は、たまたま先輩の友人が不動産でラッキーでした。

ただ、皆が不動産の知り合いがいる訳ではないので、敷金礼金と仲介手数料の全てが0円になるのは中々難しいと思います。

ですが、敷金礼金は探せば0円物件もたくさんあるので、自分達にあった条件で探してみてください。

安く賃貸を探すコツですが、賃貸に全部を求めていては、中々見つかりません。

やはり、費用を安くしようと思えばある程度の妥協はしなければ厳しいです。ポイントは、ここだけは譲れないというのに絞る方が良いです。

私達の例で説明すると、敷金礼金0円で家賃9万円以内で駅近く(徒歩15以内)の治安が良いところを条件にしました。

こうやって自分の中で、条件を決めて物件を探す方が見つかります。初期費用を浮かして、アレもコレもと求めると中々見つかりません。

所詮は賃貸ですから、マイハウスを購入した時に自分達が求める家にしようと、彼女と話しています。こんな感じで少し緩く?賃貸を探している方は頑張ってみて下さい。


広告と関連記事

関連記事一覧


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする