同棲賃貸の初期費用を安くするコツを実例で解説|プロから学べる動画有り

賃貸初期費用同棲/結婚
悩み人
悩み人

同棲の賃貸物件を安くしたい。
普通に賃貸契約すると50万円とかかって困っている。
どうすれば安くなるのか知りたい。

こんな疑問に答えます。

結論から言うと、家賃がなるべく低い賃貸を済めば安くできます。

とはいえ、そんなの皆もわかっていますよね。

そこで、この記事では私の実例から同棲の賃貸初期費用を抑えるコツを紹介。

本記事を読めば、同棲における賃貸費用をグッと抑えることが、可能です。

AK
Aki

僕は同棲から結婚まで、一通り経験したので割と参考になるはず。

この記事の結論
  • 家賃を抑える
  • 敷金礼金が安い所を選ぶ
  • 知り合いの不動産屋or便利なサービスを活用する

筆者は、上記の3つを意識して21万円まで抑えることができました。
同棲するための費用も、一般的な相場よりも格安にできています。
詳しくは、【100万円が普通?】同棲の初期費用35万円に抑えた方法まとめをどうぞ。

下記の動画では不動産屋が敷金礼金などの費用を抑える具体的なテクニックを紹介。
既に賃貸物件に住んでいる人も役立つ内容なので、参考にどうぞ。

スポンサーリンク

同棲で賃貸に必要な初期費用(目安)

同棲

初期費用内約費用目安
家賃100,000円
敷金(家賃の1カ月分)100,000円
礼金(家賃の1カ月分)100,000円
仲介手数料(家賃の1カ月分)+税100,000円
前家賃(家賃の1~2カ月分)150,000円
鍵交換費用20,000円
火災保険料20,000円
共益費4,000円
合計594,000円

上記は、私が賃貸を相談した時に、実際に提示された物件です。

不動産屋曰く、これぐらいが同棲における賃貸の相場とのこと。

AK
Aki

結構高いですね。
本当にこんなにするもんなんですか?

派遣会社スタッフ
不動産屋

一般的に、賃貸の初期費用は家賃の5~6カ月分必要です。

こんな風に言われたのを覚えています。

なので、家賃10万円の物件を借りた場合賃貸だけで60万円近くします。

一般的に敷金礼金は家賃の1ヶ月分、仲介手数料は家賃の1.5ヶ月分。

こういった相場感なので、家賃を下げれば、単純に初期費用も下がるという結論になります。

とはいえ、賃貸だけで60万円もかかっていては、同棲のハードルが高すぎるので、安くする方法を紹介。

同棲における賃貸にかかった費用(私の場合)

内約費用
家賃180,000円(2カ月分)
敷金、礼金0円
仲介手数料0円
鍵交換15,000円
入居サポート(初回のみ)15,000円
合計210,000円

上記は、私が実際に同棲するために借りた賃貸物件の初期費用。

全て込みで210,000円で済んでいるので、かなり安いです。

  • 築1988年で間取りは、3LDk
  • 最寄駅まで徒歩10分、スーパー2分
  • リフォーム済みなので中は普通にキレイ

こんな感じでの賃貸です。

地域は、京都寄りの大阪で家賃は9万円と高いですが、初期費用は激安でした。

理由は、敷金礼金そして仲介手数料がかかっていないから。

ここから費用を抑えられる可能性のあるものを紹介します。

スポンサーリンク

同棲の賃貸初期費用を抑えれる可能性のある物3つ

賃貸節約

  • 敷金礼金
  • 仲介手数料
  • 火災保険

上記の3つは、抑えられる可能性があります。

順に解説します。

敷金

費用節約

敷金とは
  • 部屋を返す時に必要な預り金
  • 退出時に部屋の清掃や修理に充てられる
  • 一般的に敷金は家賃の1~2カ月分が相場

退出時に問題がなければ、敷金は返金されます。

初期費用としては、敷金があると高くなりますが、問題なければ後で返金されるので、お金。

で、この敷金は一応値下げ交渉ができるみたいです。

とはいえ、基本的には敷金は最初に説明した保険的な意味合いを兼ねており、大家さんもあまり値下げしてくれない傾向。

なので、交渉するぐらいなら、はじめから敷金0円の物件を探すべき。

礼金

礼金とは?
  • オーナーに対してのお礼の金
  • 礼金は退去時も返金されない
  • 礼金は家賃の1~2か月分が相場

日本の不動産業界にある謎制度。

借りる側からするとなんのメリットもない無用なお金です。

ぶっちゃけ、支払うだけ無駄と思っているので、交渉して安くしてもらうか0にしてもらいましょう。

礼金は敷金よりも交渉に応じてくれやすいので、交渉する価値はあります。

賃貸の初期費用を抑えるなら、礼金にお金をかけるのは避けましょう。

仲介手数料

仲介手数料

仲介手数料とは

お部屋探しを不動産屋に手伝ってもらたので支払うお金

個人が、賃貸を契約する時は基本的に不動産に、物件を紹介してもらいます。

その時に、不動産に支払うお金が仲介手数料になります。(不動産もタダで働いている訳ではないので)

この仲介手数料は基本的に値切り等はできないので、ここは費用がかると割り切りましょう。

仲介手数料の相場は家賃の1か月分と言われています。

仲介手数料を抑えたい方は、『イエッティ』、『AWANI賃貸』などを利用しましょう。
全ての物件で仲介手数料を0.5ヶ月分になるので、初期費用の節約にも効果的です。

敷金礼金と仲介手数料をタダにする方法【便利なアプリも紹介】

安くする

賃貸を安く借りる方法

知り合いの不動産屋に物件を探してもらう

結論これです。

知り合いに不動産屋がいる方は、大いに利用しましょう。

とはいえ

楽観的なペンギン
楽観的なペンギン

不動産屋の知り合いなんていないんだけど…

こんな感じに思う人もいるはず。

そこで、おすすめしたのが、『Canary』という賃貸アプリです。

  • 仲介手数料をどこよりも安く(最大0円)
  • LINEやメールでカンタンお問い合わせ
  • 不動産に行く手間を省ける(家でお部屋探し)

こんな感じなので、控えめに行って利用しないのは損。

もちろん、敷金礼金0の物件に絞り探すことも可能です。

AK
Aki

僕は、『Canary』を使ってオンライン内見もしたよ。

コロナ禍で不動産に行くのに抵抗ある人も、どうぞ。

【実際の動画アリ】オンライン内見やってみた感想と3つの注意点【本音で晒す】

カンタンに言うと、賃貸アプリではコレ使っておけば間違いないってことです。

賃貸売買の部屋探しはカナリー(Canary)

賃貸売買の部屋探しはカナリー(Canary)

BluAge無料posted withアプリーチ

『Canary』について詳しく知りたい方は、下記の記事をどうぞ。

【賃貸アプリNo1】カナリーの評判と口コミ【愛用者が本音で語る】
『Canary』を愛用している私が、正直にレビューします。 この記事を読めば、『Canary』の本当の評価がわかり、あなたが利用するべきか判断できます。

同棲の初期費用を抑えるコツまとめ

カップル

  • 家賃を下げる
  • 敷金礼金が安い所を探す
  • 不動産屋の知り合いor便利なサービスを利用

こんな感じですね。

同棲の初期費用でもっともお金がかかるのが、賃貸です。

なので、ここを抑えることができれば、今後の同棲生活がグッと楽にできるので、頑張ってください。

という訳で今回の記事が以上です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました