【実例】同棲の引っ越し費用はいくらかかる?【自力VS業者】を比べてみた

同棲引っ越し同棲/結婚
悩み人
悩み人

同棲の引っ越し費用っていくらかかるのだろう?
自分でする場合と業者に頼む場合を比較した場合を知りたい。

こんな疑問に答えます。

結論から言うと、自分で引っ越しした方が圧倒的に安いです。

私の例で言うと

  • 自分で引っ越し:約30,000円
  • 業者に頼んだ場合:86,000~259,000円

こんな感じでした。

とはいえ、全ての人が自力で引っ越しするのはかなり無理があると思います。

そこで、本記事では自分VS業者のそれぞれのメリット・デメリットも合わせて解説。

この記事を読むことで、自分がどちらで引っ越しをするべきかがわかるので参考にしてください。

AK
Aki

同棲から結婚まで一通り経験したので、割と参考になるはず。

スポンサーリンク

引っ越し費用『自力VS業者』の内約

引っ越し費用の内約

自力自力引っ越し業者
レンタカー
(軽トラ3日分)保険込み
約14,800円
ガソリン約6,000円
高速代金約8,000円
合計約28,800円86,000~259,000円

冒頭でも言った通り比較すると、上記の通り。

ちなみに、引っ越しの費用については、引っ越しお得ネットというサイトにて私と嫁の荷物や距離の条件での金額。

引っ越しお得ネットで引っ越し費用をお見積りしましたが、鬼電が凄かったです。
電話0で引っ越しの見積もりをしたい方は、【SUUMO引越し見積り】を利用するといいです。

詳しくは、『電話は不要』SUUMO引っ越し見積もりを利用した感想【ストレス0】をどうぞ。

楽観的なペンギン
楽観的なペンギン

引っ越しが自力の方が安いのはなんとなく想像つくけど、条件次第でしょ?
明らかに荷物の量が多い場合は、業者使った方がお得なのでは?

おっしゃる通りです。

なので、次で私と嫁が同棲するために、引っ越した時の状態を解説します。

私達が引っ越しをした時の条件

引っ越し

  • 引っ越し場所:大阪だけどほぼ京都の地域
  • 嫁の旧住所:大阪の堺
  • 僕の旧住所:兵庫の姫路

こんな感じ。

ちなみに、レンタカーを借りた場所は大阪の大日です。

移動のスケジュールと引っ越し内約としては

  1. 大阪→私の実家(姫路)で私の荷物を積む→新居に下ろす
  2. 彼女の実家(堺)で荷物を積む→新居に下ろす
  3. 新居の近くで足りない家具家電を購入して新居に運ぶ

この作業を軽トラをレンタルして3日間かけて2人でしました。

お互いの家から新居まで片道100キロ前後の距離があり、移動時間で片道2時間オーバー。

節約にはなったけど、普通にしんどかったです。

【もう業者には頼めない】引っ越しをレンタカーの軽トラでしたら費用が安過ぎた
悩み人 軽トラで引っ越ししようと思うんだけど、業者に比べてどれくらい安いの? こんな...
スポンサーリンク

自力引っ越しのメリット・デメリット

ここからは、自力で引っ越しした際に感じたメリット・デメリットを紹介。

自力引っ越しのメリット

  • 引っ越し業者より圧倒的に安い
  • 2人で引っ越し作業するのは楽しい
  • お互いの価値観を再確認できる

こんな感じ。

1番のメリットは、何といっても費用を大幅に浮かせることができたこと。

AK
Aki

引っ越し業者に頼むと最低でも8万円
自力で引っ越しすることで3万円以下で済んだのはデカい。

引っ越し費用は同棲における三大費用なので、しんどくてもやる価値はあります。

【100万円が普通?】同棲の初期費用35万円に抑えた方法まとめ
同棲の初期費用がいくら必要なのか気になっていますよね? この記事では、同棲の初期費用を平均的な相場から50万円以上も抑えた秘訣を実例から解説。 本記事を読めば、同棲の初期費用を数万円は安くすることが可能です。

自力引っ越しのデメリット

  • 時間と労力手間がかかる
  • 小さめな家具家電を買う必要がある
  • 引っ越しの際に荷物が壊れることがある

こんな感じです。

節約には効果が高い自力引っ越しですが、普通にしんどいです。

荷物が壊れないか気を使ったり、運ぶ時のことを考えて小さめな家具家電を買う必要もあります。

AK
Aki

あとは、仕事後に引っ越しの準備をコツコツするのもしんどかったな…。

仕事が忙し過ぎる人には、自力引っ越しは無理かもしれません。

引っ越し業者を使うメリット・デメリット


引っ越し業者は使わなかったのですが、引っ越し経験は何度もあります。

もちろん業者を使って。

なので、ここでは引っ越し業者に頼むメリット・デメリットを解説。

引っ越し業者を使うメリット

  • 自力引っ越しより楽
  • 荷物が壊れるリスクが低い
  • 引っ越しにかかる労力時間を大幅にカット

想像つくと思いますが、自力で引っ越しするに比べて圧倒的に楽です。

時間をお金で買える人なら、引っ越し業者に頼むメリットの方が大きい。

万が一荷物が壊れても、補償がある所も多いので、そういった点でも安心。

引っ越し業者を使うデメリット

  • 自力引っ越しの何倍も高い
  • 繁忙期は予約が取れないことも
  • プラン次第では、荷造り荷ほどきは自力

1番のデメリットは、費用が高いという点です。

特に1~3月は引っ越しの繁忙期なので、料金もさることながら、予約すらとる事が難しいことも…

引っ越し業者に頼む方は、見積もりだけでも早めに済ませておくのが無難。

電話一切なしで、見積りできる唯一のサービス

自力引っ越しに向いている人

  • 料金を抑えたい
  • 自分のペースで引っ越ししたい
  • 引っ越し作業すらも一緒に楽しめる

上記に1つでも当てはまる方は、自力で引っ越ししてみるのもアリ。

AK
Aki

1県離れているぐらいなら、3日もあれば新居に荷物は運べるよ。

私と嫁も3日間集中して、引っ越し作業すれば自力でできたので、やれないことはないです。

引っ越し業者の利用に向いている人

引っ越し

  • お金はあるけど時間がない
  • 自力で引っ越しするには量が多すぎる
  • 荷物や新居を傷つけるリスクが怖い

こんな感じの人は、引っ越し業者に頼んだ方が無難。

ぶっちゃけ、自力引っ越しはしんどいので、仕事に追われている人とかムリです。

精神的にも体力的にも余裕がないと、喧嘩の原因にもなるので、業者に頼りましょう。

おすすめの引っ越し業者については、下記の記事をどうぞ。

【この2社でOK】引っ越し侍とSUUMO引っ越しを比較【本音で晒す】
引っ越し侍とSUUMO引っ越しのどちらを利用すればいいか迷っていませんか? この記事では両社の違いや特徴はもちろん、メリット・デメリットについても詳しく解説。 本記事を読むこと、引っ越し侍とSUUMO引っ越しどちらを使うべきかが理解でき、安心して引っ越しすることができます。

まとめ:引っ越しは大変なので自分にあった選択を

  • 時間と労力をお金で買う:引っ越し業者
  • 時間と労力を使ってお金を浮かす:自力引っ越し

まとめると、こういうことです。

自分にあった選択をして同棲する前から消耗しないようにしてください。

という訳で、今回の記事は以上です。

同棲賃貸の初期費用を安くするコツを実例で解説|プロから学べる動画有り
悩み人 同棲の賃貸物件を安くしたい。 普通に賃貸契約すると50万円とかかって困っている。 どう...

コメント

タイトルとURLをコピーしました