天王寺動物園に行ってみたよ!一番人気の動物はあの動物!

Pocket

こんにちは!現役アウトドアガイドのAKです。

今回は妻と一緒に週末デートで、天王寺動物園に行ってきました。

これが私が思っていた以上に良かったので、どんな所なのか是非知って欲しいので記事にします。

ちなみに、私自身、動物園に行くのは、10年前に友人と和歌山のアドベンチャーワールドに行ったきり記憶にないです。

そのため、動物園にそこまで興味はありませんでした。

ただ、今回妻が天王寺動物園に行きたいと言ったので行くことになりました。

実際、そこまで期待してなかったのですが、動物の種類も多く(お値段の割に)面白いショーも見れたので、私も妻も予想以上に楽しんでしまいました。

そこで天王寺動物園ってどんな動物がいるのか?料金はいくら?雰囲気はどんな感じ等も、実際に行った感想を書いて行こうと思います。



天王寺動物園の料金は

入園料ですが、下記表に記載している通りです。

区分料金
大人 500円
小・中学生  200円
未就学児無料
年間パスポート2,000円
年間パスポート(市外小中学生)800円

この料金を見て、私の感覚ですが、かなり安いと思いました。

大阪市在住、在学の小・中学生は、学生証もしくは、保険証の原本を提示すれば、無料で入園できます。

また大阪市在住の65歳以上の方も身分証提示で無料になります。

年間パスポートもあるようです。未就学児は無料なので、幼稚園児の遠足でよく利用されているようです。

実際に私が行った日も週末なので、小さな子供のいる家族連れが多かったです。

料金もリーズナブルですし、JR天王寺駅から歩いて10分以内で行けるのでアクセスもしやすい場所です。

天王寺動物園は動物の種類が豊富

500円という価格に、ハードルが低くなっていたのもありますが、実際に動物園内を回ってみると予想以上に動物がたくさんいました。

ここで、実際に見た動物達を紹介していきます。

トラ

トラ

散歩してウロウロしているトラと寝ているトラさんがいました。

個人的には寝ているトラさんがお気に入りです(笑)

クマ

クマ北極クマ

毛並みの黒いクマとホッキョクグマがいました。

ホッキョクグマの方が体格も大きかったですね。

キリン

キリン

皆大好きキリンさんです。

キリンが飼育されている場所は、シマウマやバッファロー?のような草食動物が一緒にいました。

ペンギン

ずっとこの状態で不動でした。

ペンギンはなんともいえない可愛さがあります。

他にもたくさん動物がいましたが気が付くと、自分が好きな動物ばかり撮っていました。

ここまで、王道の動物(個人的にです)を紹介してきましたが、天王寺動物園で一番人気の動物を紹介しましょう。

えっライオンやクマはたまた、キリンが一番人気じゃないの?

そう思った人もいるかと思いますが、私が思うに違います!

一番人気はオオカミ!

意外ですよね?あくまで私個人の感想ですが、私達が行った日はオオカミの場所が一番人が多かったです。

その理由ですがこの動画を見て下さい。

飼育員の人が、生肉をあちこちに置いて行きます。

それをオオカミが食べるのですが、これが実際に間近で見ると迫力満点なのです。

このシーンを見ていた私達や周りの人達は驚きの声が出ていました。

オオカミの圧倒的な身体能力と野生に改めて惚れ惚れしました。

たまたま、オオカミのおやつタイムの時間だから人が多かったのかもしれませんが、私の中の天王寺動物園のNO1はオオカミで決定です(笑)

イルカショーやラッコのショーは見た事があるのですが、躍動感あるオオカミを見たのが始めてなのでかなり偏見が入っています。

ただ、本当に凄かったので、躍動感あるオオカミを見たい方は天王寺動物園はオススメですよ。

鳥好きには鳥の楽園

他にも鳥類が好きな方は鳥の楽園という場所が園内にあります。

この鳥の楽園は文字通り鳥だけです。 ただ基本的に鳥達は中の柵のような空間にいます。

触ったりはできませんがかなりの種類の鳥がいました。 前を歩いてる子連れのお父さんが、上にいる鳥に糞をかけられていました。

運が悪ければそういう事も起こるかもしれませんが…

園内はお土産屋さんやfoodショップも豊富

 

お土産屋さんもfoodショップもいたる所にあり、メニューも豊富です。

お腹が空いた場合でも安心ですね。 料金は入場料500円に対して天婦羅うどん700円は浪速のあきんど魂ですかね(笑)

実際に食べてないので味はわかりませんが、ちょっと高いですね。もしかしたら凄く美味しいのかもしれませんが…


天王寺動物園は小さな子供がいる家族向け

園内を見てると屋根付きの休憩所が多く、ベンチもたくさんありました。

お弁当を持参してベンチで座って食べている人お多かったです。

またメインの客層は家族連れを想定していると思うので、トイレも子供用に小さな便器が多いので小さな子の事も考えているんだなと印象的でした。

トイレの入り口にライオンの写真を貼っていたり、壁には可愛いコアラの絵が書いていました。

雰囲気も家族連れの小さなお子さんは楽しめるだろうなと思いました。 個人的には、ピクニック気分でお弁当を用意して行っても楽しそうです。

また園内のマップを入り口でもらえるのですが、英語、中国語、韓国語と外国の人にも分かるように複数の言語に対応しているのが好印象でした。

まとめ

今回は、天王寺動物園について書きましたが、この記事を見て行きたくなったと思う方がいれば幸いです。

正直500円の入園料の割に中々楽しめる動物園だと思いました。(人によって個人差はあると思います)

週末でしたが、実際に思っていた以上に、人も多く賑わいを見せていました。

大阪からもアクセスしやすいし、お値段もリーズナブルなので、家族の方も行きやすいと思います。

また、私達のような、成人でも楽しめたので、デートに意外にオススメだと思いました。

客層的には圧倒的に小さな子がいるファミリーが多かったですが、私たちのようなカップルでデートしている人もチラホラ見かけました。

個人的には、自分の子供が出来たらお弁当を持参して家族皆で、もう一度行きたいですね。


広告と関連記事

関連記事一覧


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする