同棲の初期費用を安くするコツまとめ!これを読めば節約できる!

Pocket

こんにちは現役アウトドアガイドのAKです。

同棲したいけど初期費用っていくら掛かるものなんだろう?友人から聞いた話では、100万円近くかかった。50円万程で済んだ等かなりバラつきが多いです。

人によって済む地域や環境、更には条件等バラバラなので当たり前の話ですが、今回の記事は私自身が同棲した時の実例を元に、同棲の初期費用はどれくらいなのか紹介したいと思います。

ちなみに私達カップルが住むのは大阪市内です。なるべく初期費用は安く抑えようと努力したので、そのコツも紹介したいと思います。



同棲の初期費用はいくら必要?

さて、まずは同棲する場合、一般的に初期費用は一体いくら必要なのかを見て行きましょう。

不動産で働いている友人に聞いた所、だいたい家賃の6月分あれば安心との事。

例えば家賃が10円万の部屋を借りると60円万必要という事です。

この6カ月分というのは、賃貸を借りるのに必要な費用で家具や、引っ越しを入れると更に上がります。

そこでまずは、賃貸する場合に必要な費用から見て行きましょう。

賃貸で必要な費用

まず賃貸で必要な費用は何があるでしょうか。下の表をご覧ください。

初期費用内約費用目安
家賃100,000円
敷金(家賃の1カ月分)100,000円
礼金(家賃の1カ月分)100,000円
仲介手数料(家賃の1カ月分)+税100,000円
前家賃(家賃の1~2カ月分)150,000円
鍵交換費用20,000円
火災保険料20,000円
共益費4,000円
合計594,000円

この金額は実際に不動さんにあった物件の例です。

これだけ見ると、賃貸だけでかなりの金額が必要なのがわかりますね。

ただ、これはあくまで一例であり、もちろんもっと安い物件もたくさんあります。

そこで、賃貸の初期費用を安く抑えるコツは敷金と礼金+仲介手数料になります。

賃貸の初期費用を抑えよう

まず、敷金と礼金は探せば0円の物件も見つかります。

そこは自分でネットで探しても良いし直接、不動産に行って敷金礼金が0円の所を希望すると探してくれます。

仲介手数料は、不動産屋に支払うお金なので物件を紹介してもらった場合に必要なお金になります。

また、最近は仲介手数料無料のサイト等もあるので全て無料にする事も可能です。

ただ、敷金や礼金が0円の物件は退去時にクリーニング代を請求されたり、近所がヤバい系の人達しかいない等安いには罠がある場合もあるようです。

勿論そういう例の方が稀なので心配しすぎなくても大丈夫とは思いますが、入居を決める前にしっかりと、不動産の人に聞くなり調べた方がいいでしょう。

基本的に敷金+礼金+仲介手数料はそれぞれ家賃の1カ月分と考えていいので、家賃が10万円なら×3で30万円の費用がこの3つだけで掛かります。

逆に言うとこの3つを抑える事ができれば、かなりの節約になります。

もっと詳しく、同棲で賃貸を安く契約するコツを知りたい人は↓の記事がオススメ!

同棲 賃貸の初期費用を安くするには?私の例からコツを紹介するよ!


引っ越し費用を抑えよう

引っ越し

賃貸を借りる以外に、引っ越し費用も必要になってきます。

引っ越し費用は業者に頼まずに、自分達でした方が費用を抑える事ができます。

同棲の引っ越し費用はいくら掛かる?自分で引っ越しをやってみた結果

引っ越し業者に依頼するのも良いですが、費用は高くなりやすいです。移動距離や荷物の量等で金額の差が出るので一概にいくら必要なのかは人によってバラバラです。

また繁忙期の1~3月は料金も割高です。利用するなら費用が1番安くなる時期の6月と9月にすると良いでしょう。

引っ越し業者を探す際は下記サイトが、各社の費用を比較できるのでおすすめです。

引っ越し希望日・現住所・引っ越し先(仮でOK)を入力するだけで、簡単に料金比較でき最安値を見つけ、そのまま予約までできます。

もちろん比較するのは無料なので、効率的に引っ越し業者を探したい場合は活用してみてください。

家具家電は使いまわす!

家具家電

賃貸と引っ越し、その他に費用を抑えるなら家具家電が候補に挙がりますよね。

家具家電は正直こだわりだすとキリがないので、まずは最低限の物から購入すると良いでしょう。

↓記事は、家具家電を少しでも安くしたい人にオススメですよ。
同棲の家具家電の費用はどれくらい?安くするためのポイントを紹介!

元々使っていた家具家電を使えそうな物は、そのまま使用したりすると、かなり費用は抑えれます。

それ以外にもジモティーや、フリマアプリ等で状態の良い物を購入するというのも手です。

フリマアプリは大型家電でも送料無料で配達してくれる場合が多いので、費用を抑えたい方にはオススメですよ。

私の友人はジモティーで、そこそこ綺麗な洗濯機を3000円で購入していました。


初期費用はいくらかかった?私の場合

私の場合ですが、賃貸にかかった初期費用は約21万円でした。

内約費用
家賃180,000円(2カ月分)
敷金、礼金0円
仲介手数料0円
鍵交換15,000円
入居サポート(初回のみ)15,000円
合計210,000円

私達が選んだこの物件は大阪市内のマンションで、最寄駅から徒歩10分、コンビニ、スーパー小学校ともに直ぐ近くにあり築31年3LDKの物件です。

内約を見ると初期費用に敷金、礼金、仲介手数料がかかっていません。

不動産で働いている友人のおかげで仲介手数料をタダにしてもらえました。

敷金、礼金に関しては物件を所有している大家さん次第なので、私の場合はたまたま0円で条件に合う物件を見つける事ができました。

めちゃくちゃ良い物件ですが、欠点もあります。

それはセキュリティー面です。門がなく、オートロックではないので駐車場から誰でも入れるのが少し心配でした。

ただ、初期費用をあまり出せないので、セコムに入る事で対策しています。

中々すべて自分の条件に合った物件はないので、これだけは妥協できないというのを絞って探すと自分に合った物件を見つけやすいです。

私達の場合は家賃9万円以内で、車がないので、駅から近い物件に絞って探しました。

賃貸、引っ越し、家具家電の総額は?

私の場合ですが、上記3つを全ての総額で348,800円の約35万円で済みました。

引っ越しはレンタカーを貸りて、自分達でやりました。

家具家電、調理器具はなるべくお互いに元々使っていたのをそのまま使ったり、友人から貰ったりして節約しました。

項目費用
賃貸210,000円
家具家電約110,000円
引っ越し(交通費)28,800円
合計3488,00円

高かった家具家電は、カーテン(窓が多い物件なので)と洗濯機、冷蔵庫です。(冷蔵庫はニトリの展示品、洗濯機はAmazonで購入)2つとも新品です。

それ以外に敷布団や、電子レンジ、掃除機等、ほかにも足りない調理器具や、生活必需品も揃えたので全部で11万円ほどかかりました。

冷蔵庫1万7円、洗濯機は1万9千円です。

その他必要な小物や生活用品は100均やニトリで購入して節約しました。

初期費用を抑えるコツまとめ

初期費用が合計約35万円(生活必需品を入れて40万円以内)で抑えれたのは、かなり我ながら頑張ったと思います。

そこで最後に、同棲初期費用を抑えるコツをまとめたいと思います。

初期費用を抑えるコツ

■賃貸編 知り合いの不動産を活用しよう。仲介手数料が安いもしくはタダ!

■引っ越し編 自分でした方が安い!車が無ければレンタカーもしくは知り合いに借りる!

■家具家電 使えるなら使いまわし、貰えるのは貰う!購入する時はフリマアプリも視野に!

これだけ見ると私の場合は、周りの協力のおかげで初期費用を抑えれたのがわかります。

同棲を考えているカップルの中には遠くに引っ越し、周りの協力がほとんど得られない人もいると思うので全員が今回の例のようにはいかないでしょう。

ただ、工夫次第で初期費用はだいぶ変わってくるので、自分達がどこを重視してどこを妥協できるのか整理してみると良いでしょう。

実際お金を気にしなくてもいいなら、いくらでも条件が良い物件もあると思います。

ただ、ほとんんどの方が初期費用を抑えたいと思っている筈です。

私自身、今回の初期費用を抑えれた要因は「利用できるものは利用する!」という考えです。

家具や家電の物にしても、友人からの協力があって非常に助かりました。今回の同棲するにあたって私は人からの好意は素直に甘えさしてもらっています。

そのおかげで満足いく引っ越しができました。皆さんも友人や上司が協力してくれるなら遠慮せず甘えてみて下さい。

もちろん普段から、感謝の気持ちは忘れてはいけませんよ。


広告と関連記事

関連記事一覧


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする