同棲で貯金するコツは共同口座にあり!私達は100万円貯めました!

Pocket

こんにちは!現役アウトドアガイドのAKです。

今回は、同棲したら貯金はどうやってすればいいの?生活費だけで貯金なんてとてもできない!

そう思っている方に、上手く貯金をするコツを紹介します。

私は以前から同棲している妻と晴れて結婚し、今では幸せな毎日を過ごしています。

私達も同棲中、初めはなかなか上手く貯金ができませんでしたが、ちょっとしたコツで上手く貯金ができるようになりました。

少しの工夫と意識で貯金ができるようになるので、是非参考にしてみて下さい。



同棲で貯金をするなら共同口座がおすすめ!

同棲

同棲で上手く貯金をする具体的なコツは、共同口座を作るのがおすすめです。

共同口座とは、2人のお金を1つの口座にし、お金を管理するという事です。

共同口座にする事で毎月の給料と毎月の支払う固定費がいくら必要なのか?ここが明確に見えてきます。

なぜなら自分1人のお金ではなく2人のお金なので、なあなあに管理するという事をしなくなるんですよ!

特に、私のようなお金の管理が苦手な人は、共同口座を作る事によって2人で管理できるのでオススメですよ。

1人で無理なら2人で管理しよう作戦です!

それ以外にも貯金をするなら、共同口座がオススメな理由があるので次で説明します。

共同口座がオススメな理由!

    共同口座がオススメな理由

  • 2人のお金という意識になり無駄使いしない
  • 2人で貯金しているので、これだけ貯まったとワイワイして円満
  • 一緒に頑張るので励まし合えるし、相手も頑張っているし自分も頑張ろうと納得できる

共同口座で管理すると、自分のお金という意識から共通のお金という意識に自然となってきます。

私達も初めは、貯金は別々の口座でそれぞれでしていました。

ただ、それだと個人のお金という意識が強く、それぞれが好きな物にお金を使い過ぎてしまうんですよね。

もちろん、毎月決めた金額の貯金を口座に入れるのですが、本当に最低限しか入れませんでした。

私も妻も物欲に弱いんで友人と飲んだり、欲しい物があった時は貯金用で入れた筈のお金を足りないからと使っていました。

それでは本末転倒だという事で、2人で共同口座を作りそこに貯金を入れる事にしてみました。

そしたら、自分のお金という意識ではなくなり、2人のお金という意識になったので、お互いに無駄使いをしなくなりました。

かなり単純な事ですが私達にはこれが意外と効果抜群でした(笑)

私は気になりませんでしたが、一応共同口座のデメリットについても次で説明します。

共同口座のデメリット

基本的にデメリットはあまりないですが、万が一別れた時に揉める可能性があります。

    共同口座で貯金するデメリット

  • 別れた時に名義人の口座なのでお金の分担で揉める場合がある

デメリットは共同口座でも名義は彼氏か彼女のどちらかなので、例えば彼女が「私の名義なんだから2人で貯めたお金も全て私の物」と言われ揉めるケースも考えられそうです。

ただ、これはあくまで別れた場合の話です。

次は共同口座の作り方について説明します。

共同口座の作り方

この記事では共同口座と書いていますが、日本では原則共同名義人の口座を作る事はできません。

そのため、口座名義人はカップルのどちらか1人になる為、同棲の場合は彼氏or彼女のどちらかの口座を共同で管理するのが実際の共同口座になります。

なので、今ある口座もしくは新しく作る口座、なんでもいいので共同で管理する口座を作れば共同口座の完成です。

ちなみに、銀行口座はどこで作っても大丈夫です。

それと、注意点ですが結婚している夫婦の場合でも、口座の名義人は夫もしくは妻のどちらかになります。

ただ、結婚している夫婦の場合は、代理人カードを作る事ができるので、1つの口座で自由に入出金が可能になります。

夫婦の共同口座については、下の記事がわかりやすいです。

夫婦共同口座を作りたい!そんな場合は代理人カードがおすすめ!
夫婦で口座を管理できたらいいなと思っていませんか? この記事では、夫婦共同口座の作り方と代理人カードについて解説しています。 本記事を読むことで、夫婦で口座を管理できるので、貯金や家計の管理が効率よくできますよ。 是非参考にしてください。

こんな感じで実際には共同名義の口座は、日本にはないとうのがわかって頂けたと思います。

ただ、大事なのは2人で口座を管理をするという事ですから、口座をお互いに管理するのが共同口座と思ってもらえればOKです。

次の項目では実際に私達が1年の同棲中に、100万円を貯金した方法を紹介します。

私達の貯金方法~1年で100万円貯めたテクニック!

先ほど紹介したように、2人の共同口座を作りました。(A貯金用口座)と(固定費等を引かれるB口座)2種類の口座です。

毎月必要な固定費を給料が入ったらすぐにB口座に入金し、A口座にも毎月決めた貯金額を入金します。

    以下ポイントを説明

  • 共同の口座を2つ作る(貯金用と固定費を引かれる口座)
  • 給料が入ると直ぐに2つの口座にお金を入れる!

私達は上記2点を実践し1年で約100万円貯める事ができました。

1年間の期間2人で100万円なので全然たいした事はないですが、無理せず貯める事ができたので効果はありますよ。

それと、お金の管理を一つの口座でする際におすすめのアプリを紹介しておきますね。

※画像をクリックするとインストールの画面にいきます。
OsidOri(オシドリ)

OsidOri(オシドリ)

osidori無料posted withアプリーチ

このアプリは口座を登録すると自動的に2人の入出金を管理できるので、いちいち紙に書いて収支を把握する手間がなくなります。

そのため、夫婦やカップルなど一つの口座でお互いに入出金を把握するには、とても便利なアプリです。

実際に私達夫婦も利用していますが、お金の管理がグッと楽になったので、気になる方は試しに利用してみてくださいね。

以下の記事にOsidOriアプリの使った感想や特徴を詳しく書いているので、参考にしてください。

Osidoriアプリで個人と夫婦のお金を別々で管理!使ってみた感想は?

次の項目ではもう少し具体的に、貯金を上手くするための秘訣について紹介していきます。

共同口座が素敵なのは理解して頂けたと思いますが、他にも上手に管理するポイントがあるので続けて紹介します。


貯金を上手にするポイント

ここまで読んだ方は貯金に対してやる気になっているかと思いますが、情熱だけでは貯金は中々難しいです。

そのため、上手く貯金をするポイントについて少し説明します。

上手く貯金をするポイントは、貯金で無理をしないという事です。

私達の例ですが、毎月2人で10万円の貯金を目標にしていました。

ただ、実際は少し厳しいなと思う時もあり、そうなると当然無理をしますよね。

私達も貯金のため、デートを我慢し、外食を我慢し、貯金のためだから今は仕方ないと無理をしてきましたが、ある日突然我慢の限界が来て、大ゲンカに発展しました(笑)

危うく別れの危機まで、行ったので、そうなると何の為に貯金しているのかわかりませんよね?

そうならないように、貯金で無理しすぎないという事は結構大事です!

大事なのは目標とした期限までに達成できるかどうか!ここがポイントですからほどほどに貯金してくださいね。

でもここで、無理のない貯金額とはどれぐらいなのか少し疑問ですよね?

そこで無理のない貯金額について調べてみました。

無理のない貯金額とは!

いろいろ調べてみると、一般的に無理のない貯金額は、手取り月収の20~25%のようです。 そして最低でも手取り月収の10%を貯蓄に回すのが理想のようです。

私達の場合は毎月10万円の貯金すると決めていました。

ちなみに、私も妻もだいたい月収の20~25%を貯金に回していたので、だいたい世間一般の人達と同じ金額を貯金していたのですね。

これでも、実際には少しキツイ時もあったので、いかに緩く貯金をしていたのかがわかります(笑) 

ここまでで、無理のない貯金をするのが大事というのが理解して頂けたと思います。

次は貯金を上手くするには欠かせない、目標設定について説明します。

具体的な目標設定

貯金をするなら何故貯金をするのか、具体的かつ明確な目標を持つことが大事です。

目標があれば、いつまでにいくら貯金をするのか?について具体的に数字化でき、無駄遣いや削れる費用が見えてきます。

上手く貯金ができないカップルのパターンはなんとなく貯金している事が殆どです。

私達の例ですが、同棲してからも「早く結婚したいよね」と目標は結婚とお互い決めていました。

ただ、最初から上手く貯金ができた訳ではないです。

最初の貯金が失敗した理由について、今ならわかるのですが、明確な期限を決めずに貯金をしていました。

ただ漠然と結婚をしたいとしか、決めていなかったのが上手く貯金ができなかった原因です

そこで、いつまでに結婚式をするのか?結婚式の費用が幾ら必要なのか?について調べて、お互いにちゃんと話し合いました。

私達は期限と目標をしっかり決める事で、2人が目標に向かって努力できたので目標の期間に必要な貯金をする事ができました。

ただ、漠然と目標を決めてもダメです!本当に貯金をしたいなら具体的かつ明確な目標設定は必須だと言えるでしょう。

ここまでの内容は大丈夫でしょうか?

次は貯金を上手くするポイントとして、毎月引かれる固定費についても説明します。

毎月引かれる固定費も共同口座で管理

最初にも説明しましたが、共同口座でお金を管理した方が、2人のお金という意識が強くなります。

そのため、毎月の支出も同じ共同口座で管理する方がオススメです。

共同口座だと2人で管理するので、どうすれば毎月の固定費を少しでも抑える事ができるのか?という事を2人で考えれます。

固定費などの支出は、片方が把握して片方が知らんぷりだったら、揉める原因になります。

そのため、

2人で口座を共有する方が、お互いにお金を管理しているので不平等になりにくいです。

また貯金の時でもそうですが、2人共通の方が円満でいられるんですよね。(私達の場合)

私達の場合は、家賃は全額私負担にし、彼女は食費と光熱費等を負担してくれています。

私が負担(彼氏)彼女が負担2人で折半している費用2人別々の費用生活費合計
家賃 90,000円食費40,000円
光熱費 16,000円
生活雑費 10,000円
↓交際費、通信費含む↓交際費、通信費含む↓通信費(ネット、携帯)
合計 107,000円合計 83,000円交際費 30,000円1人7,000円2人合計 200,000円

上の表が我が家の分担の仕方です。

家賃で私が9万円最初に入れて、彼女が食費や光熱費を負担しています。これを2人の共同口座で支払っています。

我が家は2人で別々の費用も共同口座で支払っていますが、それについてはそれぞれの口座でも良さそうですね。


給料が入ると直ぐ口座に入金しよう

当たり前かもしれませんが、給料が入ったら直ぐに固定費などの引かれるお金を口座に入金しましょう。

私(夫)彼女(妻)
給料(約210000円)給料170,000円
支出107,000円支出83,000円
貯金50,000円貯金50,000円
残金53000円残金37000円

私の場合だと家賃とケータイ代等の費用107,000円を直ぐに入金します。

そこから貯金を5万円入金し、残った残金がお互いに自由に使える金額です。

私の場合は53,000円ですが、妻の保険や車(マイカー)等も費用が掛かっているので実際は残金2万少々です。

直ぐに口座に入れる事で強制的に残金しか使えない状態にします。 使えるお金と目的が明確になると、人間不思議とやりくり上手になります。

以前の私なら、小遣い2万代じゃ足りないと思っていましたが、目的があると自然とこの金額でやりくりできるようになりました。

まとめ

いかがでしたか?

今回の記事では私達の例を参考に同棲でも貯金はできるという事を紹介しました。

共同口座を作り管理する方法は私の中ではかなりオススメの方法です。

ただ。中には自分のお金は自分で管理するという方もいると思います。必ずしも貯金をするならこのやり方という訳ではないです。

私のようなお金を管理する事が苦手で、一緒に貯金をしても平気という方はオススメですよ。

逆に2人で一緒の口座を使う事に抵抗がある方は、その人に合うやり方で貯金をすればいいので良く話し合ってみてください。

ただ、同棲して貯金をするのに、一番大事なのは目的を明確に期限を決めて貯金をする事です。

具体性がないと、無駄使いが増えるので、効率的ではありません。

共同口座を使うのは2人の意識も同じ方向に向きますし、信頼関係もより強固になると私は思いました。

成功する貯金は目的を持つ事が1番のコツだと思います。

OsidOri(オシドリ)

OsidOri(オシドリ)

osidori無料posted withアプリーチ


広告と関連記事

関連記事一覧


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする