吉野川ラフティングのオススメ会社はどこ?これで迷わない!

Pocket

皆さんこんにちは現役アウトドアガイドのAKです。

さてこの記事を書いているのは6月ですが気温も高く暑くなってきましたね。

そんな暑い時期にオススメのアクティビティはやはりラフティング!

四国にある吉野川ラフティングは日本一の激流が楽しめるこれからの季節にうってつけのアクティビティですよね。

ただ日本一のラフティングの聖地だけあり吉野川でラフティングをしている会社はその数なんと20社以上!

これだけ多いと正直どの会社を選べば良いのか迷いますよね。

そこで現役アウトドアの私AKが個人的な意見になりますがオススメのラフティング会社を紹介したいと思います。



吉野川ラフティングのオススメ会社はどこ?

結論からになりますが吉野川ラフティングのオススメ会社はその人が何を望むのかによって変わります。

「それじゃ答えになっていないよ色々比較して知りたいんだよ」そんな声が聞こえてきそうですのでこれから詳しく説明していきます。

ちなみに、吉野川ラフティングには、大歩危と小歩危2つのコースがあり、それぞれ全くコースや特徴が違います。

下の記事は大歩危と小歩危それぞれのコースを詳しく説明しているので、吉野川ラフティングに参加する、または興味がある方は参考にしてください。

大歩危小歩危ラフティング、2つのコースの違いを徹底紹介するよ!

安全面を1番に重視

日本一の激流を下るのでやはり皆さん1番は安全面を気にするのではないでしょうか?

この安全面に関してですが各社しっかりとラフティングガイドとしてのスキルを持ったガイドが担当するのでどこの会社も安全面に関しては安心して選んでください。

自然の中でするアウトドアスポーツになるので100%絶対に安全というのは保証できませんが何かあった際はどこの会社の基本的に保険に入っているので何かあった際はそちらで対応してくれます。

またラフティング会社、ガイドも1番は安全に下るというのを軸にしています。

なので安全面はどこを選んでも大差ないでしょうから安心してください。

ちなみに、吉野川は激しそうでちょっと怖いという方は、京都にある保津川ラフティングが初心者にもおすすめです。

下の記事は保津川ラフティングについて書いているので、興味がある方は読んでみて下さいね。

保津川ラフティングと保津川下りの違いは?どちらがオススメ!?

保津川ラフティングと保津川下りの違いは?どちらがオススメ!?

また、ラフティングに参加する方で、シューズはどんな物がいいのか?気になっている方は下の記事をどうぞ!

ラフティングをする時の靴オススメは?履いてはダメな靴も知ろう!

激しく下りたい!そんな人は大滝サーフィン!

次にどこの会社が1番激しく下れるの!?

そういった声も多数聞こえますが、吉野川ラフティングは日本一の急流です。

そのため普通に下っていても十分激しいラフティングになります。

(もっと詳しく説明すると水量によっても変わりますがこちらはまた別記事にて紹介したいと思います。)

またコースも基本確立されているので(安全に激しく下れるコース)基本的には各社同じコースを下る事になります。

「そしたらどの会社に行っても同じなの?」この意見は違います。

なぜなら基本は安全を第一優先なのでボートがひっくり返るポイントには行きませんがひっくり返っても安全な場所というのがあります。

そこをガイドは熟知しているので激しいのを望むお客様ならあえてのガッツコースを攻めたりします。

もちろんお客様との相談の上ですよ(笑)

ちなみに吉野川には大滝サーフィンという遊びがありますが激しく遊びたいという方にはこの大滝サーフィンがうってつけですよ。

この大滝サーフィンは激しすぎて好みが分かれるでしょうがとことん激しい方にはオススメですよ。

また大滝サーフィンで特に有名なのはKENMIラフティングです。

ホームページはこちら

大滝サーフィンといえばKENMIラフティングという認識でいいと思います。

(他のカンパニーももちろん大滝サーフィンをできますがツアーのスケジュールの兼ね合いなどでできない場合もあります。)


ラフティングの後は温泉に入りたい

ラフティング後にすぐに温泉に入りたい方もきっといると思います。

そこでラフティングで疲れた体を癒す温泉付きの会社を紹介します。

ラフティング後にシャワーを浴びれる会社はたくさんありますが温泉施設と提携している所は私の知っている限り2社になります。

今から紹介するラフティング会社は温泉と宿泊もできるのでラフティングの次の日にゆっくり観光したい方にもオススメです。

ちなみに、吉野川ラフティングの後の観光といえば、車で30~40分程度の距離でお財布にも優しくそれでいて満足度120%の場所があります。

大歩危小歩危 祖谷のかずら橋 琵琶の滝が美しい

有名な祖谷のかずら橋ですが、その近くに琵琶の滝という素敵な滝があるので、ふらっと観光にもおすすめです。

ラフティングの後の温泉といえば、京都の保津川にもおすすめしたい場所がいくつかあります。

保津川ラフティング後の温泉を探している方は下の記事が参考になりますよ。

保津川ラフティング後の温泉はここがオススメ!移動手段別にも紹介!

賢見温泉

まずは賢見神社でも有名な賢見温泉を紹介します。

#温泉 #秘湯 #onsen #hotspring #露天風呂 #徳島 #賢見温泉 #キャンプツーリング #四国

Gerd Katagiriさん(@tomorayema)がシェアした投稿 –

この賢見温泉でラフティング会社KENMIのツアーに参加した方はツアーとセットで入る事ができます。

賢見ラフティングのホームページはこちら

サンリバー大歩危の温泉

もう一つはリバーアドベンチャークラブ(通称RAC)のラフティングツアーでセットになっているホテルサンリバーの温泉があります。

Current situation

Jill Epsteinさん(@campergeneralstore)がシェアした投稿 –

露天風呂から吉野川を一望できる素敵な景色も見えます。

View from our hotel room.

Tricia a.k.a とりちゃんさん(@tae12008)がシェアした投稿 –

この2つの会社はツアーの後直ぐに温泉に入る事ができますし、宿泊施設も兼ねているのでそのまま宿泊もできます。

こちらは美人の湯で温泉に少しヌメヌメしているのですがこれが美肌効果に最適なんですよ。

リバーアドベンチャークラブのホームページはこちら

各会社の値段による違いは何?

料金は各社で差がかなりありますがこれはラフティングのオプションによる所が多きいです。

記念写真や動画が無料な分基本料金を上げていたり、基本料金は安いが写真や動画は有料だったり様々です。

あとは温泉の有無にもツアー料金は変わりますね。

ただラフティングだけで良いのであれば最安値1日コースで7600円~10000円ぐらいが相場でしょう。

お風呂やお昼のランチ、記念写真のオプションが充実している会社ならお値段も上がりますよ。

またラフティングと宿泊プランが1泊2日食事付きのセットになっているプランならば料金も17000以上が相場な所が多いです。

そのため料金が安いから安全ではないとか心配とかではなくオプションで変わると基本的に思って下さい。


1日コースか半日コースでも料金は変わる

また料金は当然1日コースか半日コースのどちらで申し込むかでも変化します。

吉野川ラフティングには会社によって異なりますが1日コースと半日コースの2つのコースがある会社が多いです。

当然せっかく四国まできたのなら日本一の激流を全て制覇して欲しいので1日コースをオススメします。

半日コースでは午前だけ、午後だけになっており下る急流ポイントも1日に比べ半分程になっています。

その分料金も1日コースに比べ半額程度になっている場合が多いです。

またランチがついているのも1日コースの特権ですよ。

ランチは外でBBQスタイルの会社が多いですが中には四国と言えばうどんなので本格讃岐うどんをランチで食べれる会社もありますよ。

ラフティングのランチで讃岐うどんが食べられる会社はリバーアドベンチャークラブです。

1日でがっつり行くのか時間がないので半日で遊ぶのかはそれぞれ好みですから皆さんの合ったのを選んでみて下さい。

ラフティング会社は各社特色がある!

ここまで読んで料金やオプションの違いは分かったと思います。

ただ吉野川ラフティングは20社以上会社があるのでそれぞれ特徴があります。

まず各社の雰囲気は全く違います。

どういう事かと説明するとガイドが外国人が多い会社もあれば日本人だけの会社もあるのでせっかくラフティングに来たんだから外国人のガイドさんが良い。

いやいややっぱり日本人のガイドさんが安心だよ。

とお客様によってどちらがいいか様々です。

やはり外国人のガイドさんが多いカンパニーはお客様も外人が多いですし、日本人ガイドさんが多い会社はあまり外人さんは来ないイメージです。

そこで外国人が多いラフティング会社を紹介しましょう。

外国人ガイドが多い会社

ハッピーラフト、ビックスマイル、KENMIラフティングの3つの会社が特に多いです。

その他の会社もほとんど外国人ガイドさんは数人いますがこの3社は日本人より外国人ガイドさんが多いです。

ハッピーラフトさんはその中でもオーストラリアやニュージランドのガイドさんも多いのでラテンな雰囲気を味わいたい人にはオススメです。

ビックスマイルさんとKENMIさんはネパール人のガイドさんが多いです。

外国人ガイドさんは日本語もペラペラですから安心してくださいね。

日本人ガイドのみの会社

反対に日本人ガイドさんのみの会社もありますよ。

リバーアドベンチャークラブ、ODSS、素猿、ライオンアドベンチャーの4社は日本人のみになります。

日本人ガイドなので細かい気配りや安心感はありますね。

また特に素猿さんは少数のツアーをメインにしているので思いっきり遊びたい!こんな事をしてみたい等の要望に答えやすいと友人から聞きました。

ただなんでもかんでもは流石に無理なので無茶なお願いは通じませんよ。

やはり安全第一が基本ですからね。

まとめ

今回は各社の特徴について紹介してみました。

全部の会社は流石に紹介できませんがどの会社も違った魅力があるのでご自身で体験してみて下さい。

吉野川ラフティングについて色んな会社があるのでそれぞれ特徴を知れば自分にあったツアーや会社を選べると思います。

ただ全社共通して言えるのは安全に下るのを前提にしてお客さまを楽しませようとしているのでどこの会社に行っても楽しいはずです!

またラフティングに必要以上に恐怖を感じる方も多いですが皆さんを楽しませてくれるガイドさん達は全員プロフェッショナルなので安心して楽しんで下さい。


広告と関連記事

関連記事一覧


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする