お金がない不安!20代若者にオススメする考え方を紹介!

Pocket

皆さんこんにちは現役アウトドアガイドのAKです。

さてタイトルの通り今回はお金がなくて不安を抱えている方に向けての記事になります。

実際に今回は解決策というよりは精神的な事や考え方をメインに書いています。

「おいおいこっちは具体的な解決法や手っ取り早くお金を得る方法を知りたいんだけど…」

そう思って私の記事に辿りついた方もいるかと思いますがちょっと待って下さい。

まずは私の経験談を少しだけ聞いてください。

そこで日々お金に悩む方が少しでもその悩み(精神的)に楽になれるようにと、思って私の考え方やお金に対する向きあい方を紹介しようと思います。

初めに伝えておきますがこの記事を書く私自身、もちろん仕事をしていますが、過去にお金に対する心配や不安がありました。

じゃあ今はお金に対する不安はないのか?と聞かれると全くない訳ではありませんし、お給料も決して多くはないです。(正直20代サラリーマンの平均年収もないです。)

ですが色んな経験や体験をして行くうちに考え方が昔と少しずつ変わってきて今もお金は裕福ではありませんが日々楽しく生活でき、将来に対する不安もほとんどありません。

ただの考えていない奴と思われる人もいるかもしれませんがお金に対する心配がある方は暇つぶしでも構いませんので今回の記事を見て頂ければと思います。



お金がない不安 20代若者にオススメする考え方!

まずは結論から言うとお金が無くても生きて行けるという事です。

そしてお金の心配をしなくても好きな事をしたら良いよという事を伝えたいです。

「え~お金がないと何も食べれないし家も住めないよ!」その通りではあるんですが極論ですが人間飲まず食わずでも数日は生きて行けますよね。

人間はそんなヤワではないし、お金がないのならバイトでも何でもできるんですよ。

私はお金が底をついた事が何度もありますが健康な体だけは自分の自慢なのでお金が無くなれば「労働収入があるじゃん」と気楽に考えてますよ。

たまに本当に病んだりする時もありますがその時は漫画のカイジを思い浮かべてカイジより自分はまだ大丈夫、地下に行ってないと思えばかなり楽になります(笑)

結局したくもない仕事をしてお金のために働くより、好きな事してそれを極めればそれが価値になり結果的にお金を生み出してくれるものと私は考えています。

(好きな事なんてないよという方はまた別の解決方を後で説明します。)

後は将来の心配をしてもこの先の未来なんて誰もわからないので考えすぎてもしんどいだけです。

結局本当にヤバくなれば人間何かしらの行動を起こすものなんで考えすぎないのが1番良いですよ。

そして皆さんこの地球上で生きていけるのは日本だけてはないのでお金の不安ばかりする人は1度思いきって海外に行きましょう。

世界は広いですから日本にはない考え方がいっぱいありますよ。

もっと自由に考えましょう!日本に生まれたからって日本に絶対に住む必要はないんですから!

きっと日本人でも日本が合わない人もいるでしょうし、お金の不安なんてその国の価値観でも変わりますしお金がなくても幸せに生きる事はできますからね。

ただ海外に行きたくても中には「海外に行けるお金も休みもないよ」そんな声が聞こえてきそうです。

そこでそんな悩みを持つあなたに次にその解決法をお教えしましょう。

お金も時間も好きな事もないそんなあなたに解決法

今している仕事を辞めちゃいましょう!

「えっ何言ってるのコイツ」そう思った方も無理はないでしょう。

今している仕事にやりがいを感じている方はそんな事をしなくてもいいでしょうが仕事が嫌だし毎日面白くないと感じている方はもう直ぐにそんな仕事は辞めちゃいましょう。

なぜなら嫌々しても仕事は上達しませんし、上に出世する事もありません。

現状に不満を持つなら環境をガラっと変えてしまうのが1番です。

仕事を辞めるまでに50万程貯めて後はお金が尽きるまで旅をしてもいいし、海外の現地で働いてみて下さい。

今では30歳までなら国にもよりますがワーキングホリデービザで1年は滞在できますからね。

そこで現地の人と半年でも生活をすると日本とはまた違った価値観に気づくでしょうし其処で居心地がいいのならあなたに合うのという事です。

英語ができないから仕事があるのか心配という意見も良くわかりますが行けばなんとかなりますから何もない状態でも人間追い込まれたら自分で行動します。

行動したり挫折したなら日本に帰って来ればいいんですよ。

行動したというのが大事だと私は思いますし、失敗しても死んだりしないからまた次の行動をすればいいんです。

1度お金に縛られない価値観を身に着けると日本に帰っても自分の行動指針がぶれませんし他人は他人と考えられるので強く生きれますよ。

結局周りを気にするからお金に対する不安が起きるんですよね。

しかも1度海外で生活できているので日本が合わないなら他の国で生活するかっと気楽に考えられるようになります。

ようは1番大事なのは失敗しても次があるんです!

お金を失ってもその経験があなたの財産になるのでこの世の中やってみなければわからない事だらけなので行動せずに何もわかる事はありません。

なので気楽に考え自分の思った事は全部やってみて下さい。


お金に不安な人はチルを取り入れよう

最初に言っておきますが私は日本が大好きです。

否定するように聞こえるかもしれませんが私の考えを言ってるだけで海外の良いところを紹介したいという思いで書いていますし、例えという意味で説明しています。

日本は島国故の周りと同じじゃなければおかしい!普通はこんな風にするよ!そう言った考え価値観がどうしても多いように感じます。

正直私自身もお金に対する不安がありましたが海外に行き外国人の生活を見ていくと彼らの自由なスタイルは日本人の周りに合わせる価値観とは正反対です。

なので全てが自己責任ですが彼らは私から見ても毎日を楽しく過ごしてるように感じました。

全ての国ではないでしょうが、オーストラリアでは自分の好きな事をして緩く生活している人が多いですし、頭や体をリラックスする習慣「チル」という言葉もあるぐらいです。

チル

チルとはHIPHOP用語でChill Outの語源から派生しています。

チルの意味は「落ち着く」「まったりする」意味で簡単に言うとリラックスする感じですね。

オーストラリアの人は休みの日予定を入れず家の庭で何もせずボケーとしてる時間が多いです。

彼らから言えばこのボケーの時間「チル」があるから仕事もプライベートも充実できるようです。

日本人は真面目でよく働くとオーストラリアでも評判ですが私もせかせかしていると友人に「そんな毎日気張ってると幸せになれないぜ」と良くチルの大切さを説明されました。

日本にいると皆せかせかしているのが凄く伝わります。

オーストラリアにいる時は車を運転手が歩行者を必ず優先して行かせてくれます。

ただ日本は車を歩行者に譲ってくれなかったり、全員ではないですがイライラしているのが伝わる時がるあるんですよね。

時間に追われている事が多いので精神的な余裕が持ちにくい環境なのが良くわかります。

日本にも良いところ海外にも悪いところはありますが良いところは見習って行きたいですよね。

どうせなら他人に優しく余裕を持って接したいですよね。

1度皆さんも何もしない時間を作ってみて下さい。

もう海の砂浜や公園のベンチ、家のベランダ等皆さんがリラックスできる場所で何も考えずにポケーとしてみて下さい。

頭がクリアになり余裕が生まれますよ。

最後に私自身の過去の経験を紹介したいと思います。


私AKの考え方や過去の経験

まずは私自身の経験から好きな事をする方がいいと言うのを説明したいと思います。

私は過去に大手企業に勤めていましたが、現在のアウトドアの仕事をやりたくて大手企業を辞めました。

実際その時は若かったのもありますが大手の会社を辞める動機は毎日同じ仕事で自分自身好きな仕事ではなかった。

これが1番大きな理由です。

もちろん務めている会社は大手企業なので待遇やお給料面が良くて将来も安定している会社でしたが、それでももっといい待遇の友人を羨ましがったり、会社の粗を探して愚痴を言う毎日でした。

その時は周りも同じように我慢して働いているし皆したくない仕事をしてっるので「まあこんなもの」と思うと同時に社会に出る前に思い描いていた楽しい生活とはかけ離れていました。

でも働くっていうのは我慢する事と知った私ですが会社での人間関係にはなんの不満もなく先輩や後輩ともいい関係を築けていたのでそこまで会社自体が嫌だと思った事は少なかったです。

ただ仕事内容は工場で永遠と同じ作業なので苦痛、ただ時間が過ぎるのを待つだけの非効率な毎日で漠然と辞めたいという思いは常にありました。

そこである日地元の男友達数人とあるアウトドアの遊びをしに行き、そこで現在のアウトドアの仕事に出会いました。

ただその仕事をしたいと思った理由は楽しそうと女の子にモテそうの2つだけの理由です(笑)

今考えると将来の事も何も考えていませんが当時の私にとっては会社を辞めアウトドアの仕事をするのに十分な動機でした。

そこからの行動早かったので3か月後には辞めていましたし、自分の好きな事をしているのでお金は確かに20代前半よりも減りましたが、心は逆に豊かになり行動すればなんとでもなると思うようになりました。

まあこの考えは危うい考え方ではありますが私は好きな事を我慢してお金を稼ぐより、好きな事をしてお金がなくても心の充実感を取る方が良いと思う人間なので全員には当てはまらない考え方と思います。

ただその好きだけで将来の事も何も考えずした仕事ですが今では10年近くそのアウトドアの仕事をし、海外にも修行しに行きました。

そのおかげで技術的な進歩もあり周りからも少しずつ評価されて今では立派に手に職と言えるものになっています。

まあそれだけで食べて行くにはパートナの理解も必要ですがね。

ただ本当に好きで一生懸命に1つの事を追い求めていると周りの人で評価してくれる人が現れたり、応援してくれる人が現れます!

私は好きな事をお金がなくても続け、海外に修行に行った時は50万貯めて行き、英語も喋れない状態でアウトドアの会社になんとかトレーニングを頼み込み3か月間休みも給料もなくひたすら練習しに通い続けました。

もちろん、お金は出ませんし、食事や住居も自分で手配しなければ行けなかったので金銭的にかなり苦しかったのを覚えています。

その当時はシェアハウスだったのですが私以外にも日本人4人とベルギー人1人が共同生活し、ワーキングホリデー皆は満喫していました。

そこで毎日休みなく練習しに行く私を皆は食事を作ってくれたり応援してくれ、私が見事現地オーストラリアのガイドに4か月目でなった時は皆で喜んでくれたのを覚えています。

現地オーストラリアから日本に帰った時は現金5万円ほどしか残っていませんでしたが私はそれ以上の財産を手に入れました。

海外で得た経験を評価していただけ重要なポジションも会社側が与えてくれたり他社からも仕事の依頼が来るようになりました。

実際何度も好きな事を仕事にする中でお金の面でも何度もくじけそうになりました。

ただやり続けて行く過程で様々な経験があったので私自身はお金よりも人との繋がりや信頼関係を得る事ができ、それが自分の強力な武器になり財産になっています。

まとめ

最後は私自身の経験を紹介させていただきましたがやりたい事がない、将来に不安を感じるそういった方は年々多くいると思います。

高齢者問題で将来私達20代の世代が年金を貰えるのか?疑問に感じいる人も多いでしょうがやはり国や他人が何とかしてくれると思うのではなく自分自身で将来の不安を解決しなくては行けないと思います。

だからと言って他人と比べたり考え過ぎても心が病んでしまうだけです。

他人と同じように無難に生きるのを否定しませんが疑問に思うなら自分の思うままにやってみて下さい。

答えは自分の心が知っています。

変に世間の評価や体裁を気にして自分のしたい事から背くのは非常に勿体ないです。

結局失敗しても命まで取られませんし、その失敗した経験さえも他人にはないオリジナリティの財産なのですから。

失敗しても次はあるんです!またやり直せばいいし失敗した分必ず自分の目指す道がだんだん見えてきます。

行動せず後悔するのは勿体ないです!私自身も婚約寸前まで行きもう「自分のしたい事ができないのかあの時しとけば良かったと後悔した事もありました。」

(結局婚約はせず破棄になりましたがやりたい事をできない後悔の気持ちが足枷になったので実現しなかった原因です。)

その時の経験から自分の心にもうすべて委ねてやりたい事は全てしようと決意しました。

おかげで今ではその事を理解してくれる最高のパートナーに巡り合い幸せに暮らせています。

皆さんも是非失敗を恐れずにどんどん行動してみて下さい。

特に20代は人生の経験値を稼ぐ次期ですからお金がなくても20代で稼いだ経験値は30代で花が開きお金も徐々に増えて行きますよ。

えっしたい事が見つからない?そんな人のためにチルをする事をオススメしてるんですよ。

1度何も考えずチルをして頭と心を休めてみて下さいね。

そして自分の心と向き合ってみると何かしら自分のしたい事がでてきますよ。

そうしたらどんな小さな事でもやってみて下さいね。


広告と関連記事

関連記事一覧


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする