保津川ラフティングと保津川下りの違いは?どちらがオススメ!?

Pocket

こんにちは現役アウトドアガイドのAKです。

京都の保津川は、観光遊覧船として有名な保津川下りと、保津川ラフティングの2つのアクティビティがあります。

どちらがオススメなの?と聞かれると私はラフティング大好き人間ですからラフティングと答えます。

ただ、どちらにも違った良さがあるので、その人にあった方を選んでもらう方が間違いなく楽しめると思います。

あとはラフティングと、保津川下りがごっちゃになっている方が結構多いなという印象をよく感じます。

そこで、今回はラフティングと保津川下りの違いを現役アウトドアガイドの私が説明したいと思います。



保津川ラフティングと保津川下りの違い

結論から先に言うと、保津川ラフティングと保津川下りの違いはアクティブに参加型と、まったり観光型の違いだと思います。

(これはどちらも経験した私が感じた感想と表現なので、違うと感じる方もいるかもしれません。)

ラフティングはアクティブに急流を下りたい方向けで、激しい遊びが好きな人にはうってつけだと思いますよ。

(飛び込みをしたい、急流を下っている写真を撮って欲しい、川の上をぷかぷか浮かびたい)

川を体全身で楽しみたい方はラフティングをおススメします。

保津川下りは創業120年の歴史がある非常に歴史ある観光遊覧船です。

ラフティングと違うところはやはり、120年の歴史から来る重厚な雰囲気や大きな船には正直私も初めて乗った時には圧倒されました。

これは中々言葉では体験できない物なので気になる方は実際に乗ってみて下さい。

↓写真の保津川渓谷を船頭さんの軽快なトークでゆったりと景色を見ながら下るのは日常では感じられない贅沢ですよ。

保津峡

保津川下りに使用する船は、ラフティングで使用するボートよりも大きく縦に長い木の船で川を下ります。

1艇につき20人ほど乗っており船頭さんが3人~4人ほど乗っているので、ラフティングボートよりもスピード感があり、大人数でゆったり下っります。

またラフティングよりも安定感があるので川が怖いやスルルが苦手な人も安心して乗れるでしょう。

保津川下りをおススメする人は、ゆっくりと保津川の景色を見たい方やスリルが苦手な方で達成感よりも安心感や、のんびり感が好きな方は保津川下りをおススメします。

私のイメージですがラフティングはアクティブで若者向け、保津川下りはのんびり観光の高齢者向けといったイメージです。

もちろん高齢者や家族連れの方もラフティングに毎年多数の方が、参加されて楽しんで帰って頂けてるので、正直年齢はあまり関係ないのでその人の望むスタイルがどういった物かで変わります。

反対に保津川下りも若者や、アグレッシブな人が乗っても同じ急流ポイントを下るので十分楽しんでいます。

やはりラフティングと保津川下りの違いは参加型か観光型に分かれるように私は思います。

そこで次に保津川ラフティングと保津川下りの違いをもっと詳しく見て行きたいと思います。

保津川ラフティング

まずラフティングは↓画像のように全員フル装備で、ヘルメットからライフジャケット、寒い時にはウエットスーツと言わば川に濡れて落ちる事を前提にした格好です。

極めつけはパドルです!

ラフティングはゴムボートで1ボートMAX7人に乗り込みガイドさんが1人付き、チームで下ります。

そこでただガイドが操船するだけではなくお客様自身でパドルで漕いで急流を下るのです。

大波をチーム全員で下る事ができた達成感は非常に爽快です。

また他人同士でも同じチームで感覚や気持ちを共有するので、ラフティングが終わる頃にはお客様同士が仲良くなっている事がほとんどです。

それ以外にもラフティングのガイドはフレンドリーな人が、多いので急流を下りながらガイドとのトークで盛り上がったりできます。

また外国人ガイド特にネパールの方が多く、不慣れな日本語で喋る方も多いですが、外人特有の陽気な雰囲気で楽しませようとボートで歌ったり踊ったりしているのをよく見かけます。(笑)

それ以外にも岩場の高台から飛び込んだりできるのはラフティングツアーしかできない遊びですよ。

保津川の飛び込みポイントは高さ最大3m半、自分の身長が+されるのでスリル満点です。

こういった豊富な遊びができるのはライフジャケットや、ヘルメットを装備して行く水遊びを前提にしているスタイルだからですね。

また寒くないように時期に合わせて基本無料で、ウエットスーツや川のドライスーツを貸してくれるので寒さを気にせず思いっきり遊ぶ事ぶ事ができますよ。

後は写真もガイドさんが撮ってくれるので、実際に下っている迫力満点の写真をバシバシ撮ってくれますよ。写真は各社によってお値段が違いますが無料の所も有れば有料の所まで様々です。

それから小さなお子さんがいてスリルよりも楽しんでアトラクションのようなのを望んでいる方もいると思います。

飛び込みだけではなくラフティングボートを使用した様々な遊びも体験できますよ。

ラフティング

↑の画像は滑り台をしている写真ですが、このように激しくてスリルあるだけではなくお子さんがいる家族の方も楽しめるようになっています。

スリルを求めている人しかラフティングをしないのかと言うとそんな事もなく、京都の保津川は関西1の急流と呼ばれていますが小学3年生から参加できます。

川の激しさも恐怖を感じる程ではなく初心者にも楽しめる丁度良い激しさです。京都保津川のラフティングは初めてから経験者まで幅広く楽しめる素敵な川になっています。

実際に70歳を超えた方もグループで毎年来て下さり保津川のラフティングを楽しんでいるのでそこまで怖いイメージは持たなくても大丈夫ですよ。


ラフティングのコースは何キロ?

ラフティングのスタートポイントは、トロッコ馬堀駅にから直ぐの山本浜という場所からスタートします。

そこで約6キロのコースを下りゴールポイントのJR保津峡駅周辺に到着します。このJR保津峡駅は非常に綺麗な景色で外国人観光客や景色を見ようとする人もいる程です。

ラフティング保津川ボートから見る景色とJR保津峡は絶景

ラフティングでボートの上から見る景色と保津峡の2つの景色が観れるのも保津川ラフティングの魅力ですよ。

↑画像がゴールポイントの景色でそこから見える橋がJR保津峡駅です。

そこから保津峡駅まで歩いて電車に乗り馬堀駅まで帰る形になります。

このラフティングの全長約6キロのコースに、保津川の急流部分が集中しているので正にラフティングにとってはベストなコースになります。

川でラフティングをする時間は1時間半~2時間程度になります。

雨の日でもラフティングは勿論できるので安心してくださいね。

ラフティングは川で思いっ切り遊ぶので、全身濡れますしその事を想定した格好なので雨だろうが晴れだろうがどの道濡れますから正直関係ないんですよね。

逆に雨で水が増えると水位によりますが、普段よりもちょっぴり激しいラフティングができてラッキーですよ。

保津川下り保津川遊覧船

さて次は保津川下りについてもう少し説明します。

最初に説明したように保津川下りは明治28年頃から観光遊覧船として栄え120年の歴史を持っています。

そのためいかにも船頭さんというイメージの人も多いですが、それでいてホスピタリティーに溢れているのでとても軽快なトークや保津川の歴史について説明してくれます。

歴史好きな人にはとても面白い話だと思います。

また外国人の観光客も多く日本の景色や歴史に興味を持っている人が毎日たくさん来ています。

実際に大正9年(1920)ルーマニア皇太子をはじめ、大正11年(1922)英国皇太子が国賓として日本を訪問の際に保津川の渓谷とスリルを絶賛されました。

国内でも太正4年(1915)に宮内大臣土方奉山公、大正15年(1926)には昭和天皇、秩父宮妃殿下、昭和58年(1983)に常陸宮妃殿下と皇族の方々もお下りになっており著名人からも愛され続けています。

これだけでも保津川下りの魅力がわかりますよね。また保津川渓谷の四季折々の景色は大変おススメです。

季節特徴
桜・川風に散る花吹雪
岩にさくつつじ・ 清流に鳴くかじかの涼しい声
紅葉する山々・峡谷を過ぎる時雨
お座敷暖房船から見る雪の峡谷

このように非常に美しい景観を備えた保津川の渓谷を船頭さんのトークを聞きながらまったりと下れます。

また服装は私服でOKなので(川に飛び込んだり濡れたりしないので)気軽に参加できます。

雨の日でも勿論参加できます。

雨や水しぶきで濡れたりしないの?と疑問に思う方も多いでしょうが、保津川下りの遊覧船には天幕があるので雨の日や水しぶきで、濡れそうな時はそれでサッとガード出来るので雨でも安心ですよね。

それから冬でも暖房があるのでそこまで寒さを感じずどの季節でも行けますから、それぞれの季節ごとの景色を観れるのは非常に魅力ですよね。

ラフティングは冬になると流石に水が冷た過ぎるので厳しいです。

また保津川下りには売店船という船がありその売店船から飲み物や食べ物を購入できちゃうんです。

売店船
出典;嵐山まで保津川下り

↑画像の船が嵐山の近くで、待機してるんで遊覧船を見かけたら近寄ってきて食べ物や飲み物を売ってくれます。

私はみたらし団子とビールを購入して食べましたが、船の上で食べる団子とビールは最高でしたよ。

中々経験できない事なので1度は皆さんも経験されるのをオスススメします。保津川下りのイメージはだいたい掴んでいただけましたか?

保津川下りの遊覧船は川遊びよりもまったりと、景観や船頭さんの歴史トークを楽しみたいや優雅にお酒や団子を飲食して下りたいといった方にオススメですよ。


保津川下りのコースは何キロ?

京都保津川ラフティングのコースはラフティングよりも2倍ほどロングコースです。

スタートポイントが亀岡駅近くの保津川下り乗船場という場所なので、ラフティングのスタートポイントよりも上流側になります。

そしてゴールポイントは嵐山の渡月橋付近になるので、コースとしては全長13キロと非常にロングコースになります。

保津川下りコースマップ
出典;保津川下りコース紹介

↑の画像が実際に保津川下りで下るコースで急流ポイントの名前も記載しています。

トロッコ馬堀周辺の山本浜から、JR保津峡駅までの6キロはラフティングのコースと同じコースなのでスリルもちゃんとあります。

そこから下流はそれまでのコースよりも穏やかなコースで、売店船を楽しむ事が出来ます。

これだけのコースですが、保津川下り遊覧船はスピードが速いので2時間程度でゴールまで行きます。嵐山まで行くのでゴールしたらそのまま観光するのも面白いですよね。

京都屈指の観光地ですから当然人も多いですが非常に日本の魅力が詰まった場所ですから楽しめる事間違いないでしょう。

保津川ラフティングと保津川下りの料金比較

ラフティングと保津川下りの違いはわかったけど、皆さん次に気になるのは料金ですよね。

どちらのアクティビティの料金もちゃんと調べて来たのでご安心ください。

ただラフティングの場合は京都保津川ラフティングと検索したら複数の会社が出てきたので、料金は各社オプションやツアー内容で異なるので、しっかりと各社のホームページを見て違いを把握するのをオススメします。

保津川ラフティング料金

保津川ラフティングに関しては会社が複数あり各社料金の違いがありました。

また時期によっても値段が違うのでとりあえず現在この記事を書いた6月のお値段を記載します。

1番安いラフティング会社で2,980円でした。

複数会社を見てみると3,000円~4,000円が相場のように感じました。

基本的には下るコースは各社同じですが、ツアー料金に記念写真が無料で付いていたりツアー料金は安いが、その他オプションで後からお金が必要だったりと一概に料金だけで比較するのは得策ではなさそうです。

中には全長12キロのロングコースもありました。

保津川下りとほぼ同じぐらいの距離を下る1日コースなのでゴールポイントも嵐山の渡月橋付近で、ラフティング後温泉付きというプランもありましたよ。

保津川ラフティング後の温泉はここがオススメ!移動手段別に紹介!

またBBQプランの有無だったりコースが一緒でも遊びの内容が違ったりと、各社それぞれ特色があるので保津川ラフティングに行かれる際は皆さん良く調べてから行くのをオススメします。

保津川下り料金

3月10日~11月30日・12月1日〜12月9日 定員24名

種類料金
大人1人4100円
小人1人2700円

・修学旅行生特別割引:3,510円/1人(35名様以上は3,300円/1人)・団体割引:35名から99名様までは5%引、100名様以上は10%引

・一隻定員になり次第、随時出船することがございます。

・定員は、水量により変更する場合がございます。

貸切船

3月10日~11月14日・12月1日〜12月9日(月〜金のみ) 定員/17名

一隻82,000円

・月〜金は、随時出船いたします。

・土、日、祝日は、お問い合わせ下さい。

出典;保津川下り予約

ラフティングと料金を比較してもそこまで変わりませんね。

保津川下りはラフティングと違い会社が1つしかないので、比較はする必要がないので安心ですね。

一隻貸し切りができるのは初めて知りました。

貸し切りしたらさぞ楽しいでしょうね。

まとめ

皆さん今回の記事を読んでいただいてラフティングと、保津川下りの違いはわかったでしょうか?

それぞれ同じ航路を下るのですが1つ1つの違いを見ていくと、大きく違うのが見えてきますよね。

アクティブでチームとして、スリルや体を使って全身で川を楽しみたいって方はラフティングをおすすめします。

船の上で景観を眺めのんびり優雅に景色を楽しみたいといった方には保津川下りで間違いないでしょう。ただ私から言えるのはどちらも実際に体験するのをオススメします。

理由はやはり、それぞれにしかない楽しさがあるのでどちらも違った魅力を是非体験してほしいです。

実際に体験した私がそう強く感じたので、皆さんも是非これからの暑い季節に川に出かけて楽しまれてはいかがでしょうか。


広告と関連記事

関連記事一覧


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする