家賃高いと後悔してたけど…意外とメリットもあるよって話【お部屋探しで気づきました】

家賃高い後悔引っ越し
悩み人
悩み人

家賃は安くしろってのが最近の流行りだけど…
やっぱ高いと後悔するの?
引っ越しした方がいいのかな?

こんな疑問に答えます。

よく、『固定費は下げろ!』、『まずは家賃からだ!』って話を聞きますが…

一概には言えないかなというのが、筆者の自論。

AK
Aki

大阪の田舎の3LDK住んでいて、家賃は9万円。
周りに話すと、『高い!』ってよく言われます。

確かに家賃を下げれば、それだけ貯金もしやすいし自己投資もできるので、いろいろ有利です。

とはいえ、高い家賃のおかげで教授できているメリットも多いと、最近お部屋探しをしてよく感じます。

そこで、この記事では収入の半分ほどを家賃に費やしている筆者が、高い家賃を払うメリット・デメリットを解説。

本記事を読めばあなたが、『高い家賃』or『低い家賃』どちらにするべきかがわかります。

なお、家賃を安くするために、お部屋探しアプリ・サービスを活用しました。

仲介手数料を節約するのはもちろん。

家賃を下げつつ、自分の希望に合った物件を見つけるためです。

特徴・利用するメリット
  • プロの担当者と相談可能
  • 仲介手数料が半額
  • 仲介手数料が最低保証
    (HOME’Sと提携→物件数が多い)

いずれも、おとり物件をAIでカットしてるのでストレスなくお部屋探しができます。
しかも、全て完全無料なので利用しないのは勿体ない。
スポンサーリンク

家賃が高いことによるデメリット3つ

大見出し2

私が実感してる家賃高いに対してのデメリットは下記の3つ。

  • 貯金ができない
  • 好きなことに使えない
  • たまにお金の話で喧嘩する

人によってはもっとあるかもですが、こんな感じです。

順に説明します。

貯金ができない

当たり前ですが、家賃が高いと貯金もしにくいです。

我が家の場合の収入と支出の内約は下記。(超ざっくりです)

収入
  • 筆者:20万円
  • 嫁ちゃん:8万円
  • 合計:28万円
支出
  • 家賃:9万円
  • その他全部:15万円
  • 合計支出:24万円

『その他全部の支出高すぎだろ?』って思うかもですが、普通にこれぐらいはかかってます。

細かく挙げたらきりないので、ここでは言いませんが、まあ結構かかるってことです。

過去の生活費内約とかは、同棲の生活費っていくら掛かる?我が家も含めた実例を徹底特集!をどうぞ。

楽観的なペンギン
楽観的なペンギン

なんやかんやで使えるお金は4万円ぐらいってことね。

そういうこと。

そのうち、3万円ぐらい貯金に回して1万円ぐらい好きに使ってるって感じです。

全然いいじゃんって思うかもですが、同世代の30代に比べたらたぶん少ないはず。

仮に家賃6万円に抑えたら、毎月6万円貯金できますからね。

好きなことに使えない

  • PS5買いたい
  • カヤック買いたい
  • ラフティングボート買いたい

これらを買って思いっきり遊びまくりたいけど、そんなのムリ。

だって家賃が高いから、お金も貯まりにくい。

楽観的なペンギン
楽観的なペンギン

家賃だけじゃねえだろ!
生活費もっと抑えろ!

そんな意見知りません。

家賃が単発では、一番デカい支出なのは間違いないです。

たまにお金の話で暗くなる

使えるお金が少ないと、我慢が増えます。

それは嫁も一緒でして、『この化粧品』欲しいってのも気軽に買えないんですよね。

楽観的なペンギン
楽観的なペンギン

バイトでもして仕事を増やしたら?

こんな風に思うかもですが、お金のためにやりたくない仕事はしない主義。

世間の常識は自分には当てはめたくないと、割と本気で思っています。

AK
Aki

ブログ書いたり、ラフティングの仕事は好き!

好きなことするために、『やりたくないことをするのは有りです。』

でも、『お金のためにやりたくない仕事はしたくないのです。』

スポンサーリンク

高い家賃を下げよう→お部屋探しをして気付いた3つの事実

大見出し2

こんな感じなので、『引っ越して家賃下げればいいのでは?』という考えに行きつきました。

とはいえ、お部屋探しをしていくうちに下記の事実に気付いたのです。

  • 家賃が高い=民度も高い
  • 家賃が高い=利便性が良い
  • 家賃が高い=広さと快適さも高い

という訳なので、順に解説します。

家賃が高い=民度も高い

ハッキリ言うと家賃が低いほど、民度も下がります。

今住んでいるマンションは、家賃9万円と高いですが皆挨拶をしてくれます。

AK
Aki

お部屋探してて思ったけど、家賃が低いほど怪しい人が多い…。

このツイートが割と事実だなと、お部屋探ししてハッキリ気づきました。

家賃高い=利便性も高い

我が家は、スーパが徒歩1分で阪急とJRが徒歩10分以内にあります。

嫁が自転車しか扱えないので、駅近はマストなんですよね。

治安もいいし、利便性もいいので冷静に考えると住みやすい。

時間をお金で買うと考えれば、なんか納得できます。

お部屋の広さと快適さの違い

3LDKなので、広さは抜群。

ネックはエアコンの効きが悪いことなので、今思うと2LDKや1LDKにしとけばとそこは後悔。

同棲の間取りは2LDKが無難!同棲して初めて気づく3つの事実

なので、部屋を狭くすれば家賃も下げれて、快適になるのでは?

そう思い実際に内見もしましたが…

1LDKのお部屋でいい感じだったんですが、内装の壁がこんな感じ。

不動産の方曰く『モデルルームみたいな感じですよ』と言っていましたが…

個人的には、壁紙は欲しいのが本音。

駅やスーパも近く家賃も安かったので、惜しかった。

とはいえ、家賃が安いとどうしてもイマイチな部分は出るんだなって改めて、感じましたね。

まとめると、上記のツイートが真実です。

引っ越しの労力と初期費用を考えてみた

大見出し2

何件かお部屋探しをしていくうちに、『これは、なかなかいい物件なのでは?』

そう思うのも、あったので実際にリアル内見したり、オンライン内見などをしました。

【実際の動画アリ】オンライン内見やってみた感想と3つの注意点【本音で晒す】

実際に引っ越すのもアリだなと思いつつも、下記の3点がやっぱり気になったんですよね。

  • 引っ越しにかかる初期費用
  • 何年住めば元を取れるのか?
  • 引っ越し時の労力と費用を考えた

順に解説します。

引っ越しにかかる初期費用

  • 敷金:家賃の1ヶ月分
  • 礼金:家賃の1ヶ月分
  • 仲介手数料:家賃の1ヶ月分

他にも鍵交換や、火災保険料とかいろんな名目がたくさんあります。

ぶっちゃけ、家賃が6万円でも30万円ぐらいは最低かかるんですよね。

もちろん、敷金礼金0の物件を探したり、仲介手数料を割り引いてくれるサービスもあります。

とはいえ、数十万円単位のお金が減るのはほぼ確実。

何年住めば元を取れるか

引っ越さない場合
  • 家賃9万円
  • 年間108万円
  •     

  • 引っ越さない場合は108万円で済む
引っ越した場合
  • 家賃7万円
  • 年間84万円
  • 引っ越し費用30万円
  • 合計114万円かかる

簡単に言うとこんな感じ。

引っ越しして家賃を抑えても、1年以上住まないとお得にならないんです。

楽観的なペンギン
楽観的なペンギン

1年以上住むでしょ?

正直言うとわかりません。

AK
Aki

今の本業(清掃業)より、アウトドアとブログで生きていたい。

これが、本音なので今の仕事にしがみつくつもりは皆無。

なので、引っ越ししてもぶっちゃけメリットがそこまでないのです。

引っ越し費の労力と費用

  • 引っ越しする→お金と労力が必要
  • 引っ越ししない→お金も労力も不要

はい、これが事実です。

あれ…引っ越ししない方がよくない?

大見出し4

家賃が高いけど今の家のメリット
  • 治安が良く住民の民度も高い
  • 利便性が高い(スーパーと駅が近い)
  • 部屋が広くて綺麗(3LDKで快適)

部屋探しをすることで、上記のメリットに気付きました。

加えて、『今後同じ場所に住み続けるかわからない』というのもあり、引っ越しする必要ないのでは?

そう思えてきたんですよね。

家賃が高い方がいい人

  • 家にいる時間が長い
  • お金より利便性を重視
  • 治安や民度が低いと嫌

こういった人は、家賃高くてもいいと思います。

AK
Aki

僕もブログ書くようになって、インドアになってきたからな。

アウトドア好きですが、家も好きになってきたので思考の変化もあるかも。

家賃が安い方がいい人

  • 住めば都
  • どこでも生きていける
  • とにかく固定費を落としたい

こういった方は、家賃が低いオンボロ賃貸でも問題ないです。

実際、私も住めば都と思っていますが、嫁がいてるので最低限の住居は確保してあげたいですからね。

パートナーの有無によっても変わるかも。

まとめ:家賃が高くて後悔するかは価値観次第です

大見出し5

結局何を重視するかです。

家賃が安いに越したことはないですが、低いとそれなりにデメリットもあります。

私も、部屋探しをする前は『とりあえず家賃安いのが正義!』

そう思ってましたが、いろいろな物件見ていくうちに、『案外僕の賃貸っていいじゃん!』って事実に気付けました。

AK
Aki

家賃高いメリットもあるんやで!

そのことを理解してもらえばと思います。

お部屋探しと引っ越しに使える便利なアプリ

今回の記事を書く際に、いろんな便利なサービスやアプリを使いました。

全部実際に利用したものなので、部屋探しや引っ越しを考えている方は参考にしてください。

おすすめ部屋探しアプリ

【激楽!】使って良かったおすすめ賃貸アプリ5選【120%主観で語る】
実際に利用して『これいいじゃん!』と思った賃貸アプリ・サービスに厳選して紹介。 4つのアプリを比較し、違いを解説します。 この記事を読めば、あなたにピッタリな賃貸アプリが見つかるはず。

電話0で引っ越し見積もり

【迷惑電話0】引っ越し侍で最安業者を比較できた話【画像付きで解説】
電話がヤバいと定評のある引っ越し侍ですが、『電話番号・メアドなし』で最安業者を比較できる方法が存在します。 この記事では、実際の画像付きで手順を解説。 本記事を読めば、相場の半額以下で、電話によるストレス0で引っ越し業者を選ぶことができます。
『電話は不要』SUUMO引っ越し見積もりを利用した感想【ストレス0】
SUUMOの引っ越しの評判や口コミが気になっていませんか? この記事では、SUUMO引っ越し一括見積もりを実際に利用した筆者がメリット・デメリットを感想つきで紹介。 本記事を読むことで、SUUMO引っ越しの評判はもちろん、どんな人向けのサービスのかが理解できます。 是非参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました