【本当?】カナリーの評価が凄いので実際に利用~内見までした結果…【利用してわかった注意点】 | Akiブログ

【本当?】カナリーの評価が凄いので実際に利用~内見までした結果…【利用してわかった注意点】

カナリー評判をレビュー引っ越し
悩み人
悩み人

カナリー『Canary』って賃貸アプリが凄く好評だけど、実際どうなの?

こんな疑問に答えます。

結論から言うと、賃貸アプリの中では1番使いやすいと断言します。

筆者は実際に、イエプライエッティAWANAI賃貸などの賃貸アプリを全て利用しました。
より、詳しく知りたい方は、【激楽!】使って良かった賃貸アプリ4選【120%主観で語る】をどうぞ。

実際『Canary』カナリーは下記画像の通り、Applystoreのレビューでもかなりの高評価。

正直、ここまで評価の高いアプリは珍しいです。

とはいえ、『Canary』カナリーには、いくつかの注意点が存在するのも事実。

この記事では、他の記事では触れられていない『Canary』カナリーの注意点を解説。

本記事を読めば、デメリットを理解した上でカナリーを利用するべきかの判断ができます。

AK
Aki

本気で引っ越しをしようと思ったので、実際にカナリーで内見してみた!
利用~内見までしたからこそ分かった注意点を書くよ。

ぶっちゃけ、ネットの情報だけで記事を書いているサイトが散見されます。
当サイトでは、実際に内見までしたからこそ、気付いたことを書いており割と貴重。

『Canary』を利用してわかった注意点

大見出し1

  1. LINEでのやり取り可能
  2. 内見は現地集合で現地解散できる
  3. 仲介手数料はどこよりも安く(最低金額保証あり)

他社サイトや口コミには、カナリーを利用すれば上記3つのメリットがあると記載されていましたが…

結論から言うと、私の場合3つのメリットを享受できませんでした。

理由としては、『対応地域ではなかったから』でして、大阪にいる私は対象外。

なお、公式サイトにもお問い合わせしたところ、以下の返信が返ってきました。

要約すると、『LINE対応・現地集合解散・仲介手数料』といったサービスは、『Canary専属エージェント』が使える地域のみ対応とのこと。

つまり、1都3県『東京、神奈川、千葉、埼玉』の方しか、Canaryの利点を最大限受けることはできない訳です。

『Canary』のデメリットに気付いた経緯(内見して発覚)

これを知らずにインストールしたので『?』に思う事が多々ありました。

という訳で、『Canary』を利用→内見→発覚までの経緯を解説します。

ネットで記載されていたメリット
  • LINEでやり取り
  • 内見は現地集合でOKの現地解散
  • 『Canary』を使えば仲介手数料は半額
実際に利用したところ(現実)
  • メールで返信がくる
  • 従来と同じ(不動産の店舗に行く→物件を内見)
  • 仲介手数料はアプリと関係ありませんよ

カンタンに言うとこんな感じでした。

順に詳しく解説します。

LINEではなくメールで返信がくる

カナリーでは、『気になる物件をLINEでお問い合わせ』項目があります。

ですが、そこからお問い合わせしても…

こんな感じで、不動産からメールで返信が来ます。

別にやり取りはできるし、最初は特に気にしていなかったのですが、『何故?』とはなりますね。

とはいえ、『LINEでやり取りしたい』と、送信すれば以後はLINEに対応してくれました。

なので、大した問題ではないので、この時は『こういう使用なのかな』と思いスルー。

内見の仕方が従来の不動産と同じ

この辺から『あれ?』となりました。

  1. カナリーのアプリから物件を探す
  2. アプリ内で物件をお問い合わせ(内見したい)
  3. 不動産からメールで返信or電話あり
  4. by不動産、『実際にウチの店舗に来てください』

流れとしては、上記の通り。

以下、実際に内見した時の不動産の方との会話イメージ。
AK
Aki

たしか、内見は現地解散で現地集合できると書いていたような…

派遣会社スタッフ
不動産スタッフ

実際に店舗来てくれた方がいい物件紹介できるんやで。

こんな感じのやり取りがあり、『まあいいや』ということで、そのまま実際に内見。

ちなみに、その時の画像は下記。

カナリーを使って内見してみた

嫁ちゃんと、不動産の方が真剣に内見。
ちなみに、不動産の方の対応はめっちゃ親切で満足。

時間がない中条件に合う物件を探してくれたり、内見候補を絞ってくれました。

AK
Aki

カナリーに提携している不動産は、厳選な審査をパスしており納得の対応でした。

従来の内見と同じ仕様に疑問を抱きつつも、不満は全くなかったです。

追記:『Canary』専属エージェント非対応の地域でも、現地集合現地解散の内見が可能です。

オンライン内見や現地待ち合わせも可能

以前、『Canary』からお問い合わせした不動産からLINEが来ました。

赤枠に記載している通り、オンライン内見や直接物件での現地集合・解散が可能とのこと。

つまり、『Canary』専属エージェント対応以外の地域でも、不動産によっては便利なサービスを利用できるということです。

仲介手数料は半額だったが『Canary』は関係ない

カナリーは、仲介手数料の最低保証(どこよりも安くしてくれる)があります。

カナリーのアプリから、『初期費用を知りたい』をポチると…

カナリーを使って初期費用をお問い合わせ

こんな感じで、気になる物件の初期費用をメールかLINEで、ササっと教えてくれます。

仲介手数料もほぼ半額になっているので、カナリー最高となっていましたが…

AK
Aki

仲介手数料が半額なのって『Canary』を利用したからなんですよね?
いやーほんと便利なアプリですよね。

派遣会社スタッフ
不動産スタッフ

うん?
ウチはこの物件は半額ですよ。
アプリは関係ないですけど…

こんな感じで言われました(笑)

ここでようやく今までの疑問を調べるため、『Canary』公式のお問い合わせに連絡。

かなり長いので、見たい人だけどうぞ。
読み飛ばしたい方は、次の章«『Canary』カナリーの口コミや評判は嘘なのか?をクリック

以下実際に質問した時の内容をそのままコピペ。

お世話になっております。
私は大阪在住でカナリーのアプリを使いお部屋探しから内見までさせて頂きました。

そこで、質問したいことが3つほどあります。

①:LINEでのやり取り
②:内見は現地集合現地解散について
③:仲介手数料はどこよりも安く(最低金額保証)

これらについて質問させてください。

①アプリ内でLINEでお問合わせ→なぜかメールで返信される。
こちらは、なぜかメールや電話で返信されるのですが、なぜでしょうか?

②:内見は現地集合現地解散について
内見した際下記の流れでした。

カナリーのアプリを使い→物件お問い合わせ→不動産に来店→現地の物件を内見

カナリーを使えば、現地の物件に直接集合と書いていましたが何故でしょうか?

③:仲介手数料はどこよりも安く(最低金額保証)
カナリーを使えば仲介手数料がどこよりも安いと書いているので、不動産の担当者に『カナリーを利用してお問い合わせしたので、半額なのですか?』と尋ねたところ。
『いえ、関係ないですよ。うちはこの物件に関しては仲介手数料を半額にしています。』

このような回答が返ってきました。

ネットの記事などを見れば、①~③のメリットがあると書いていましたが、カナリーを利用する恩恵は関係ないのでしょうか?

もしくは、エージェントを利用できる地域(東京、神奈川、埼玉)の方は①~③の恩恵があるのでしょうか?
それ以外の地域は対象外でしょうか?

質問が多いですが、アプリ自体の操作性や記載している物件。
提携している不動産の方の対応には、非常に満足しています。

どうぞ、質問への回答よろしくお願いいたします。

AK
Aki

疑問に思った点は質問。
アプリの操作性は満足だったので、そこは正直に褒めた。

『Canary』カナリーの口コミや評判は嘘なのか?

楽観的なペンギン
楽観的なペンギン

カナリーの口コミってステマなの?
なんか、使うのやめようかな

ここまで、読んだ方はこんな風に思うかもですが…

結論を言うと、評判や口コミは嘘ではなく真実です。

というのもAppleStore内にある評価は、1都3県の方がレビューしたものがほとんど。

東京、神奈川、埼玉、千葉の人は『Canary』のメリットである下記を享受できます。

  • 担当のエージェントがつく
  • LINEでカンタンやり取り
  • 内見は現地集合の現地解散
  • 仲介手数料はどこよりも安く
  • 条件にあった物件をエージェントが提案

つまり、エージェント対応可能な地域(1都3県)の方は、他の賃貸アプリにはない優位性を最大限生かせるので、非常に評価が高いという訳です。

AK
Aki

1都3県(東京、神奈川、埼玉、千葉)の方は、賃貸アプリNo1の実力をお試しあれ。

エージェンと対応地域の方は非常にラッキーなので、利用しないと損。

賃貸売買の部屋探しはカナリー(Canary)

賃貸売買の部屋探しはカナリー(Canary)

BluAge無料posted withアプリーチ

楽観的なペンギン
楽観的なペンギン

僕の地域は残念ながら、エージェント利用できないなあ…
これなら『Canary』を利用する意味はないよね。

1都3県以外の方は、こんな風に思うかもですが、答えはNOです。

その理由については、次で詳しく解説します。

関連記事

カナリーの評判・口コミをより詳しく知りたい方下記の記事もどうぞ。
【賃貸アプリNo1】カナリーの評判と口コミ【愛用者が本音で語る】

カナリーを利用すべき3つの理由

カナリーには他の賃貸アプリと比べても、下記の優位性があります。

  • アプリは非常に利用しやすい
  • 他の賃貸アプリとは違い全国の物件に対応
  • 今後エージェントを利用できる地域は拡大

順に詳しく解説します。

アプリは非常に利用しやすい

  • アプリ内で物件検索
  • 良い感じの物件をお問い合わせ
  • メールで返信が来る(LINEに変更することも可能)

冒頭でも言いましたが、カナリーは私が今まで利用した賃貸アプリの中で最も使いやすいと感じました。

AK
Aki

実際に、イエプライエッティAWANAI賃貸全て利用した上で、カナリーが1番使いやすい。
『Canary』の良かった点を画像付きでカンタンに説明するよ。

カナリーアプリの使い方

赤丸の新着順という項目から、『安い順』、『高い順』、『新着順』などに並び替えられます。

カナリーの並び替え機能

こんな感じで、安い順に並び変え。

他にも細かい条件もアプリ内で簡単に変更できるので、操作性は快適。

カナリー初期費用を知る

赤丸の『初期費用を知りたい』を選択。

こんな感じで、初期費用が送られてきます。

カナリーを使って初期費用をお問い合わせ

他にも、空室情報を調べたり、『メール・LINE・電話』などで詳しく物件情報を聞くことも可能。

本当に条件にあった物件に絞って内見することができます。

AK
Aki

エージェントが使えない地域でも、事前にかなりの情報を調べられるよ。
ムダに店舗に行く必要もないし、しつこい営業電話もないので普通に便利。

また、既に言った通りメールが手間なら、LINEでやり取りをすることも可能。

カナリーLINEでお問い合わせ

こんな感じで、エージェントが利用できない地域でも、問題ありません。

初期費用や、物件の詳しい情報もLINEで聞けるので、家にいながらお部屋探しがカンタンにできます。

他の賃貸アプリとは違い全国の物件に対応

カナリーは他の賃貸アプリとは違い、全国の物件に対応しています。

AK
Aki

『イエプラ』、『イエッティ』も便利だけど、対応地域が限られているのが惜しい!

今まで、便利なアプリだなと思ってもそもそも利用不可の地域に住んでいた人も多かったのでは?

カナリーは以前まで、1都3県の物件にしか対応していませんでしたが…

HOME’Sと提携することで、物件数を大幅に伸ばすことに成功。

全国にある物件から検索できるので、他のアプリにはない優良物件も見つけやすいです。

今後エージェントを利用できる地域は拡大

現在では、1都3県しか対応していないエージェントも今後は拡大する予定です。

ソースは『Canary』公式サポートに連絡した際に確認済みです。

以下、実際にお問い合わせした後に、公式サポートからの返信を一部抜粋して記載。

ご指摘にある通り、【LINE対応・現地集合解散・仲介手数料最安値】といったメリットは【CANARY専属エージェント】の特徴であり、1都3県のみにて対応をしております。

既にApp storeなど、自社にて提供しているアプリ情報では上記のようなメリット文言は削除させて頂いておりますが、インターネットの記事に HOME`S提携前の情報が残っているようでございます。
(こちらは只今運営元に問い合わせをしております)

今後は専属エージェントを全国に展開していきたい所存であると共に
より表示の分かりやすく、より良いアプリづくりを目指してまいります。

今後ともCANARYをどうぞよろしくお願いいたします。

という訳なので、今でも普通に便利ですが更に使いやすくなる可能性が大。

既存の賃貸アプリは、関東には対応している物が多いですが、それ以外の地域は未対応の物がほとんど。

全国の物件を探せる時点で、類似サービスよりも頭一つ抜けています。

これから、エージェントに対応している地域が増えると予想されるので、今後にも期待できます。

AK
Aki

あと、公式のカスタマーサポートの対応は早くユーザーを大事にしているのを感じた。
こういうのって、実際にお問い合わせしないと目えないけど、地味に大事。

まとめ:賃貸アプリで迷ったら『Canary』一択

大見出し5

  • 全国の物件に対応(誰でも使える)
  • 提携している不動産は厳選されている
  • エージェント対応外の地域でも問題なく使える

カナリーを使えば初期費用や物件の内装など、不動産に行くことなくほとんどの情報がわかります。

そのため、隙間時間や家にいながらお部屋探しができます。

自分が本当に気に入った物件のみ内見をすれば、無駄に不動産に行くこともありません。

不動産に行きたくない方は、内見なしでも契約できます。

あるいは、オンライン内見をするという選択もあり。

【実際の動画アリ】オンライン内見やってみた感想と3つの注意点【本音で晒す】

いずれにせよ、全国の物件に対応している数少ない賃貸アプリです。

お部屋探しアプリで迷ったら、カナリーで間違いありません。

それぐらい使いやすく、便利なアプリです。

もし、使ってみて気に入らなければ、アプリを削除すればいいだけなので、お試し感覚でどうぞ。

賃貸売買の部屋探しはカナリー(Canary)

賃貸売買の部屋探しはカナリー(Canary)

BluAge無料posted withアプリーチ

【激楽!】使って良かったおすすめ賃貸アプリ4選【120%主観で語る】
実際に利用して『これいいじゃん!』と思った賃貸アプリ・サービスに厳選して紹介。 4つのアプリを比較し、違いを解説します。 この記事を読めば、あなたにピッタリな賃貸アプリが見つかるはず。

コメント

タイトルとURLをコピーしました